1. 失敗しないために必要なことは? 不動産の投資で稼ごう

失敗しないために必要なことは? 不動産の投資で稼ごう

失敗しないために必要なことは? 不動産の投資で稼ごう 1番目の画像
出典:blog.weetas.com
  投資は資産を運用していく上で有効な手段である。しかし、最近話題のFX取引をはじめ、株式投資や不動産投資など、世の中には様々な投資の形態があり、どの方法がいいのか見分けるのはなかなか難しい。今回はそんな投資の中で、不動産投資に関して説明していこうと思う。

不動産投資とは?

  不動産投資という言葉は聞いたことがあっても、実際にその投資のシステムなどをきちんと理解している方はそこまで多くないのではないだろうか。

 そこでまずは不動産投資の仕組みについて説明していこうと思う。まず、不動産投資とはその名の通り、土地やマンションなどの不動産に投資して利益を得る方法のことである。不動産投資は簡単に言えば、不動産を購入した際の値段以上で不動産を売却した際に差益を得ることができるのと、不動産を賃貸することで、賃料という収益を定期的に期待することができるというものである。

 この2つの利益から不動産投資は成り立っている。この利益のうち、前者をインカムゲイン、後者のことをキャピタルゲインという。この2つの利益をうまく得られるように東井資するのが不動産投資のコツである。

不動産投資の失敗や損失は?

  さて、不動産投資とは何なのかということは理解していただけただろう。ここからは不動産投資の失敗やリスクについて説明していこうと思う。


 まず、基本的に投資というものはリスクがつきもので、損をする場合もあり、不動産投資に関しても例外ではないということを留意してほしい。まず、不動産投資でのリスクには、利益が不確定で、不動産の価値が購入した際よりも上昇しなかった場合には損失が出てしまう

 さらに見込んでいたほどの賃金収益が得られなかった場合にも損失を被ってしまうので、こちらも注意が必要である。例えばマンションに投資した際には空室が出てしまうなどといった、修繕管理コスト以上の賃金収益を得られない場合には損失となってしまう。コストと収益をきちんと見極めなければ損失になってしまうということである。

 また、不動産の価値が上昇することも不確定で、購入価格以上の値段で売却できないことも大きなリスクである。土地の値段の値動きなどをきちんと見極めなければ、購入価格以上で売却することは難しいし、現金化にも時間がかかるというリスクもある。こういった様々なリスクを把握したうえで不動産投資はすべきであろう。

不動産投資で失敗しないために気を付けるべきことは?

  不動産投資には土地のポテンシャルを見極めること、不動産需要を見極める必要があることなどは理解していただけただろう。ここからは不動産投資において、失敗しないためのコツを紹介していおうと思う。

 まずは不動産投資において、どの不動産に投資するのかという投資先の選び方のコツに関してである。不動産投資において、物件選びで注意すべき点は、修繕積立金の値上がりである。当初のシミュレーションでは収益が出る予定でも、修繕積立金の高騰によって赤字になることも考えられるので、ここに注意しておく必要がある。

 さらに新築マンションへの投資も注意すべきである。新築マンションは購入金額が高く、新規の入居者に対しては高い家賃を取れるが、一度退去されるともう新築ではなく中古扱いになるので、家賃が下落することが考えられる。こういった部分を理解して投資する不動産を選ぶようにすることが、不動産投資で失敗しないためのコツといえるだろう。


  以上、不動産投資について説明してきたがいかがだっただろうか。維持管理費などもきちんと考慮し、リスクを踏まえたうえでうまく投資することができれば大きな利益を上げられる可能性もあるので、興味のある方は調べてみるといいかもしれない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する