1. 不動産に投資を行う投資信託、REITについて

不動産に投資を行う投資信託、REITについて

不動産に投資を行う投資信託、REITについて 1番目の画像
出典:photoshop8x.com
  投資は有効な資産運用の方法である。しかし、投資と一口に言っても様々な種類のものがあるので、どのように投資をしたらいいのかということはなかなか判断が難しいところである。今回はそんな投資の中でも有名な投資方法である、不動産投資について、投資信託を中心に説明していこうと思う。

不動産投資法人とは? REITの仕組みについて

  さて、まずは不動産投資について簡単に説明していこうと思う。不動産投資とは読んで字のごとく、土地やマンションなどの不動産に投資する投資のことである。

 不動産に投資して、賃金や不動産価値の上昇に伴う差益を狙って投資するのが、この不動産投資の基本である。この投資において、個人で投資することもあるのだが、不動産投資には投資信託や投資法人というものが存在する。

 これをREIT(Real Estate Investment Trust)という。複数の投資家から資金を集めて、その資金をもとに不動産を購入して、この不動産投資から得た利益を投資家に再分配する方法である。

 個人での不動産投資は大きな金額がかかるために、一人で行うのはなかなか難しい。そこで不動産投資信託は複数の投資者から資金を集めて不動産投資を行い、一人一人の負担を小さくすることができるのである。このように、平たく言うと、不動産投資信託は複数の集団で不動産に投資する投資方法ということになる。

安心して投資できる? REITのメリットについて

 投資信託のシステムについては理解していただけただろう。ここからは不動産投資における、不動産投資信託のメリットに関して説明していこうと思う。

 まず、先ほども説明した通り、少額でも不動産投資を行うことができるのが、一つ目のメリットである。高くて手の出ない不動産投資が手軽にできるのは大きなメリットだろう。さらに、不動産投資を個人で行うとなると、どの不動産に投資したらいいのかがなかなか判断しかねるが、不動産投資信託の場合、不動産投資のプロが投資する不動産を選択してくれるので、こういった面でも個人の投資よりも安心して投資することができるのである。

 加えて、複数の不動産に投資するので、不動産投資のプロによってリスクを分散する効果がある。こういった意味でも不動産投資において不動産投資信託を利用するのは、安心であるし、メリットがあるといえるだろう。このように不動産投資信託は、個人ではなかなか金額やリスクの面から手のがしづらい不動産投資を身近なものにしてくれるという点で、かなりのメリットがあるのである。

REITの投資方法について

 さて、不動産投資信託の安心できるポイントとメリットは理解していただけただろう。ここからは不動産投資信託を利用した投資方法に関して詳しく見ていこうと思う。まず不動産投資信託を利用する場合、投資対象は不動産に投資している法人が発行する証券に投資することになる

 この投資に対する収入はおもに賃金であり、不動産売却の利益が含まれることもある。この投資による収益に対する税金と配当は法人税がかからず、当期利益から分配金が配当となる。また、最低投資金額のオーダーは数万円から投資することができるため、手軽に不動産投資を行うことができるのである。このように、通常の不動産取引とは投資対象から異なり、独特の形態をとっているのが不動産投資信託である。また、不動産投資信託では賃金収入が主な収入の源泉となっているのも特徴的な部分である。


  以上、不動産投資信託に関して説明してきたが、いかがだっただろうか。個人ではなかなか手をだしにくい不動産投資を、不動産投資信託を利用することによって手軽に行うことができるのである。この不動産投資信託はプロが投資してくれるので、リスクも小さく安心できるという面でもおすすめである。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する