1. 「眉毛の整え方が分からない」メンズ必見! 自分に似合うカタチを作る、“整え方の基礎知識”

「眉毛の整え方が分からない」メンズ必見! 自分に似合うカタチを作る、“整え方の基礎知識”

by Lucas Possiede
 美しい女性のことを表す言葉といえば「容姿端麗(ようしたんれい)」。対して、容貌が優れた美しいメンズを表す言葉は「眉目秀麗(びもくしゅうれい)」と言うのだそうだ。

 「眉目秀麗」という言葉にある通り、メンズといえども眉毛や目は顔の印象を決めるのにはとても大事な部分。とはいえ整形手術でもしなければ変えようがない目は別として、眉毛は少し整えるだけで清潔感や爽やかな印象へとガラリと変えることができるのだ。

 そこで、世のメンズ諸君に是非紹介したい、眉毛を整える前に知っておきたい「かっこいいメンズ眉毛にするための基礎知識」と、簡単に印象を変えられる「眉毛の整え方」をお伝えしよう。

かっこいいメンズ眉毛にするための基礎知識

 まずは、メンズが押さえておきたい眉毛の基礎知識から。女性は眉毛の整え方とともに、メイクで大きく眉毛や目元の印象を変えることができる。

 だが、世の中のほとんどのメンズは、メイクで眉毛や目元の印象を変えるという方はいないだろう。そのためメンズは眉毛から受ける印象を知ることが大事なのだ。

眉毛の位置と目のバランス

 メンズが眉毛から受ける印象を知る上での基礎知識として、眉毛の位置と目のバランスから説明しよう。この二つは動かしようがない顔の部位でもあるが、眉毛の整え方次第では、ある程度印象を変えることもできる。

■眉毛の位置と目が近い場合
 眉毛の位置と目が近い場合、男らしく目力がアップした印象を与える。彫が深く見え、いわゆる“外国人顔のメンズ”といえばわかりやすいかもしれない。

■眉毛の位置が目と遠い
 中性的で優しくあっさりとした印象を与える。いわゆる“しょうゆ顔のメンズ”と言われ、典型的な日本人のメンズに多い顔立ちだ。

眉毛の濃さ、太さ

 ここでいうメンズの眉毛の濃さ、太さとは、“眉毛が伸び放題でモジャモジャ”という意味ではなく、眉毛を整えたことによって受ける印象の違いだ。

■濃く太い眉毛のメンズ
 濃く太い眉毛のメンズは、目力も強く野性的な印象を与える。ただし、太すぎると野暮ったさが出てしまう恐れもあるので、濃くて太いながらも気持ち梳いてカタチを整え、清潔感を出した方が女性ウケもするはずだ。

■薄く細い眉毛のメンズ
 薄く細い眉毛のメンズは、シャープで中性的な印象を与える。ただし、あまりにも薄く細くしすぎると、ヴィジュアル系やヤンキー系などの印象を与えてしまうので、それらを求めていないメンズには“ほどほどの濃さの眉毛”をおすすめしたい。

眉山の位置とカーブ

 「眉山」とは、眉毛が顔の中央から側面に向かっていく過程で一番おでこに近づく“眉毛の頂上”部分のこと。

 メンズが眉毛を整える上で一番重要、かつ最も整え方が難しいのが眉山だろう。そのため眉山の位置が少しズレるだけで、見た目の印象も大きく変わる。

■眉山の位置
 「黒目の外側」から「目尻(目の外側の線)」の間の延長線上に眉山を置くのが、現在のメンズの流行だと言われている。

■眉山のカーブ
 眉山のカーブがきついと力強く凛々しく、カーブがなだらかだと柔らかい印象を与える。現在のメンズの流行は、“自然ななだらかさ”だと言われている。

眉頭と眉尻の位置

 「眉頭」とは顔の中央部分の眉毛が始まるスタート位置。それに対して「眉尻」とは、眉毛が顔の側面に向かっていったゴール地点。

 眉ペンなどのメイク道具を使わないメンズの場合、眉頭と眉尻の位置の整え方は眉毛の量で左右されてしまう。あくまで基準となる一般的なメンズが行っている眉頭、眉尻の位置、整え方を紹介したい。

■眉頭の位置
 「小鼻(鼻のふくれた部分)」から「目頭(目の内側の線)」の間の延長線上にあるのがベスト。

■眉尻の位置
 「目尻」より気持ち外側の位置。この時眉尻は、眉頭より少し上の位置にするのが今のメンズの流行と言われている。

簡単に印象を変えられるメンズの眉毛の整え方

出典:www.gmclife.com
 眉毛の整え方を知らないメンズが、一番てっとり早いのは他人にやってもらうこと。最近では美容室などでも、メンズの眉毛を整えるオプションがあったりもする。

