1. 大人メンズコーデの筆頭株「ライダースジャケット」。甘辛バランスのメリハリにはライダースを使用せよ

大人メンズコーデの筆頭株「ライダースジャケット」。甘辛バランスのメリハリにはライダースを使用せよ

出典:www.formatmag.com
 メンズのジャケットコーデの中でも特に辛めの印象を作り出すメンズアイテムが、ライダースジャケット。これを一枚持っておけば、大人なメンズコーデを楽しみたいとき、甘めコーデを抑えたい時など様々なときに重宝できる。レザーの光沢感は、メンズコーデに上質なイメージを与えてくれることにもなるだろう。

 そんな辛口アレンジに必須のメンズライダースジャケットコーデを紹介しよう。ぜひこれを参考に辛口なおしゃれメンズコーデを攻略し、大人の男らしさを手に入れてほしい。

定番のメンズ黒ライダースコーデには革靴ブーツで合わせ

 ライダースジャケットと言われて思い浮かべるのが写真のような黒の定番ライダースだろう。ライダース初心者メンズには、どんなメンズコーデにも合う黒ライダースをおすすめしたい。

 このメンズコーデのポイントは、ライダースのレザーとブーツとのマッチングだ。さらに、革素材のタイト感とスキニーパンツのタイト感とで見事にバランスを取ったコーデを演出している。

 全体を意図的に暗めのメンズアイテムで揃え、カラーデザインによって、大人メンズならではのシックな印象を作りあげよう。

冬ならファー付きライダースコーデでゴージャスメンズに

 メンズにファーというのはなかなか珍しいが、襟もとなどのワンポイントファーなら挑戦のハードルも下がるだろう。

 このファーは、おしゃれのためだけでなく、ライダースジャケットコーデに抜け感を加える要素も合わせ持っている。そのため、通常ライダースに合わせるパンツはスキニーが多いが、この写真ではあえてジョグパンツのような緩めのメンズアイテムを持ってきている。

 タイトとルーズが奇抜に組み合わさったこのメンズコーデは、既存のライダースコーデを全く新しいものに変える斬新な着こなしを可能にする。

ベージュライダースでカジュアル志向なメンズコーデ

 甘いコーデに慣れていて、ライダースなんて......と尻込みしてしまうメンズにも自信をもっておすすめできるのがこのタイプのライダースだ。

 ベージュカラーのライダースジャケットは、メンズライダースの中でも珍しい。ハードなライダースを軽やかにコーデに取り入れたいメンズなら、こういった明るめのものをセレクトしてほしい。

 デニムパンツと合わせてもライダースの重々しさを全く感じない、甘系メンズにもおすすめのメンズライダースコーデだ。

コーデのアクセントにはアレンジライダースをセレクト

 ライダースコーデで大きく他のメンズと差をつけたいなら、茶色ライダース×ボアといったようなアレンジライダースがおすすめだ。

 緑や赤、黄色、青などカラーライダースは沢山あるのだが、冬の雰囲気に自然に合わせるなら、カラーライダースと言っても茶色系統くらいで合わせるのが妥当だろう。

 ライダースの中にも、体にぴったりフィットするタイトなものと少し大振りで余裕のあるタイプのものがある。無骨でワイルドなメンズコーデにしたければ、写真のようにゆったりとしたシルエットのものを選び、コーデのイメージを丁寧に作りあげよう。

 この記事を読み進め、ライダースジャケットの写真を目にするごとに、そのライダースジャケットの頑丈そうな質感、深い味わいに心を奪われたメンズも多いことだろう。皮素材のライダースは、使い古せば古すほど味が出てくるという意味でも長く愛用できる代物だ。

 ぜひライダースジャケットを手に入れ、この冬、自分にぴったりのメンズライダースコーデをものにしてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する