1. 初心者は失敗から学ぼう! FXをうまく運用していくためには?

初心者は失敗から学ぼう! FXをうまく運用していくためには?

初心者は失敗から学ぼう! FXをうまく運用していくためには? 1番目の画像
出典:pixabay.com
 投資などの資産運用は、うまくすれば資産を大きく増やすことが可能であるので、魅力的なものである。自身の資産に余裕がある場合は、投資のよってさらに資産を増やすことを考えるのは悪いことではないだろう。しかし、投資にはリスクが付きまとうものであるので、何も知識がない状態で投資を始めるのは、かなり危険である。そこで、今回は最近流行りのFXについて、初心者が陥りやすい例から、FXの効果的な運用方法を紹介していこうと思う。

初心者が陥りやすいFXの失敗例とは?

  さて、FX初心者が陥りやすい失敗の前に、「FXって何?」という人のために簡単にFXの説明をしておこう。FXは簡単に言うと外国通貨を交換して、為替の変動によって利益を得ようという投資の方法である。さらにFXにはレバレッジという少額でも高額の取引ができる方法がとられており、最大で元金の25倍の取引を行うことができる。さらにFXでは金利による利益も得られるスワップポイントという制度がある。この二つがFXの最大の特徴ということができるだろう。

 さて、初心者がよく陥るミスで多いものが、レバレッジのかけすぎである。先ほども説明した通り、レバレッジは最大で元金の25倍の取引を行うことができる。しかし、少額の元金から高額の取引ができるということは、ハイリスクハイリターンの取引になるということである。このリスクを軽く考えてFXで失敗する初心者が多い。高いレバレッジで取引をしているとその分ちょっとした為替の変動に敏感になり、心理状態を正常に保てないことがある。このような冷静さを失った状態では取引などうまくいくはずもない。こうした高額の取引で失敗するのが、FX初心者の陥りがちなミスである

初心者がFXで失敗した後に取るべき行動とは?

 さて、FX初心者が高額のレバレッジで失敗しやすいということは理解していただけただろう。ここからは初心者がFXで失敗した後にどうすべきか、ということを説明していこうと思う。まず、何より最初にすべきなのは気持ちを落ち着かせることである。高額の損失を出してしまって焦って回収しようとするのが一番危険で、大きく損をしたときはまず冷静に物事を考えられるようにしなければならない。損をしたときこそ冷静に対応すべきである。冷静になったら、なぜ失敗したのかをきちんと整理分析する。このように次につなげるように失敗を活かせるようにしなければならない。

初心者でもなるべく損をしないためのFXの心構えとは?

 FXで失敗した後にどうしたらいいのかということは理解していただけただろう。しかし、やはりFXで高額の失敗はしたくないものである。そこでここからは初心者がなるべく損をしないためのFXの心構えを紹介していこうと思う。

 まず、一番重要なのがレバレッジを高額に設定しすぎないということである。ここで大きく稼ごうとして高額のレバレッジを設定してしまうと、先ほど述べたような失敗につながりかねない。レバレッジは負けても自分の気持ちに余裕がある程度の額にしておくべきである。また、投資の金額についても、基本的に余っている資金を運用するようにすることも重要である。生活費など、自身の生活に直結するようなお金に手を付けてしまっては、やはり冷静な取引などできない。余った資金でたとえ損してもダメージの少ない金額を自身で設定して、その範囲でFXをしていくのが、初心者がFXで失敗しないための一番の方法である。


  以上、初心者の陥りやすいミスから、FXの効果的な運用方法について紹介してきたが、いかがだっただろうか。FXは始めやすく、初心者でのとっつきやすい投資なので、投資初心者にはお勧めなのだが、やり方を間違えると大きな損をしてしまうこともあるので、きちんと自分のキャパシティの範囲で投資していくべきであろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する