1. ダイニングテーブルのDIYは難しくなんてない:天板と脚をひと工夫して“オンリーワンの家具”に

ダイニングテーブルのDIYは難しくなんてない:天板と脚をひと工夫して“オンリーワンの家具”に

出典:www.decoist.com
 ダイニングテーブでほかの人と差をつけている人はなかなかいないだろう。筆者も様々な家にお邪魔してダイニングテーブルを見てきたが、あまり変わり映えはしないように感じる。違うのは色の種類などだろうか。

 毎日使うダイニングテーブル、DIYをして他の人とは一味違うダイニングテーブルにしたいものだ。今回は、ダイニングテーブルの天板と脚に分けて、それぞれのDIYを紹介する。

ダイニングテーブルをDIY! 天板のDIYで、机の印象をがらりとかえよう

ダイニングテーブルの天板を、つぎはぎの板にするDIY

出典:www.jshbzdl.com
 細長い板をきれいに組み合わせて、ダイニングテーブルの天板にするDIY。選ぶ板の種類や、つぎはぎ方によって、ダイニングテーブルの印象がまるきり違う。こちらは同じ大きさの板を、きれいに横に並べたものだ。シンプルなので、初めてダイニングテーブルのDIYをする方も、とりつきやすいのではないだろうか。

板のつぎはぎ方を工夫してみるDIY

出典:www.remodelaholic.com
 こちらのDIYは、色の違う板を持ち寄って、互い違いに板を敷き詰めている。天板を、多少細かいデザインにDIYをするなら、まず土台となる板を作り、その上から様々な板を張り付けていく方が、楽に作業を進めることができる。このDIYは、自分の美的センスを生かした天板作りができるだろう。

板と透明ガラスの合わせ技でさらにおしゃれな天板にするDIY

出典:www.remodelaholic.com
 少々難易度が増すが、このようなDIYもある。まず天板の枠を作り、その枠に合わせて板で模様をつくる。この時点では木枠の中に、スカスカの板のつぎはぎがあるだけある。さらにこの上に透明なガラスをはめることで、このようなDIY上級者が作ったような机が完成する。このダイニングテーブルが自宅にあれば、自慢できるかもしれない。

天板の形を工夫するDIY

出典:foter.com
 丸いダイニングテーブルは、数人でご飯を食べるときに全員の顔が見えやすく、コミュニケーションを取りやすい。この丸いダイニングテーブルを、板のつぎはぎを使ってDIYするには、少し工夫が必要だ。

 それぞれ長さの違う板を2枚組、または4枚組で作り、それを真ん中から同心円状に並べる。対角にある板の長さを等しくすれば、板はうまくはまるので、2枚組で板の長さを変えれば、楕円形の天板も作ることができる。

ダイニングテーブルをDIY! 脚のDIYでダイニングテーブルをより個性的に

まずはここから! DIY初心者でも取り掛かりやすい4本脚

出典:www.azoomer.com
 脚がしっかりしていないと、机が台無しになってしまう。DIY初心者のうちは、脚に色々こだわりすぎず、倒れないようしっかりとした脚を作りたい。特に自分で木材を切り出して脚を作るときは、傾きのないように注意したい。最初から同じ長さのものを4本買えば、失敗は少ないだろう。

 同じ4本脚でも、脚として選ぶ素材によって、ダイニングテーブルの強度や見た目は大幅に変わる。自分の部屋にあった脚となる素材を見つけたい。既製品に比べて、デザインの幅が広がるのは、DIYの強みである。

さらに強度を強く!見た目も強度もばっちりのDIY

出典:www.decorlove.com
 さらに脚の強度を高めたいなら、つけた脚同士をさらにつなげてみよう。このDIYでは、2本の脚を太い木材でつなげさらにダイニングテーブルを安定させている。こうすることで、足置きとしても使えるのではないだろうか。何もしていない4本脚のダイニングテーブルと比べて、見た目も安心感が増し、使いやすく感じるのではないだろうか。

脚を九の字にするDIY

出典:jimnastikhareketleri.com
 これこそDIYでならでは、ではないだろうか。2~4本脚のダイニングテーブルが多い中、このような脚が九の字になっているダイニングテーブルはあまりお目にかからない。バランスをとるように設計するのは簡単ではないが、このダイニングテーブルをDIYで作ることができたら、なかなかの達成感を味わえるだろう。見た目もスタイリッシュである。

既成の脚でダイニングテーブルが手軽に、おしゃれに変身するDIY

出典:jimnastikhareketleri.com
 せっかくDIYするなら、とびきり個性的なものにしたい、という方はこのDIYをおすすめする。大型のホームセンターに行くと、様々な種類の脚が売っている。その中で、自分の気に入ったものを見つけ、天板に取り付ける。これだけで、個性的なダイニングテーブルが誕生する。手軽なDIYとして、是非トライしてみてほしい。
 

 毎日変わり映えしないダイニングテーブルに飽きてきた、という方は天板か脚だけでもDIYを実行してみれば、ダイニングテーブルの雰囲気がだいぶ変わるだろう。もちろん、天板も脚も自分好みのものを、という方は今回の記事を参考にしてどちらも一新してしまうのもおすすめだ。

 DIYのよさは、技量に応じて自在に細かく、自分の部屋や気分にインテリアを合わせることができる点である。DIYをしたいと思っている方は、是非ダイニングテーブルのDIYに挑戦してみてほしい。なかなか大きい家具なので、達成感が味わえるだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する