1. ビジネスシーンで役立つ! ネイティブが使う「英語メールのお礼の書き方」例文集

ビジネスシーンで役立つ! ネイティブが使う「英語メールのお礼の書き方」例文集

ビジネスシーンで役立つ! ネイティブが使う「英語メールのお礼の書き方」例文集 1番目の画像

 「感謝の気持ちを英語メールで伝えたいけど、お礼のメールを英語でどう書けばいいのかわからない……」

 ビジネスやプライベートなどで英語を使う人は、英語のお礼メールに頭を悩ませたことのある人もいるのでは?

 今回は、ネイティブが使うお礼フレーズやメールの留意点をチェックしていきたい。正しい英語フレーズで感謝の気持ちをメールで伝えよう。

英語メールで気持ち良くお礼するコツ

英語でのお礼メールには簡潔さと具体性が鍵!

 ビジネスシーンにおける英語でのお礼メールでとくに重要なのが、簡潔さ具体性

 英語のメールでは、日本語の「いつもお世話になっています」といった前置きは必要ない。お礼の気持ちとして伝えたいことが多くても、ダラダラとした文章は相手の時間をとってしまう。

 また、英語メールの件名も「お礼のメール」だと、一目でわかるような簡潔なものにするのが好ましい。

 「Hi!」のように短い単語の件名は、スパムメールと間違えられこともあるので、親しい間柄の相手に送る英語メールでも注意が必要だ。

英語のお礼メールにおける“件名”のポイント

  • お礼メールの件名には「Thank you for ~.」が多く用いられる
  • (例)「Thank you for your invitation (assistance). 」(ご招待[お力添え]ありがとうございます)

ビジネスシーンでは丁寧な英語を使ってお礼メールを書く

 お礼のメールを英語で送る際は、「表現の丁寧さ」にも気を遣いたい。

 とくにビジネスシーンにおいて、目上の人に省略形(I’mやyou’llなど)は極力使わないほうが無難である。

【例文】お礼メール向きの丁寧な英語表現

  • 「I want to meet you again. (また会いたい) 」
  • 「I would like to meet you again. 」
    →助動詞の過去形を用いたお礼メール向きの文章

フォーマルさに合わせて選ぼう!  英語のお礼メール例文集

 英語のお礼メールのコツを押さえたところで、メールで使える英語フレーズをチェックしていこう。

 送る相手やシーンに合うフレーズを使って、英語のお礼メールを送ってほしい。

英語で書くメールのお礼表現①:「Thank you for 〜」

  英語のメールでお礼を言う際に多くに使われるのが「Thank you for〜」を使った表現である。

 フレーズの末尾「for」の後にお礼したい内容を入れるのだ。

【英語のお礼メール】「Thank you for〜」を使った例文

  • 「Thank you for all your help. 」(いろいろとありがとうございます)
  • 「Thank you for giving me a hand.」(手を貸してくれてありがとうございます)
  • 「Thank you for having me.」(招待して下さりありがとうございます)

 「Thank you〜」の代わりに「Thanks〜」を使うとよりくだけた口調になり、フレンドリーになる。

 海外の友人に英語でお礼メールを送る際は、フレンドリーな言い回しでOKだ。

 しかし、ビジネスシーンで取引先や上司にお礼メールを送る場合は、くだけた英語の表現は避けるのがベターということを覚えておこう。

英語で書くメールのお礼表現②:「I appreciate〜」

 「Thank you for〜」よりも改まった英語の表現が「I appreciate〜」。

 ビジネスや改まった場面のメールで、目上の方に丁寧なお礼の表現を使いたい場合は以下のような例文も有効だ。

【英語のお礼メール】ビジネスシーンで役立つ「I appreciate〜」を使った例文

  • 「I appreciate your kind words.」(優しいお言葉をありがとうございます)
  • 「I appreciate your making time for me.」(お時間を作ってくれてありがとうございます)

英語で書くメールのお礼表現③:Much obliged

  先述のお礼フレーズよりも丁寧な言い方が「Much obliged」だ。

 「Much obliged」だけでも「ありがとうございます」というお礼の意味になるが、一文にしてメールを送るのであれば、「I'm much obliged ( to you ) for〜」という使い方になる。

 forのあとにはお礼の内容を入れよう。

【英語のお礼メール】「much obliged for〜」を使った例文

  • 「I'm much obliged for your kindness.」(親切にしてくれてありがとうございます)
  • 「I'm obliged to you for dinner.」(夕食をありがとうございました)

メール文の最後に再度お礼を言うときはどうする?

 メール文の最後に、繰り返しお礼の気持ちを述べたい場合もあるだろう。

 そんなときは、「again」をいれてから再度お礼を言うと、より自然な英語メールになる。

【英語のお礼メール】繰り返しお礼を言うときに使える例文

  • 「Thank you again for everything you’ve done.」
  • 「Again thank you.」

もっとネイティブに! お礼メールで使える英語表現〜上級編〜

ビジネスシーンで役立つ! ネイティブが使う「英語メールのお礼の書き方」例文集 2番目の画像

 お礼メールで使える基本的な英語フレーズを覚えたら、失敗を恐れずどんどん英語メールを送ってみよう。

 慣れてきたら、ネイティブのように大胆な英語表現をしてみたり、顔文字を使ってみたり、お礼メールの中に自分らしさをちりばめてほしい。

英語で大胆なお礼のメールを送ろう

 英語圏では先ほどのフレーズ以上に、感謝の気持ちをメールで大胆に表現することもある。

 英語圏のメールでは使われていることも多いので、英語のお礼メールを書くことに慣れてきたら挑戦してみよう。

【英語のお礼メール】慣れきたら使ってみたい大胆なお礼フレーズ例文

  • 「You made me who I am.」(今の私があるのはあなたのおかげです)
  • 「There is no doubt that this is the best memory of my life. 」(間違いなく人生で最高の思い出です)

顔文字をつけて小慣れた英語のお礼メールにしよう

  また、英語のメールにも「顔文字」のようなものは存在する。海外の友だちなどへのお礼メールには、顔文字を使ってみても面白いだろう。

【英語のお礼メール】友だちとのメールで使いたい顔文字

  • :slightly_smiling_face: 笑顔
  • :smile: 大笑い
  • :‘-( 悲しい
  • :-$ 恥ずかしい、驚いている
  • ;-) ウインク
  • :kiss: キス


 英語メールで使えるお礼フレーズ、一通り覚えられただろうか?

 メールは相手の顔が見えないため、ちょっとした英語のお礼表現ミスで相手の心象がマイナスになってしまう可能性もある。

 だが丁寧に感謝の気持ちを伝えようとする姿勢と、適切な英語でのお礼表現でメールを送る努力があれば、その想いは相手に届くだろう。

 多少のコツの違いはあれどもメールの返信はなるべく早く、英語のスペルミスをしないなど、基本的なマナーは万国共通なので気を付けよう!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する