1. 少し工夫されたデニムジャケットコーデ集。お馴染みのGジャンに隠された今後の可能性を探る!

少し工夫されたデニムジャケットコーデ集。お馴染みのGジャンに隠された今後の可能性を探る!

出典:blog.denimtherapy.com
 時代を超えて、ファッションとして長く愛されてきたデニムアイテム。デニムパンツだけでなく、デニムシャツ、デニムシューズ、デニムハットやデニムバッグなど、その多様性はとどまるところを知らない。そんななか、今日皆さんにご紹介するのは、冬も大活躍間違いなしのデニムジャケットとデニムジャケットを用いたおしゃれコーデだ。

 本記事では、少しばかり珍しいデニムジャケットコーデをチョイスした。無難なデニムジャケットコーデに見慣れたおしゃれメンズの皆さんも、本記事を通して新たなデニムジャケットコーデを模索してみてはいかがだろうか?

デニムジャケットのくたびれ感を利用してパーカーコーデと組み合わせ

出典:lookbook.nu
 デニムジャケットにもしっかりした生地のものと、柔らかい生地のものとがあるが、パーカーと組み合わせてお互いをフィットさせるには、柔らかめのデニムジャケットコーデを選びたい。

 暗い色のパーカーを合わせたコーデには明るい色のデニムジャケットを、明るい色のパーカーを合わせたコーデには暗い色のデニムジャケットを、と色合いも気にする必要があるだろう。

 色合い、質感、丈などにおいて、どんな要望にも応えてくれるデニムジャケットは、コーデアイテムの中でもかなり優秀だ。

カラーデニムジャケットコーデでは、デニムジャケットの質感を大切に

出典:www.details.com
 一見デニムジャケットだと分からないような、カラーデニムジャケット。パステルカラーのものや原色のものなど様々あるが、そこは個人のお好みでコーデに取り入れられる。

 デニム生地のなんとも言えない硬い質感に魅力を感じるメンズには、ぜひ様々なカラーのデニムジャケットコーデで、その魅力を楽しんでいただきたい。

 写真のように白のデニムジャケットを選べば、リュックを背負っていてもキャップをかぶっていても、コーデにどこか清楚な印象を感じさせる効果が期待できる。素材を変えずに印象を大きく変えるデニムジャケットコーデには、このカラーデニムジャケットが必須だろう。
 

カジュアルなデニムジャケットにも合わせられるシャツコーデ

出典:lookastic.com
 デニムジャケットと言えば、ロンTやスウェットなどかなりカジュアルなインナーと合わせがちではあるが、無難路線を走らずに斬新さを求めるメンズには、このコーデでシャツのセレクトをおすすめしたい。

 上までボタンを留めるにも関わらず、裾は出す、という足し引きのコーデバランスがデニムジャケット×シャツコーデに個性を生み出してくれる。

 どんな色と合わせることも許してくれる、懐の深さを持つデニムジャケット。それを用いたコーデには、沢山の可能性が秘められている。

トレンチコートと合わせて新しいデニムジャケットコーデに挑戦

出典:lookastic.com
 あまり見慣れないコーデなのだが違和感を感じない、このトレンチコートとデニムジャケットの組み合わせコーデ。コートとデニムジャケットのそれぞれの襟が重なり、それが新たなおしゃれの価値観を作り出す。

 どちらかというと、明るい色のデニムジャケットコーデではカジュアル感が増してしまうため、少しかっちりと着たいコーデの場合は暗い色のデニムジャケットをセレクトしよう。

ボア付きデニムジャケットで季節感あふれる冬らしいコーデに

 デニムジャケットのみでは肌寒くなってきたこのシーズン。そんな季節にもデニムジャケットをコーデに取り入れる場合は、上からコートを羽織るか、インナーをなるべく暖かくするしか方法がないのだろうか......? そんな疑問への解決策が、このインナーボア付きデニムジャケットコーデ。

 ボアのおかげで体は暖かく、ボアの白色がデニムジャケットコーデのアクセントにもなってくれるという優れものだ。

 ボア素材がプラスされると、コーデに良い意味で子供らしさが入り、遊び心を取り入れる素地ができあがる。インナーにキャラクターシャツをセレクトするなど、あなたのコーデに新たな可能性が開けるかもしれない。
 デニムジャケットも、時代と共に変化変転を遂げている。これからも新たなコーデが生み出されることが予想されるため、デニムジャケットはたかが知れていると一笑に付せば流行に取り残されていくことになるだろう。

 これからも、デニムジャケットコーデだけでなく様々なファッションコーデの流行を追いかけ、時代ファッションの移り変わりを楽しんでいただきたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する