1. クレジットカードのスキミング対策は怠るな! 持っていて安心なスキミング防犯グッズを紹介。

クレジットカードのスキミング対策は怠るな! 持っていて安心なスキミング防犯グッズを紹介。

by ♔ Georgie R
 海外や国内でも未だに被害者を出しているスキミング被害。年々、カードの性能が上がっていくと共に、スキミングの手口も巧妙になっていっており、まさにいたちごっこである。

 スキミング被害にあわないためには、どのようなことに気をつければ良いのだろうか? 今回は、魔の手から自分のクレジットカードを守る方法をご紹介したい。

そもそも、スキミングって何?

 スキミングとは、クレジットカードなどの磁気情報を取り出すことだ。磁気情報を取り出しても、クレジットカード自体には外見上なんら変化は見られないため、被害者はクレジットカードの請求がクレジットカード会社から来るまで気づきにくいことが難点だ。

 スキミングの餌食となるカードは主に、キャッシュカードやクレジットカード。これらを狙って、国内外の様々なところに被害の種が潜んでいる。例えば、ATMのカード挿入口にスキミングの機械(スキマー)が取り付けられていたり、商業施設の店頭に置いてあるクレジットカード読み取り装置にスキマーを取り付けていたり……。スキマー自体が目立たない機械だけに、気づかない場合の方が多いのも確かだ。

 このように、クレジットカード自体、そしてスキマー自体に気づかないため、クレジットカード悪用被害は絶えないものとなっている。

クレジットカードのスキミング対策法

by reynermedia
 自分のクレジットカードを守るにはまず、暗証番号をしっかり管理することだ。誰にも教えてはいけないし、もちろん自分の誕生日の数字を暗証番号にすることなどしてはいけない。クレジットカードの暗証番号を定期的に変更することも、面倒くさがらずにした方が良い。

 クレジットカード自体の利用額に上限をつけることも1つの対策方法だ。際限なく利用出来るカードは危険である。

 しかし、クレジットカードの場合は暗証番号がなくとも不正利用が可能な場合もあるため、第三者に支払いを頼むことは御法度だ。

 面倒くさいと思うかもしれないが、カードの明細はこまめにチェックしよう。最近はアプリで使用履歴と使用上限の残高が見れるのでとても便利だ。

 海外では、人が混み合う場所が格好のスキミングのポイントになる。そのためなるべく人ごみでは、次に紹介する「クレジットカードのスキミング防止グッズ」を利用すると良いだろう。

クレジットカードのスキミング防止グッズ

 自分のクレジットカードを守るためにも、海外出張や海外旅行に行く際には、防犯グッズを持って行こう。これらがあれば、多少の気休めにもなるはずだ。

スキミング防止カード

出典:www.amazon.co.jp
 このスキミング防止カード1枚で、クレジットカードなどを両面で2枚守ることができる優れもの。SuicaやEdyでも利用することができる。

スキミング防止パスポートケース

出典:www.amazon.co.jp
 一見普通のパスポートケースだが、パスポートだけでなく、海外紙幣、航空券、クレジットカードもひとつにまとまり、財布としても利用出来る。さらに、スキミング防止であるため、慣れない国にいても安心だ。

スキミング防止ネックポーチ

出典:www.amazon.co.jp
 こちらもスキミング防止のポーチだ。パスポートもクレジットカードも入れられ、首から下げることができるため、安心感がある。この製品は、直接触れない非接触型のスキミングのみ有効であるため、注意が必要である。


 スキミングは他人事ではない。クレジットカードが悪用されてからでは遅いのだ。自分のクレジットカードを守るためにも、スキミング防止のための抜かりない対策が必要だ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する