1. 冬はやっぱりダウンジャケット。洒落なコーディネートを実現する“方程式”とは?

冬はやっぱりダウンジャケット。洒落なコーディネートを実現する“方程式”とは?

出典:mensfashion-style.net
 寒い冬を乗り切るアウターは様々存在するが、やはり最も防寒性能が高いアウターはダウンジャケットだろう。オンコーディネート、オフコーディネート問わず活躍するダウンジャケットだが、着膨れしたように見えるシルエットのせいかスタイリッシュなダウンジャケットコーデは難しいと感じる人も多いだろう。

 そこで今回は海外のコーディネートから、ダウンジャケットでスマートコーデを実現する“方程式”を紹介する。ダウンジャケットのコーディネートの参考にしていただきたい。

コーデをワントーンで統一して上品な印象に

 ダウンジャケットを上品にコーディネートする近道は、コーデをワントーンに揃えてみることだろう。色味を合わせることによって統一感が生まれ、コーディネートにスマートな印象が加わる。

 写真のように落ち着いた色でコーディネートすれば、ダウンジャケットを着ていながらも上品な大人のダウンジャケットコーデが完成するのだ。

 ダウンジャケットと同じようなアウトドアライクなアイテムをコーデするのではなく、素材を変えてメリハリをつけることがコーディネートのコツ。

 上品なボトムスを選んで、ダウンジャケットの素材感を活かしたワントーンコーデを作り上げるのがオススメだ。

カジュアル×フォーマルのバランスが絶妙なダウンジャケットコーデ

出典:wheretoget.it
 今日のメンズコーディネートにおいて肝要なのは、フォーマルとカジュアルのバランスだと言われている。

 フォーマルになり過ぎず、カジュアルになり過ぎないバランスがコーデの洒落度を決定するのだ。

 今回紹介しているダウンジャケットは勿論カジュアルアイテム。となればダウンジャケット以外のコーディネートはフォーマルに纏めるのが吉だろう。
 
 写真のメンズは、ニット、スラックス、そして革靴とダウンジャケット以外のアイテムを全てフォーマルにコーデしている。落ち着いた色味でコーデに統一感をもたらしているのも巧みだ。ダウンジャケットのバランスコーデの好例と言えるだろう。

ベーシックコーデにビビットなダウンジャケットを一点投入

 様々なカラーのダウンジャケットが存在するのが、ダウンジャケットの大きな魅力の一つ。コート類ではなかなか実現できないビビッドカラーをコーディネートに取り入れてみよう。

 写真はビビッドカラーをコーディネートに上手く取り入れた好例。ダウンジャケットの下に着るコーディネートをベーシックな色味で纏めることによって、真っ赤なダウンジャケットを上手くコーデの挿し色としている。

 ダウンジャケットに限らず、ビビッドカラーのアイテムをコーデに取り入れる際は、他のコーディネートはあくまでベーシックに徹するのがコーデの鉄則。覚えておこう。

スーツコーデに合わせるダウンジャケットは“サイズ感”が鍵

出典:wheretoget.it
 スーツコーデにダウンジャケットを合わせることには賛否両論あるだろうが、着用が問題ない職場であればやはりダウンジャケットは取り入れたいところだ。

 ダウンジャケットを取り入れる際に気をつけたいのは、サイズ感と足下。手が隠れてしまうようなダボダボのダウンジャケットをコーディネートするのはNGだ。

 写真のメンズは、足下をカジュアルさとフォーマルさを兼ね備えたサイドゴアブーツにすることでダウンジャケットコーデを絶妙にバランス調整している。

 このようにスーツとダウンジャケットをスマートにコーディネートすることができれば、毎日の出勤において、ダウンジャケットは非常に心強い味方となってくれるだろう。

上品さを備えたロング丈のダウンジャケットで手軽にスマートコーデ

出典:wheretoget.it
 ダウンジャケットを使った洒落コーデを簡単に実現できるダウンジャケットがある。それがロング丈のダウンジャケットだ。

 決して大きいサイズのダウンジャケットを選ぶということではなく、もともと丈が長めにとられたダウンジャケットを選ぶことがポイント。

 ダウンジャケットが持つ抜群の防寒性に加え、まるでコートのようなエレガントさを備えているロング丈のダウンジャケットは、手軽に上品なコーディネートを実現してくれるはずだ。

 スーツジャケットの裾がはみ出すことを防いでくれるので、スーツコーデでも活躍してくれるロング丈のダウンジャケット。是非抑えておきたいアイテムと言えるだろう。

ダウンジャケットにトレンドを加えてこなれたコーデに

出典:www.jcrew.com
 トレンドを取り入れるのも、ダウンジャケットのような野暮ったい印象を持ちやすいアイテムをこなれたコーデを実現するためには非常に有効な手段だ。

 今冬のマストアイテム、タートルネックはそんなコーディネートに持って来いのアイテム。タートルネック×ダウンジャケットのコーディネートならば、シンプルかつ大人な印象に仕上がる。

 ダウンジャケットを上まで閉じてもタートルネックならレイヤード感を出すことが出来るのも嬉しいところ。首元があらわになるクルーネックよりも上品な雰囲気を演出できる。

 勿論、首を覆っているので防寒性も抜群。ダウンジャケットのもともとの防寒性能と併せて、ファッション性、実用性ともに優れたコーディーネートと言えるだろう。

薄手のダウンジャケットで絶妙レイヤードコーデ

出典:www.wsj.com
 何も上に着ることだけが、ダウンジャケットのコーディネートではない。薄手のダウンジャケットであれば、中に着込むコーディネートも可能だ。

 インナーにダウンジャケットを選択するメリットは、単純に肌との密着が高くなるため、軽さを備えながらも暖かくなる点にある。ダウンジャケットコーデの悩みの一つである野暮ったさを大きく改善してくれるのだ。

 もう一つは、テーラードジャケットやコートなどを上にコーディネートすればドレス感を強く押し出すことができる点。カジュアルとフォーマルのバランスを取ることができる、というわけだ。

 写真のように挿し色としてコーディネートしてみるのも面白い。是非チャレンジしていただきたいコーディネートの一つだ。


 あまりスマートな印象を持たれづらいダウンジャケットだが、コーディネート次第で洒落と防寒性能を両立したコーデが可能。

 やはり冬コーデである以上、防寒性は妥協したくないもの。この記事が貴方の冬のコーディネートのお手伝いとなれば幸いだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する