1. 「なぜ高級時計は中古で買うべきなのか?」 高級時計バイヤーが語る、今“買い”な高級腕時計

「なぜ高級時計は中古で買うべきなのか?」 高級時計バイヤーが語る、今“買い”な高級腕時計

  前回、「なぜ不景気でも、高級時計は売れるのか?」と題して、10年以上の高級時計バイヤーとして活躍し、現在はブランド品オークション「スマオク」を運営するザワットの本島大介氏にお話を伺ったが、今回は「なぜ高級時計は中古で買うべきなのか?」と題した連載企画第二弾をお届けする。

  高級時計を中古で買うべきとは――。そして今、高級時計を買うなら、いったいどのモデルがおすすめなのか。高級時計バイヤーである本島氏の意見は、まさに生の(リアルな)現場の声であり、トレンドであるといえる。

  では、今回も皆様を高級時計の世界へ誘うとしよう。

高級時計バイヤーが語る、「今、高級時計を買うべき理由」とは

――高級時計に関してですが、なぜ、今買うべきなのでしょうか

  そもそも、高級時計を買うということは、株式投資にも通ずる部分があるのです。

――株式投資……ですか?

  もちろん、純粋に「高級時計が欲しい!」という理由で高級時計を購入されるのもいいですが、それはもちろん、「今、買うべき理由」ではないです。

  例えば、ロレックスを例に挙げたいのですが、ロレックスはここ一年で最も安く購入できる時期にあります。ロレックスの他にも様々なメーカーの商品が、今は一年の中でも稀なほど安く購入できる時期になっているんです。これには中国の株価暴落など、様々な世界情勢が原因となっていますね。

――その他に今、高級時計を買うべき理由はありますか?

  今後、高級時計業界での動向としては、2020年の東京オリンピックが注視されていますね。2020年の東京オリンピックによって、高級時計の値段はこれから高騰する可能性があると考えられています。これも、今高級時計を買うべき理由として挙げられますね。

買うべきおすすめ高級腕時計 [トレンド編]

  ここからは、本島氏がおすすめする今ホットな高級ブランド時計をご紹介していこう。資産価値や希少性、人気など多角的な視野から本島氏が厳選した、珠玉の高級時計たちである。

Cartier(カルティエ):カリブル ドゥ カルティエ ダイバー

出典:www.amazon.co.jp
 カルティエ初のダイバーウォッチとして一昨年に発表されたモデル。サッカーの本田圭佑やジョニーデップなどのセレブも愛用している人気のモデルで、男らしい露骨なデザインが人気。

Hublot(ウブロ):ビックバン

 今、ファッション雑誌などで最もよく見かけるのがこのウブロ。最近では欧州サッカーのタイムボードなどにも、ウブロの広告は使われているほど。大きめのフェイスにしっかりとしたケースで、男らしさを感じられるモデルとなっている。

 本島氏によれば、ヤンキースの田中将大選手やサッカーの香川真司選手なども愛用しているモデルなんだとか。

FRANCK MULLER(フランクミュラー):カサブランカ

 デザイン性で人気の高い一本。男女問わず人気の時計で、ペアウォッチも多いため、カップルでもオススメ。絶頂期に比べると人気は落ち着いてきているらしいが、本島氏によればまだまだ人気の高い時計だという。相場も一時よりは比較的安くなっていて、まさに「今が買い」の時計だ。

 しかし、本島氏によれば、男性のモデルの資産価値はあまり高くないらしい。理由は、あまり良い機械を使ってなく、デザイン性が高いためだとか。資産価値には十分に注意しておこう。

高級腕時計は、なぜ中古で買うべきなのか?

――なぜ、高級時計は中古がオススメなのでしょう?

  中古の高級時計は、磨き等も含めメンテナンスが出来るんですよ。また、中古で買っても新品で買っても、売るときの値段は変わらないので、中古で安く買っておいた方が得なんです。

  新品は1回でも使ったら中古になってしまうので、資産価値が下がらない高級時計を新品で買うのはまだいいですが、下がりやすいものであれば、中古で買わないとだいぶ損をしてしまいます。

  あと、正規品と並行品の区別はしっかり付けておいた方がいいですね。このふたつ、モノは一緒なんですが、国による価格差を利用していたり、並行品は流通に買い付け業者が入っていたりします。

  あとは気持ちの問題ですかね(笑)。中古じゃ嫌だ、というお客様も少なくはありませんし。

買うべきおすすめ高級腕時計 [定番モデル編]

ROLEX(ロレックス):エクスプローラーⅠ

 「シンプルイズベスト」とは、まさにこの時計のこと。シンプルだが高級感のあるデザインが、大人の男の品格を高めてくれる。

 主張が強くないので、ファッションの邪魔もしない。スーツにも私服にもぴったりの一本。ロレックスの中では安めのスポーツラインモデル。

 98年くらいにSMAPの木村拓哉さんがドラマでつけていたことから、一気に人気が出たモデルでもある。だいたい新品で60万ほど、中古で50万ほどである。

ROLEX(ロレックス):エクスプローラーⅡ

 エクスプローラーⅠよりも男っぽく、二カ国の時間が知れたり日付が知れたり、機能性が高くなっているのがエクスプローラーⅡだ。アメカジやスーツのどちらにでも合う一本。

 エクスプローラー・シリーズは、「冒険家」をモデルに作られている。様々なシーンで時計は使うので、どのシチュエーションでも使えるシンプルさが求められるのだ。

TAG HEUER(タグホイヤー):カレラ

 クロノグラフモデルの中で、男性に人気がある一本。じわりじわりと人気が上がってきている時計。比較的低価格帯で、初めての機械式時計を買うという方にはもってこいのモデルだ。

OMEGA(オメガ):スピードマスター プロフェッショナル

 まず高級時計を買うなら、これ!という王道中の王道モデル。最近、型番が変わって長いものになったので注意。

 オメガは、常に安定した人気ではあるが、ここ最近ではさらに人気が上がっているため、今の内に購入しておくのがオススメだ!


  今回は連載企画第二弾として、「なぜ高級時計は中古で買うべきなのか?」と「今“買い”な高級時計」を、高級時計バイヤーであったスマオク・本島氏の解説も踏まえながらご紹介した。高級時計が持つ真の魅力に、あなたも気付き始めたのではないだろうか。

  買い物とは、偶然との出会いだ。買い物に必然はない。今、自分の意思に逆らって高級時計を買わないことーー。それは偶然を、自ら手放しているのと変わりないのだ。自分の気持ちに正直に、高級時計という買い物を今一度、吟味してみて欲しいところだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する