 とはいえ毎回美容室に行ったり、知人に整えてもらうわけにもいかない。そういう場合はやはり自分で行える整え方を知るべきだろう。

 メンズが自分で眉毛の整え方を知る場合は、まずは眉毛を整えるグッズを取り揃えることからだ。

メンズが眉毛を整える三種の神器「眉毛ハサミ」「眉毛ブラシ」「毛抜き」

出典:guide.alibaba.com
 レディース用ならずとも、メンズ用の「眉毛ハサミ」、「眉毛ブラシ」、「毛抜き」がセットで売られていることはご存じの方もいると思う。コンビニやドラッグストア、100均などでも購入可能だ。

眉毛を整えるのに慣れているメンズには「眉毛シェーバー」がおすすめ

出典: Amazon.co.jp
  また、メンズ・レディース兼用の「眉毛シェーバー」もおすすめだ。コチラは使い慣れるのに少し時間がかかるが、何より痛みがなく簡単に眉毛を整えられるメリットがある。

 それではこれらグッズを使ってメンズの眉毛の整え方を説明していこう。

メンズの眉毛の整え方① 理想の眉毛のカタチを考える

 まずは、「かっこいいメンズ眉毛にするための基礎知識」で紹介した理想的な眉毛のカタチをイメージ。髪型を決める時と同じように有名人などの眉毛を参考にするのもアリだ。

メンズの眉毛の整え方② 眉毛の周りの不要な部分をカット

 毛抜きやシェーバーを使って、眉毛の周りのうぶ毛や眉間の毛など不要な部分をカット。この時、後々に整えることを考えて、眉頭や眉尻の不用意なカットのしすぎには注意。

メンズの眉毛の整え方③ 眉毛の全体の量を調節

 眉毛ハサミと眉毛ブラシ、または眉毛シェーバーの梳き機能を使って眉毛全体の量を調節。短くカットすぎると取り返しがつかないので注意。

メンズの眉毛の整え方④ 眉下、眉上を切る

 眉毛のバランスを整えるためにはカットしていく順番も大事だ。眉山からいきなりカットしようものなら、眉毛全体のバランスも崩れやすくなるので注意。「眉下」→「眉上」の順にカットしていくことでバランスよく眉毛を整えられる。

 さらに、「眉下」、「眉上」をカットする時にも、以下の順にカットすることで失敗しにくい眉毛の整え方になる。「眉下」と「眉上」とでは若干順番が違うので注意していただきたい。ちなみに「眉山」を整えるのは最後の仕上げだ。

【眉下】:「真ん中」→「眉頭」→「眉尻」

【眉上】:「眉尻」→「眉頭」→「眉山」

メンズの眉毛の整え方⑤ 眉毛のカーブを微調整

 眉毛全体のバランスを見て、眉毛のカーブ周辺を微調整。ここでも眉毛ハサミや眉毛シェーバーを使用するのもいいが、失敗がない安全策を取るならば、毛抜きで地道に整えることをおすすめしたい。

メンズの眉毛の整え方⑥ 左右対称の眉毛になっているか全体を微調整

 左右の眉毛を見ながら整えるのはもちろんなのだが、最後に左右対称の眉毛になっているか確かめながら全体を微調整して完成。

メガネをしているメンズが注意すべき眉毛の整え方

by Curtis MacNewton
 普段からファッションでメガネを使用するメンズも多いだろう。いくらお気に入りのデザインのメガネを選んだところで「しっくりこない」、そう感じた時は案外、眉毛とメガネのバランスが悪かったりもするのだ。

 そこで、メガネメンズのための、メガネと眉毛のバランスについて簡単に説明したい。

■眉頭の位置はレンズのもっとも内側の位置と同じか、やや外側になるようにする。

■眉頭がフレームに少し重なるか、もしくは眉頭から眉山に向かっていく序盤のアウトラインとフレームがなるべく平行になると自然な印象を与える。

■眉山のもっとも高いところから瞳の中心までの距離は、同じく瞳の中心からフレーム下端までの距離より、気持ち長い方がバランスがよい。

プロが教えるメンズの眉毛の整え方

 ここまでメンズの眉毛の整え方を紹介してきたが、文章ではどうしても伝わりずらい部分があっただろう。以下は、プロによるメンズの眉毛の整え方を紹介している動画だ。参考までに一度ご覧になっていただきたい。

 
 眉毛は整えたら終わりではなく、化粧水や保湿などその後のケアも忘れずに行っていただきたい。また、ヒゲと同様にメンズの身だしなみの一つとして日頃の手入れも大切。目安としては、1週間に1回程度の眉毛の手入れを行えれば、清潔感ある爽やかな好印象なメンズとして見られるはずだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する