1. ホームシアター入門者が購入すべき「3種のマストアイテム」:自宅を映画館にする魔法の家電を入手せよ

ホームシアター入門者が購入すべき「3種のマストアイテム」:自宅を映画館にする魔法の家電を入手せよ

出典:audiodimensions.net
 自分の家にホームシアターがある、という人は少数派だろう。もしも、自宅にホームシアターがあったらどうだろうか――。迫力ある映像や音質で、映画やドラマ、アニメを見ることができる。しかも、自分の家で。ホームシアターは、自分だけの小さい映画館だ。気軽に映画館に行ったような満足感を得られるホームシアターは、映画やテレビ好きなら一度が憧れるだろう。

 しかし、そもそもホームシアターとは具体的にはどのようなものなのだろう。おすすめのホームシアターは? 自分の家でもできる? ホームシアターを始めるにあたっては、疑問がたくさん浮かんでくると思う。この記事を、ホームシアターへの入門として参考にしていただけると嬉しい。

ホームシアター入門①:ホームシアターとはどのようなものなのか

出典:www.homedressing.net
 ホームシアターは、大画面テレビやスピーカーを設置し、自宅に映画館のような空間を作り出すことができる。迫力ある映像と立体的なサラウンドサウンドで、映画・音楽・スポーツ・テレビを楽しめるのだ。

 サラウンドサウンドとは、その名の通り自分の周りを囲むようにスピーカーが配置されているもので、圧倒的な臨場感を体感することができる。この臨場感こそが、ホームシアターの醍醐味である。

 ホームシアターに必要なものは、映像をうつせるプロジェクター(テレビでも可)・サウンドシステム・再生プレーヤー。主にこの3つだけである。特にホームシアター入門者がとっつきやすいものは、これらが最初からセットになっているものだ。一からそろえる必要がなく、ホームシアターへの入門に最適である。

ホームシアター入門②:これがあれば自宅が映画館に! ホームシアター入門時に欠かせないモノ

ホームシアター入門アイテムその1:プロジェクター 

出典:www.inhouseav.com.au
 ホームシアターといえば、スクリーンにプロジェクターの映像を映して、大画面・大迫力で映像を楽しむ、というイメージがある。もちろんそうであるが、しかし、スピーカーやアンプなどといったホームシアター機器と接続できれば、手持ちのテレビでもホームシアターを楽しむことができるのだ。ホームシアター入門者には、こちらの方が手軽で始めやすい。

 また、あまりに大きなものだと、逆に映像の粗さが目立ってしまうこともある。そこで画質のいいプロジェクターを、となると高価なものになる。それならば、少し良いテレビを買ってホームシアターを楽しむというのも手だ。大画面のハイビジョン対応薄型テレビなら、きれいな迫力ある映像を楽しむことができる。

 もちろん、プロジェクターとスクリーンが設置できたら最高である。これぞホームシアターだ。プロジェクターは、「液晶」と「DLP」という二つの投影方法がある。液晶は明るい映像をマルチに楽しむことができる。一方、DLPはコントラストがはっきりした比較的落ち着いた映像を見ることができるのだ。

 DLPは、人によっては映像に虹のようなものが見える現象が起こる。価格も映像も、選ぶなら液晶タイプを選んだ方が無難だろう。

ホームシアター入門アイテムその2:サウンドシステム

出典:www.ebay.com
 このサウンドシステムは、ホームシアターの要となるものだ。ホームシアターの臨場感を出すのは、このサウンドシステムである。ホームシアターの予算を左右するのも、サウンドシステムであると言えるかもしれない。

 まず、ホームシアターの王道といえるのは、上の画像のような5.1サウンドシステムだ。全部で6つのスピーカーを左右前後に設置しする。音の立体感、映像を見るときの臨場感は、やはりこの5.1サウンドシステムが抜群に良いだろう。しかし、場所や予算が他のものと比べて負担が大きいことは否定できない。

 5.1サウンドシステムには手を出しにくいなと感じた、入門したての方でも大丈夫。最近は、“ラックサウンドシステム”や“フロントサウンドシステム”といった、1つから2つ程度のスピーカーで、サラウンドサウンドのように臨場感のある音を楽しめるものもある。設置などもこちらの方がラクなので、ホームシアター入門者の方には、特にこちらをおすすめしたい。

ホームシアター入門アイテムその3:再生プレーヤー

出典:www.bhphotovideo.com
 これは、すでに持っている人も多いかもしれない。テレビやプロジェクターに映像を流すときに必要な「ブルーレイ・DVDレコーダー」だ。映像を見るためには必ず必要なものなので、ホームシアターを始めるにあたり、持っていないならまずこのプレーヤーを手に入れたい。ホームシアターへの入門に際し、まずマストなアイテムといえる。

ホームシアター入門③:おすすめしたいホームシアター製品

スピーカーで場所をとらないのに音質は最高:ヤマハ 5.1ch YSPシリーズ SRT-1000(B)

出典:www.amazon.co.jp
 スピーカーの数が少ないサラウンドシステムのなかで、トップクラスの音質を誇る。機器は、テレビの下に直接設置する1つだけ。テレビ周りに溶け込む、スタイリッシュなデザインだ。

 また、Bluetoothにも対応しており、お手持ちの電子機器から、音楽や映像を飛ばして楽しむことができる。

 また、最適な音が楽しめるエリア・スイートスポットが広いのも、この製品の特長だ。手軽だが、映像や音楽を楽しむのには文句なしのホームシアター機器である。入門者にもぜひおすすめしたい。

何でも快適に鑑賞できるマナーモード搭載:Pioneer 5.1ch サラウンドシステム HTP-S363

出典:www.amazon.co.jp
 こちらはスピーカーが6つついた、5.1サウンド。360度から音が聞こえ、音に包まれる臨場感を体感できる。スピーカーの多い機器は、場所をとって負担になるが、このモデルはスピーカーがとてもコンパクトに作られており、部屋の雰囲気を邪魔しない。

 このホームシアター機器をおすすめしたい理由に、“マナーモード”という機能がある。

 「音の迫力はキープしたまま低音や振動を軽減させる」ものが一つ。もう一つは、「二つのスピーカーからの音をゼロにすることで、声が聞き取りやすくする」ものだ。前者は映画鑑賞、後者はバラエティや報道番組に最適である。
 
 工夫満載のこのホームシアター機器は、ホームシアターに入門したてでも、本格的にホームシアターを楽しみたい人に是非おすすめである。


 ホームシアターを始めるとなると、色々と面倒なことが多いイメージだが、想像より気軽に楽しめそうではないだろうか。まずホームシアター入門者は、お手持ちの機器で使えそうなものはそのまま利用し、少しずつホームシアターに必要なアイテムをそろえていきたい。テレビやブルーレイ・DVDレコーダーなどはそのまま使える。

 ホームシアターの醍醐味は、映像を見ながら臨場感を味わえることである。サウンドシステムは、直接お店に出向いて自分の耳で体験しても良いかもしれない。実際に体験してみると、よりホームシアターに対する情熱が沸き起こるかもしれない。是非、自分の満足いくホームシアターを作り上げてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する