1. 2016年の春は「あえて」のモノトーンコーデ! コーディネートの鍵は“メリハリ”

2016年の春は「あえて」のモノトーンコーデ! コーディネートの鍵は“メリハリ”

出典:elegantwedding.co
 メンズコーデの基本は、やはりモノトーンコーデ。普遍的なコーディネートだが、2016年春のトレンドコーディネートでもある。春に「あえて」のモノトーンコーデが、2016年春のキーワードだ。
 
 そんなモノトーンコーデだが、シンプルゆえにバランスが難しい。そこで今回は、おしゃれ上級者御用達のモノトーンコーデを押さえるために、参考になるコーデを紹介していこう。

「黒コーデに白スニーカーを一点投入」でこなれたモノトーンコーデに

 モノトーンコーデのこなれた着こなしを実現するための最も重要なポイントは、ズバリ「抜け感」だ。モノトーンコーデは、コーデが重く見えてしまうという弱点がある。

 そんなモノトーンコーデの弱点を解決する最も簡単な方法は、モノトーンコーデのアイテムの色を差し替えるテクニックだろう。

 コートやインナー、全体的に黒でまとめたモノトーンコーデの足下を白スニーカーにするだけで足下に抜け感が生まれ、シックな大人のコーデでありながらもすっきりとしたモノトーンコーデが完成する。

モノトーンコーデは“異素材”で差を付ける

出典:alkarus.com
 白とグレーを基調にしたモノトーンコーディネートは、異素材でメリハリをつけるのがおすすめ。

 このメンズは、アウトドアライクな素材を使用したアウターにフォーマルな顔つきのスラックス、そしてスニーカーと異なる素材をミックスすることによって、見事にモノトーンコーデを完成させている。

 モノトーンコーデは、素材やアイテムのテイストを統一しすぎてしまうと、どうしてものっぺりとした印象を与えてしまう。モノトーンコーデに挑戦する際は、気をつけておきたい点だ。

カジュアルなアイテムもモノトーンコーデならスタイリッシュに

 ともすれば子供っぽくなってしまうパーカー、モノトーンコーデで纏めればクールで大人らしいコーデに。

 このメンズのような、カジュアルアイテムの代表とも言えるパーカーとTシャツをざっくりと合わせたようなコーデでも、モノトーンコーデならシックなコーデに様変わりする。

 どんなアイテムを合わせてもシックな顔つきになるのが、モノトーンコーデの強み。服を購入する際に色で迷っているならば、モノトーンカラーを選ぶのがおすすめだ。

「モノトーンミックスのアイテム」をコーデにプラス

 全体でモノトーンコーデをまとめるだけではなく、モノトーンカラーを組み合わせたデザインのアイテムを投入するのも手だろう。

 このメンズのようなモノトーンカラーを組み合わせたニットであれば、華やかに、かつ爽やかな印象をコーデにプラスすることができる。

 このようにグレーパンツを合わせても良いが、黒いパンツを合わせても統一感が生まれる。ボトムズの選択肢が広いのも嬉しいところだ。

 なかなか見かけないデザインのアイテムかもしれないが、モノトーンブームを受けて今春はこのようなアイテムが増えるはず。一着あればコーデの心強い味方となってくれること間違いなしだ。

黒で統一したモノトーンコーデは“隙間”を見せる

 モノトーンコーデの中でも、外すことができないのはオールブラックコーデ。非常に難しいコーデだが、上手くコーデできれば非常にスタイリッシュなコーディネートだ。

 ポイントはやはり「抜け感」。黒で統一されたモノトーンコーデは、手首や足下を見せ隙間を生み出すことによって、モノトーンでありながら軽やかさを演出できる。

 簡単なテクニックながら効果は絶大。黒で統一されたモノトーンコーデに挑戦したい方に是非オススメしたいテクニックだ。
 

モノトーンコーデなら柄シャツも簡単に取り入れられる

出典:alkarus.com
 普段のコーデなら合わせるのが難しい柄シャツでも、シックなモノトーンコーデなら手軽に、そして簡単に取り入れることができる。
 
 このメンズは、ドット柄シャツの中でもモノトーンのアイテムをセレクトすることによって、ポップさとモード感を兼ね備えたコーデを完成させている。

 柄シャツのような一枚で存在感を放つアイテムをモノトーンコーデに加えたら、足下は革靴などのドレッシーなシューズで引き締めることも忘れずに。

素材だけでなく、シルエットでメリハリをつけたモノトーンコーデに

 お洒落上級者は素材だけでなく、シルエットでモノトーンコーデにメリハリを付けてみるのも面白い。

 上半身をショートアウターでコンパクトに纏めたら、下半身はビッグシルエットのパンツを合わせることによってAラインを作り出している。

シャツを腰巻きしてモノトーンコーデにアクセントを

出典:www.details.com
 シンプルになりがちなモノトーンコーデにアクセントを加えるならば、シャツを腰巻きするのが非常にオススメ。

 ざっくりしたモノトーンコーディネートにおいてもシャツの腰巻きの効果は絶大。シンプルなモノトーンコーデのアクセントとなってくれることだろう。

オールブラックは白を忍ばせてこなれたモノトーンに

 オールブラックで統一したモノトーンコーデも、着こなせれば非常にかっこいいが、どうしても重たい印象を受けたコーデになってしまうのは避けられない。

 そんな時はインナーからさりげなく白いアイテムを覗かせてみよう。

 全てのアイテムを黒で統一したモノトーンコーディネートも、チラリと白Tシャツを見せることによって、絶妙なアクセントをプラスしたコーデとなっている。

足下にハイテクスニーカーをチョイスして、インパクトあるモノトーンコーデ

 コーディネートが難しいハイテクスニーカーも、モノトーンコーデとの相性は抜群。手軽にコーディネートに取り入れることができる。

 ビビッドなカラーリングのハイテクスニーカーをモノトーンコーデのハズしとして取り入れるのは勿論、このコーデのようにモノトーンのスニーカーをチョイスしてシックに纏めるのも非常におすすめだ。

 合わせるアイテムを選ばない汎用性の高さも、モノトーンコーデの魅力と言えるだろう。

柄のセットアップもモノトーンでコーディネート

出典: www.reiss.com
 着こなすのはなかなか難しい派手柄のセットアップも、モノトーンで統一すればご覧の通りシックな印象に。

 モノトーンの中でも、グレーを基調にしたデザインが特におすすめ。中に白シャツを合わせればクリーンに、黒シャツを選べばモードなスタイルにと、様々なスタイルに対応できる。

 足下もモノトーンで統一するのがベターだが、このコーデのようにブラウンのシューズを選んでも、コーディネートにアクセントが加わり面白いだろう。


 春はコーディネートに明るい色を、そんな考え方は去年までの話。2016年のモノトーンコーデは、季節を問わず楽しめるコーディネートなのだ。

 一工夫加えるだけで、モノトーンコーデのこなれ度はグッとあがる。本記事を参考にして、2016年の春はとことんスタイリッシュにコーディネートを楽しんでほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する