1. 男なら誰もが羨む、洗練された5つの「デザイン腕時計」:珠玉のデザインが施された腕時計をご覧あれ

男なら誰もが羨む、洗練された5つの「デザイン腕時計」:珠玉のデザインが施された腕時計をご覧あれ

出典:forums.watchuseek.com
 世界では、今この瞬間にも様々なデザインの腕時計が次々と誕生している。現代は、自分好みのデザインの腕時計が必ずといって良いほど見つかる時代だ。

 本記事ではご紹介するのは、世界各国のデザイナーたちが生み出す斬新で個性豊かな5つのデザイン腕時計。従来の腕時計の見られない革新的なデザインを、是非ご堪能いただきたい。

 普遍的なデザイン腕時計では満足出来ない、なんてこだわりの強いメンズに、普段使いは勿論特別な日の装いなどにもおすすめしたい「デザイン性豊かな腕時計たち」をご紹介していこう。

“究極のデザイン”を突き詰めた腕時計

POS STOCK(ピーオーエスストック) の腕時計

出典:www.dezeen.com
 デザインを突き詰めた人々が行き着く先、その一つに「シンプルさ」というのがある。まず皆さんにご紹介したいのは、この至ってシンプルなデザインの腕時計だ。

 現在のトレンドである大きな文字盤とは逆行した中世的なデザインが特徴のこの腕時計。原点回帰とも言うべき、腕時計本来の役割だけを純粋に担うシンプルなデザインになっている。

 シンプルなものは、生活にも上手く馴染むもの。毎日身に着けられるシンプルなデザインで、クラシックスタイルの信頼できる腕時計として評価が高い。

 “大人”にこそふさわしい、究極的にデザインされた一本である。

デザインが、腕時計に上質さと独自性をプラスする

KITMEN KEUNG(キットメンケウン)の腕時計

 限定感のあるデザインの腕時計を目指し、上質さと独自性を求めるメンズの心を満たすデザインを提供しているこの腕時計。

 この腕時計は、時計としては直接的かつシンプルでありながらも、ユーザーの解釈によってさまざまな表情を見せる、抽象的なデザインの仕上がりとなっている。

 デュアル時計としてデザインされたこの腕時計は、一方が影のような存在を持ち、無意識的に遠く離れた大切な人の存在をそっと思いださせてくれるようなデザインの腕時計。

 この腕時計も、ファーマルなスタイルは勿論、カジュアルなスタイルにも使える逸品だ。

腕時計の常識を逸脱するデザインが魅力の一本

URBAN OUTFITTERS(アーバンアウトフィッターズ)の腕時計

 腕時計は、時間をいつでも素早く確認できる便利なアイテムだが、手元のお洒落も楽しめるという一石二鳥のアイテム。

 誰もが同じようなデザインの腕時計をつけている中、異質なデザインの腕時計を身につければ、手元の存在感が大いに増すことだろう。

 角度のある文字盤デザインがなんともお洒落なこの腕時計。常識からの逸脱は、一歩間違えればただの非常識なデザインとなってしまう。

 ここでも、究極的なシンプルさがデザインに活かされているのだ。デザイナーのセンスに脱帽である。

稀に見る上質なデザインにさりげない遊び心が映える腕時計

CHRISTOPHE CLARET(クリストフクラーレ)の腕時計

 写真の腕時計は、一見無機質な印象を受けかねないデザインだ。だがよく見てみると、文字盤にトランプがデザインされており、上質さの中にさりげない遊び心が施された腕時計となっている。

 この腕時計にデザインされたトランプは「この小さなスクリーン上でポーカーが実際に楽しめる」というメンズの遊び心を最大限に満たすことのできる腕時計でもあるのだ。

 デザインにも遊び心にも妥協をしたくないメンズにおすすめしたい腕時計だ。

腕時計の中に星空がデザインされた、高級感漂う珠玉の一本

PATEK PHILIPPE(パッテクフィリップ)の腕時計

 光り輝く星がデザインされたラグジュアリーな腕時計で高級感あるスタイルに。

 写真の腕時計は、宝石を散りばめたようなデザインで星空を演出している。

 ボディにゴールドをメインにデザインすることで、高級感のある雰囲気に仕上げ、レザーベルトとの相性も良く見目麗しいルックスになっている。

 現在日本で手に入るのはホワイトゴールド(シルバー)の腕時計のようだが、色が変わったとしても溢れ出る気品には全く持って差異がない。

 星空にロマンを持っている貴方に、おすすめしたい腕時計である。


 「デザイン」と一口にいっても、その方向性は多種多様だ。男の遊び心くすぐるデザインや、常識から逸脱した新たなデザイン、究められたシンプルなデザイン......。

 機能にばかり気が向きやすい腕時計こそ、デザイン性への注目を高めてもらいたい。なぜなら、言わずもがな世界にはご紹介した腕時計以外にも数えきれないほどのデザイン時計が存在するからだ。

 あなたにとって“至極の一本”となる腕時計は、その腕時計たちの中に眠っているかもしれない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する