1. 不動産投資のリスクってどのくらい? 不動産投資の前に知っておくべきこと

不動産投資のリスクってどのくらい? 不動産投資の前に知っておくべきこと

不動産投資のリスクってどのくらい? 不動産投資の前に知っておくべきこと 1番目の画像
出典:www.ydlpropertyinvestment.com
  投資はうまくやれば資産を大きく増やすことができるので、資産運用の面で有効な運用手段といえる。しかし、投資にはリスクが付きまとうことを忘れてはいけない。気軽に投資した結果、気づいたら大損をしていたなんてことにはなりたくないものである。今回はこうした投資のリスクについて、不動産投資のリスクを説明していこうと思う。

不動産投資のメリット・デメリットについて

  さて、皆さん不動産投資という言葉は聞いたことがあるだろう。しかし、実際にこの投資のシステムやメリット、デメリットをきちんと理解している人は、実際に不動産投資を行っている人以外にはあまりいないのではないだろうか。

 まず、不動産投資の仕組みから説明していくことにしよう。不動産投資は土地やマンションに投資して、賃金や不動産価値の上昇によって利益を得る投資方法のことである。この不動産投資のメリットは不動産という性質から、長期的な安定した収入を望むことができるという点である。

 マンション経営が軌道に乗れば、安定した収入源になる。また、FXなどと異なり、不動産の価値は変化の仕方が急激でないため、急に大きく損するということが少ないという点もメリットがある。

 しかし、当然デメリットも存在している。リスクが少ないと言ったが、地震などの天災など大きな事件の際には当然大きく不動産の価値が下がることもありえる。不動産は投資する金額がそもそも大きいため、こういった場合には大きな損害を被ることになりかねない。さらに空室が多くなってしまうと管理修繕費で赤字になりかねないというリスクもある。これらのリスクを考慮して不動産投資に臨むべきである。

不動産投資で失敗しないためにどのようなリスクに注意すればいいの?

  不動産投資のメリットとデメリットは理解していただけただろう。ここからは不動産投資に付きまとうリスクについて説明していこう。

 まず、先ほど述べたデメリットと重複するのだが、不動産投資は巨額の投資になるため、地震などの想定できない事態の際に、大きく損失を出してしまうことがある。また、空室が多い場合などについても先ほど説明した通りである。きちんと投資する前に修繕費などと入居率をシミュレーションしてから投資に臨むべきであろう。

 また、不動産は不備があっても気づきづらいというリスクもあり、購入してから欠陥が判明したりしたら面倒である。こうした様々なリスクを加味したうえで、不動産投資は行はなければならない。

不動産投資で失敗するとこんなことに……

  さて、不動産投資のリスクについては理解していただけただろう。ここからは不動産投資で失敗する例について説明していこう。まず、修繕費積立金が値上がりして結局赤字になる例がある。修繕費積立金の上昇まで考慮してシミュレーションしておかなければならない。

 また、新築で投資したマンションが、すぐに退去されたために、中古となり大きく家賃が下落してしまうという例もある。新築マンションなどに投資する際には注意が必要である。また、不動産投資の際に金融機関から融資を受けて投資することになる人がほとんどであると思うが、この融資に関して失敗する例もある。

 無理な返済計画を立てて、返済ができないなんて事態になる例も少なくないようなので、注意が必要である。これではせっかく投資した不動産を手放す結果になり、大きく損をする結果になってしまう。


  以上、不動産投資の際のリスクに関してであったが、いかがだっただろうか。このように不動産投資は様々なデメリットやリスクがあるので、投資の際にはきちんとそれらを踏まえたうえで、余裕を持って投資するようにしなければならないだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する