1. 私服にこそ合わせたい“メンズローファー”|5つのコーデからローファーコーデの魅力を解説

私服にこそ合わせたい“メンズローファー”|5つのコーデからローファーコーデの魅力を解説

私服にこそ合わせたい“メンズローファー”。5つのコーデを通して、ローファーコーデの実用性に迫る 1番目の画像
出典:zozo.jp

 私服と合わせるとなると、意外にもコーディネートに悩む「ローファー」。

 足元を上品にまとめてくれるローファーは大人メンズコーデの定番で、かなり重宝できるアイテムだ。

 今回は。大人の定番アイテム・ローファーを使ったメンズコーデを、ローファーの種類や魅力とともにお伝えてしていきたい。

メンズローファー①:ローファーの代表格「ペニーローファー」

ペニーローファーのペニーは“1セントコイン”という意味

私服にこそ合わせたい“メンズローファー”。5つのコーデを通して、ローファーコーデの実用性に迫る 2番目の画像
出典:zozo.jp

 最初に紹介するローファーは、ペニーローファー(別名コイン・ローファー)。

 学生時代に使われるローファーは、このペニーローファーと呼ばれるタイプのものが一般的だ。

 ローファーの代表格ともいえるペニーローファーだが、この“ペニー”とは1セントコインのことを指している。

 50年代のアメリカで、幸運のお守りとしてローファーの甲にコインを挟むのが大学生の間で流行したことが、名前の由来になっている。

ペニーローファーで個性的なメンズコーデを上品に仕上げる

私服にこそ合わせたい“メンズローファー”。5つのコーデを通して、ローファーコーデの実用性に迫る 3番目の画像
出典:zozo.jp

 装飾がなく、シンプルで上品なペニーローファーは、個性的なアイテムとの相性も抜群にいい。

 個性的なスタイリングに挑戦する際には、ぜひペニーローファーを合わせて足元にシックさをプラスしてほしい。

メンズローファー②:男らしさを全面に出すローファー「ヴァンプローファー」

尖ったつま先が特徴的な「ヴァンプローファー」

私服にこそ合わせたい“メンズローファー”。5つのコーデを通して、ローファーコーデの実用性に迫る 4番目の画像
出典:zozo.jp

 次に紹介するのがヴァンプローファー。

 コブラヴァンプとも呼ばれるこのタイプのメンズローファーは、とんがったつま先のフォルムがコブラに似ていることからその名がつけられた。

 ペニーローファー以上に装飾が少ないが、とんがったつま先からワイルドで男らしい雰囲気が漂うのがヴァンプローファーの特長だ。

「ジャケット×ヴァンプローファー」でスタイリッシュなメンズに

私服にこそ合わせたい“メンズローファー”。5つのコーデを通して、ローファーコーデの実用性に迫る 5番目の画像
出典:zozo.jp

 ヴァンプローファーの定番メンズコーデといえば、スーツ×ヴァンプローファーの組み合わせが挙げられる。

 しかし今回紹介するコーデは、“私服”を使ったローファーコーデだ。

 ヴァンプローファーを使ってスタイリングするなら、ジャケットとスラックスという少し綺麗めのコーデと合わせるのがおすすめ。

 ヴァンプローファー独特のいかつい印象が和らぎ、スタイリッシュなメンズコーデとなるのだ。

メンズローファー③:使いやすさ抜群のローファー「スリッポンローファー」

履き心地×使い勝手の良さが魅力の「スリッポンローファー」

私服にこそ合わせたい“メンズローファー”。5つのコーデを通して、ローファーコーデの実用性に迫る 6番目の画像
出典:zozo.jp

 その履き心地のよさから、メンズ・レディースともに人気が高い「スリッポンシューズ」。

 スリッポンタイプのシューズの中にも、スリッポンローファー、つまり革性のスリッポンが発売されている。

 スリッポンと言えばカジュアルな簡単コーデに合わせるようなイメージが強いが、ローファー要素が入ればコーデのおしゃれ度は急上昇するはずだ。

