1. 「95%の時間は、“基本”に使え」:プロ経営者・新浪剛史氏の名言から触れる、トップ経営者の目線

「95%の時間は、“基本”に使え」:プロ経営者・新浪剛史氏の名言から触れる、トップ経営者の目線

出典:tokyo2020.jp
 三菱商事から43歳の若さでローソン社長へと転じ、2014年にはサントリーホールディングス代表取締役社長に就任して日本中を驚かせた新浪剛史氏。創業家以外の経営トップ就任は、サントリーにとって初めてのことだったという。

  新浪氏はハーバード大学経営大学院(MBA)を修了しており、安倍政権では産業競争力会議の民間議員も務めている。また、オリックス、アクセス、三菱自動車の三社で社外取締役を務めるなど、まさに日本を代表するプロ経営者の一人と言っていいだろう。

 大企業の中核で経営者として働く新浪氏だが、複数回の転職を重ね、なおかつ同時に複数の職務をこなすビジネスプロフェッショナルだ。

 最強のビジネスノマドとも言える新浪氏の考え方から学べることも多いはず。

長期的な展望では取り残される新しい日本社会

僕たちは今、非常に「短期」のサイクルの中で生きている。

出典:新浪剛史 ローソン社長

出典:www.amazon.co.jp
 これはローソン社長時代の2013年の言葉だ。

 元来、日本の企業社会は長い目で世の中に尽くすという考え方があったが、現在は欧米の「短期」的な仕組みに組み込まれてしまったというのが新浪氏の見解。

 企業の社員たちも、長期的な展望で会社のために働くという考え方があったが、世の中自体が変化していることに注意しなければいけない。上の世代が語っている企業社会の感覚のままでいると、取り残されてしまう可能性があるということである。

 新浪氏の活動の履歴を見ると、「短期」のサイクルを意識していることがよくわかる。

プロ経営者でも、時間の95%は「基本の徹底」に使う

自分の時間の95%は、基本の徹底に使っていた

出典:新浪剛史 ローソン社長
 業績が落ち込んでいたローソンの社長に就任し、「ナチュラルローソン」などの新機軸を推進したり、海外進出の基盤を作り上げ、コンビニの世界に新風を吹き込んだ新浪氏。

 マスメディアを通じて、華々しい活躍や新しい派手な取り組みが注目されることも多いように感じられるが、実はそういったことは「ほんの5%もない」と明かしている。

 競争相手に「派手なことをやっているな」と思わせておきながら、実は95%は基本の徹底に費やしていたというのだ。

 ビジネスノマドといえども、仕事の基礎を固めることはとても重要だということだ。

同じ議論をしていても成長はない

面白い発想をしていく上では、違う発想の人たちを迎え入れることが重要なんです

出典:新浪剛史 サントリー社長
 これはサントリー社長就任が決まっていた2014年の言葉だ。

 ローソン時代、新浪氏が大切にしていた考え方の一つが「ダイバーシティ(多様性)」。折に触れてダイバーシティの重要性を説いていた新浪氏は、自社の取締役会の過半数を社外取締役にしていた。取締役会の中でダイバーシティを保ち、成長のための活発な議論を呼び起こすためだ。

 新浪氏は「いつも成長しなければいけないが、同じ議論だけでは成長できない」とも語っている。社外取締役をはじめとした、外部からの刺激、または異なる意見をどんどん取り入れることで、ローソンの業績は伸び続けていったのだ。

 自由に働くビジネスノマドは、フリーランスという立場であるほど、他人の異なる考え方を拒絶してしまいがち。自分自身が一国一城の主で、他人の意見や考え方を取り入れる必要がないからだ。

 しかし、それでは成長は止まってしまい、面白い発想も生まれない。新しい環境に飛び込み、多様性のあるところで仕事をすることが、ビジネスノマドの醍醐味だと思う。

 また、自分が「違う発想」の持ち主として歓迎されるためにも、流行や社会の流れに身を任せるばかりではなく、自分の意見や考えをしっかりと持っていたいものだ。


 一方で、企業が外部人材の発想を取り入れたオープンイノベーションのために、ビジネスノマドを活用する事例も増えつつある。

 社外で、かつ多くの企業の経験をもち、新しい発想や事業に常に触れている複数企業で働く人材を、新規事業のディスカッションパートナーやブレインストーミングに活用するのは、 極めて有効な外部人材活用の考え方といえるだろう。


【Business Nomad Journalのおすすめ記事】


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する