1. ネイビーカーディガンの着こなしを豊富にラインナップ! 清楚もカジュアルもこれ一枚で実現可能に。

ネイビーカーディガンの着こなしを豊富にラインナップ! 清楚もカジュアルもこれ一枚で実現可能に。

出典:www.ikks.com
 日本で主にカーディガンを着るときと言えば、スーツを着るときや学生が制服を着るときに合わせる、というようなフォーマルなスタイルの場面に多いと言えるだろう。

 もちろん私服として用いる方もいるだろうが、カーディガン独特のかっちりした雰囲気を自分なりに上手に着こなしするのはなかなか難しく、どうしても似たようなカーディガン着こなしになってしまうのが実情ではないだろうか。

 そこで今回は、特にシンプルで綺麗目に見せることのできるネイビーカーディガンにフォーカスし、同カーディガンを様々に着こなしするためのポイントを紹介していこう。

①ネイビーカーディガンのカジュアルな着こなしにはデザインシャツを

出典:lookastic.com
 綺麗目のカーディガンをなるべくカジュアルに着こなしたい人におススメしたいのがデザインシャツだ。デザインと言っても派手柄シャツではなく、複数色のものや写真のようなグラデーションカラー程度のものが良い。

 ここではカーディガンの特徴である前のボタンをすべて開け、ほどよいカジュアル感を演出しよう。このとき下のシャツのボタンはあえて第一ボタンまで留めることで、だらしない着こなしになることを防ぐことができる。

 このカーディガンとシャツのメリハリのある着こなしにより、スニーカーやリュックといったカジュアルアイテムも上手に調和させることが可能だ。

 ここでは、スニーカーにも落ち着いたネイビーを、リュックには上品な革素材のものをなど、カジュアル感が行き過ぎないように他のアイテムの素材や色を工夫しよう。そうすることで、バランスが保たれたカーディガンの着こなしが可能となるのだ。

②思い切った柄シャツの着こなしにも万能なネイビーカーディガン

出典:lookastic.com
 ドット柄やギンガムチェックなど、シャツにも私服用の派手なデザインのものが存在する。そのような一見着こなしが難しそうな派手柄シャツと一緒に着こなしたいのがネイビーカーディガンだ。

 このカラーのカーディガンを合わせることで全体が締まるため、計算された着こなしになるのだ。カーディガンの落ち着いた雰囲気はファッション全体への影響力が強いため、派手色パンツを合わせてもバランスのとれたカーディガン着こなしとなるだろう。

 シャツやパンツの派手さによってファッションに軽率な印象が加わること危惧する場合は、ネクタイを合わせ、カーディガンのボタンはすべてしっかりと留めて調節しよう。

 しかしせっかくの柄シャツなので、襟もとだけでなく裾や袖からもシャツの柄を覗かせてファッションポイントにすることをお忘れなく。

 このような派手なのに浮ついていないカーディガン着こなしをすれば、あなたも周りからおしゃれ上級者だと認知されること間違いなしだ。

③シンプルおしゃれな着こなしにはワンポイントデザインのネイビーカーディガンが最適

 落ち着いたカーディガン着こなしを求めるあなたにおススメなのがこの上品なワンポイントデザインのネイビーカーディガンだ。カーディガンに通る白のラインが、暗くなりがちなネイビーカラーに爽やかさをプラスしてくれる。

 良い意味でカーディガン特有のフォーマル感が抜けるのがこのデザインカーディガンで、無骨メンズ風のブーツも気軽に合わせることができる。

 ありきたりな綺麗目の着こなしに飽きがきたあなたには、こういったカーディガンスタイルで、気の張りがちなカーディガン着こなしから解放されてみるのも手だ。力を入れずにおしゃれをする“エフォートレス”な着こなしが通だと言われる現代では、このようなカーディガン着こなしが最適かもしれない。

④定番スーツの着こなしにもネイビーカーディガンで清潔感を

出典:lookastic.com
 上で述べたように、スーツの典型的な着こなしアイテムがこのカーディガンだが、色合いを工夫すればこの定番カーディガンスタイルもファッション性の高いカーディガン着こなしとなる。

 単純に考えれば、どんな服のタイプも同系色で着こなしするのが常識だろう。つまり、写真のように茶色系のスーツには同じように茶色やベージュなどの同系色のカーディガンを合わせるのが一般的な着こなしだ。

 しかしここであえて、青色系統のネイビーカーディガンを合わせることで意外性のある配色の着こなしができる。ぱっと見ると気づかない程度の工夫なのだが、このカーディガンの色がマンネリ化しがちな配色に新しい風を吹かせてくれるのだ。

 さらに、ネクタイや靴下などの細かいところにカーディガンと同じ青系統の配色をすると、より全体のバランスがとれたカーディガン着こなしとなる。

⑤ツートーンのカーディガン着こなしでデザイン性をプラス

出典:iamgalla.com
 最後におススメしたいのは、他の人とかぶらないネイビーカーディガンを着たいあなたにおススメのカーディガン着こなしだ。

 珍しいツートーンのカーディガンはそれ一枚だけで自分だけの個性的なカーディガン着こなしを演出してくれる。白シャツにノーマルカーディガン、というテンプレートファッションを打破したいあなたには、ぜひとも複数色のカーディガンをお選びいただきたい。

 ネイビーカーディガンは基本的にどのような色にも合わせることができるので、パンツのカラーはあなたの好みにお任せだ。パンツの色に合わせて鞄や靴の色も様々に楽しむことができる。

 他と被らず、しかし柔軟性のあるこのカーディガン着こなしは、他にはない自分だけのネイビーカーディガンを見つけることで実現できるのだ。


 ここまで紹介した着こなしがすべてのカーディガンコーデの基本だ、とはもちろん言わない。しかし本記事を通して、ネイビーカーディガン一つ取っても様々な雰囲気の着こなしができるということを知っていただけたのではないだろうか。

 寒い季節に重宝できるカーディガンを用い、自分なりの着こなしを模索しておしゃれを楽しんでほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する