スリッポンローファーで優しげな冬メンズコーデを実現

私服にこそ合わせたい“メンズローファー”。5つのコーデを通して、ローファーコーデの実用性に迫る 7番目の画像
出典:zozo.jp

 スリッポン本来の長所に上品さが付け足されたこのスリッポンローファーは、大人らしいカジュアルメンズコーデを作るのにもってこいのアイテム。

 大人らしいメンズローファーコーデが優しい雰囲気を纏っている理由は、“茶色のローファー”をチョイスしたから。

 おしゃれ好きなメンズは、シューズの色使いにも気を遣って、周りに与える印象も考慮した上でコーディネートを考えてもらいたい。


メンズローファー④:おしゃれを楽しみたい上級者向け「個性カラーのローファー」

周りのメンズと被るのが嫌な人には「カラーローファー」がおすすめ

私服にこそ合わせたい“メンズローファー”。5つのコーデを通して、ローファーコーデの実用性に迫る 8番目の画像
出典:zozo.jp

 ローファーといえば茶色や黒、紺といったものが主流。

 しかし、「周りのメンズと被りたくない」という個性重視のメンズもいるだろう。今回、そんなメンズにおすすめしたいローファーが「カラーローファー」だ。

個性派カラーのローファーで周りのメンズと差をつけろ!

私服にこそ合わせたい“メンズローファー”。5つのコーデを通して、ローファーコーデの実用性に迫る 9番目の画像
出典:zozo.jp

 写真のようなレッドのローファーは、メンズコーデに合わせやすい個性派ローファーの一つ。

 メンズローファー独特のフォーマルな雰囲気を保ちつつも、どことなくカジュアルな空気を纏っている。

 ローファーの色と合わせて鮮やかなカラーでまとめたコーデを作るのもいいだろう。

 しかし、落ち着いた大人メンズコーデを作るなら、他をシンプルにまとめて、革靴の素材を存分に生かしてみるのもおすすめだ。

 冬らしいメンズニットと合わせれば、成熟したメンズに相応しい余裕のあるローファーコーディネートとなるので、ぜひトライしてみてほしい。 

メンズローファー⑤:房飾りがアクセントになる「タッセルローファー」

弁護士に愛用している人が多いといわれる「タッセルローファー」

私服にこそ合わせたい“メンズローファー”。5つのコーデを通して、ローファーコーデの実用性に迫る 10番目の画像
出典:zozo.jp

 最後に紹介したいのが、タッセルローファーと呼ばれる種類のローファー。

 タッセルと呼ばれる二つの房飾りがポイントとなっており、歩くたびに小さく揺れるタッセルが上品かつ、おしゃれな雰囲気を作り出してくれる。

 また、タッセルローファーは、弁護士が着用していることが多いことから、“弁護士の靴”とも呼ばれているそうだ。

 身に付けるだけで優等生風な清潔感あふれるメンズコーデを作りだせる、そんな魅力がタッセルローファーには詰まっている。

タッセルローファーに派手アイテムをプラスしたメンズコーデ

私服にこそ合わせたい“メンズローファー”。5つのコーデを通して、ローファーコーデの実用性に迫る 11番目の画像
出典:wear.jp

 シャツやジャケットとタッセルローファーを合わせるのは無難だが、面白みに欠けるコーデになってしまうかもしれない。

 よりおしゃれを楽しみたいというメンズには、派手柄や派手色の靴下や、色味のあるメンズコートをタッセルローファーに合わせるのがおすすめ。

 ぜひ、自分なりに無難な優等生メンズコーデから脱出するための方法を模索してみてほしい。


 カジュアルなスニーカーコーデが流行っている今、あえてフォーマルなローファーに目を付けてみるのも面白い。

 今年の秋冬はシーンに合わせて、自分なりにローファーをコーディネートしてみよう。ローファーを使いこなせば、コーディネートの幅がグッと広がるはずだ。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する