1. 冬のパンツスタイルは色が勝負! カラーパンツの応用で、マンネリパンツスタイルから脱出せよ。

冬のパンツスタイルは色が勝負! カラーパンツの応用で、マンネリパンツスタイルから脱出せよ。

出典:byclaudiungureanu.ro
 スカートやパンツ、キュロットスカートなど、様々な種類のアイテムがあるレディースファッションとは違い、メンズはパンツのみで着こなしスタイルを工夫するしかない。とくに、寒い冬は夏と違って半ズボンなども履けないため、ズボンの色や素材でスタイルに変化をつける以外に方法はないだろう。

 ここではそんなメンズたちへ、冬のパンツスタイルのヒントとなるような、様々なカラーパンツのファッションスナップをご紹介していこう。カラーパンツを数本持っているだけで、あなたのファッションバリエーションは見違えるように豊かになる。

冬も白パンツで爽やか紳士風スタイルを狙え

出典:metromode.se
 白のアイテムといえば、夏などの暖かい季節に用いるイメージも強いだろうが、あえて冬の季節に白パンツを着用することで、冬の寒さを忘れさせるようなすっきりとしたパンツスタイルが作りだせる。

 全てを明るい色で統一させると季節感が無くなってしまうため、トップスやアウターは落ち着いた冬らしい色をチョイスしておこう。

 白のパンツで爽やかさをイメージしたこの冬スタイルには、Pコートやジャケットなどの清楚なアイテムと合わせ、ファッションスタイルのイメージ統一にも意識を向けたい。

赤パンツスタイルで冬のさみし気な印象を払拭

 派手なスタイルが好きなメンズでなければ億劫になってしまいがちな赤。しかし、思い切ってパンツに取り入れるだけで、インパクトのあるおしゃれコーディネートが可能なカラーでもある。

 カジュアルパーティーやおしゃれなディナーなど、特別な場所に着ていく勝負スタイルとしておススメな冬ファッションが、この赤カラーパンツスタイルだ。

 原色ファッションが街から減る冬だからこそ、アピール好きのあなたにはこんな攻めパンツスタイルをおススメしたい。

冬ならではの暖色系ファッションスタイルには黄色パンツを

出典:lookastic.com
 冬にピッタリの暖色系アイテム。中でも黄色(からし色)のパンツは、何を合わせても優しい印象のスタイルに仕上げてくれる冬ファッションの優れものだ。メンズならではの無骨感やワイルド感を払拭したいなら、一番におススメしたい冬カラーパンツが、この黄色パンツだろう。

 色合いの面でも、パンツと茶色の皮ブーツとの相性は抜群。茶色や黒などの暗い色が増える冬にぴったりの、冬パンツスタイルの代表例とも言える。

 

冬のゆるカジスタイルは緑パンツですっきりと

 力の抜けた自然体ファッションがトレンドの今、スウェットと合わせたゆるカジパンツは誰もが挑戦できる冬のおススメパンツスタイルだ。しかし、ただ力を抜けばだらしないファッションになるので、それをおしゃれに見せるためには色使いや服のサイズ感が大事になってくる。

 写真の場合は、トップスの緩さに合わせ、パンツにも強い色より淡い優しい色を選びうまく調和させている。他にも、ハイカットスニーカーに合わせた絶妙な丈のロールアップ、大きすぎず小さすぎないトップスのサイズなど、緩めスタイルだからこそ必要な計算が施されている。

 冬の時期にぴったりの素材は、季節感を考慮したパンツスタイル、という意味でも一押しだ。

クールスタイルの上品カラーパンツは紫をチョイス

 紫パンツを取り入れたスタイルはあまりイメージしにくいというメンズも多いかもしれないが、昔から高貴な色として尊ばれてきたという紫には、どことなく上品なイメージが漂う。

 そんな紫の効果を冬のパンツファッションに取り入れたい場合は、パンツ以外は落ち着いた色で統一し、とことん上品なスタイルに仕上げよう。チェスターコートなどと合わせた綺麗目冬ファッションには、こんなカラーコーディネートがぴったりだ。

 黒や紺などとはまた違う新鮮味のある色使いで、冬のパンツスタイルを楽しもう。

冬こそオールブラックコーデでスタイルアップ

出典:colin.se
 スタイルを良く見せる効果を持つ黒を取り入れるなら、スキニーパンツで相乗効果を狙うのがおススメだ。

 パンツだけでなく靴やコートにも黒を選ぶことで、一気に大人な印象が醸し出される。冬の落ち着いた雰囲気にもぴったりだろう。

 しかし黒づくめでは暗くなりすぎてしまうので、シャツなどでメリハリをつけるのも、このパンツファッションのポイント。

 大人めファッション初心者のメンズに「おススメする冬の簡単コーデは?」と聞かれればまず紹介したいのがこのブラックパンツスタイルだ。


 スタイルやシルエットが似たようなものでも、パンツの色使い次第で自分だけの冬ファッションを作りあげられる、ということがお分かりいただけただろうか?

 自分に似合わないと思うパンツカラーでも、コーディネートの工夫で見方は変わってくるかもしれない。冬こそ自分の気分を上げるカラースタイルを見つけ、外へ出かけよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する