1. メンズの手元をおしゃれにする“ブレスレット”の付け方。色のバランスとボリューム感でキメろ!

メンズの手元をおしゃれにする“ブレスレット”の付け方。色のバランスとボリューム感でキメろ!

出典:blog.trashness.com
 このところ、アクセサリーを上手に活用しおしゃれを楽しむメンズが増えている。その中で、男らしい魅力を引き出してくれるアイテムの一つとして、多くのメンズに愛用されているのが「ブレスレット」。ブレスレットとは、手首や腕につける装飾的な帯や輪や鎖などをいう。

 時計やブレスレットのおしゃれな付け方がわからないというメンズでも、ブレスレットの付け方のコツポイントさえ理解することができれば、手元を簡単におしゃれに魅せることができるだろう。本記事ではメンズの手元をおしゃれに飾るための、ブレスレットの付け方を紹介したい。

ワックスコードのみのブレスレットで、大人メンズの手元にさりげない洒落感を

出典:www.etsy.com
 メンズのカジュアルスタイル・フォーマルスタイルの両方でシンプルに付けることができるブレスレットがこちら。

 このブレスレットは、ワックスコードのみの非常にシンプルなブレスレット。存在感があまり出ないため、カジュアルスタイルは勿論、フォーマルスタイルにも非常に取り入れやすいアイテム。

 写真のように3色で色のバランスを考え、シンプルに付けるのがいい付け方。ブレスレット初心者は、まずこのブレスレットからコーデしてみるのがいいだろう。

ゴールドのブレスレットで大人メンズの手元にゴージャス感を演出

 ゴールドのブレスレットというと、日本の文化背景では、少々いかつい印象がある。そのため、大人メンズがゴールドのブレスレットをコーデするなら、大ぶりなブレスレットは避け、小ぶりなブレスレットをセレクトするようにしよう。

 小ぶりなブレスレットなら、いかつい印象がなく、コーデにいいアクセントとして付けることができ、手元にゴージャスな印象を演出することができる。

 写真のように、ゴールドブレスレットとマッチするようリングもゴールドのモノにするのが大人のおしゃれな付け方。ブレスレットが少々存在感が強すぎると感じた時は、ブレスレット以外のアクセサリーでバランスをとり、まとめるのがいい。

小さいビーズをアクセントにしたブレスレットで、些細なこなれ感を演出

 前の項で紹介したゴールドのブレスレットは、少々抵抗があるというメンズには、こちらのブレスレットをすすめたい。

 このブレスレットは、シンプルなワックスコードに小さいゴールドのビーズがアクセントとしてデザインされた、上品な印象のアイテム。このブレスレットは存在感が出過ぎないため、手元に程よいプレシャス感を演出することができる。

 写真のように、お気に入りの時計と合わせてコーデするのがいい付け方。時計の程よい光沢感とゴールドビーズの輝きが上手にマッチするだろう。

複数のブレスレットはバランス良くコーデするのが大人メンズ

出典:attireclub.org
 複数のブレスレットをコーデするときには、バランスを考えて付けるのが必須条件。

 このメンズのように手元に複数のブレスレットを上手くコーディネートすることができれば、手元がコーデ全体のいいアクセントとなり、小洒落た雰囲気に仕上げることができる。

 しかし、複数のブレスレットは闇雲にコーディネートしてしまうと、まとまりがなく還って不精な印象になってしまうので、注意が必要。

 このメンズのようにレザー素材のブレスレットを主役に、ハズしとしてゴールドなどの光沢感のあるブレスレットを合わせるのがいい付け方だ。

ブレスレットをトップスと同じ色使いで、統一感のあるメンズコーデ

出典:www.details.com
 ブレスレットのコーデで迷いを感じたら、トップスと同じ色のブレスレットでワントーンに付けるのがいだろう。

 ブレスレットをトップスとワントーンにコーディネートすることで、ファッションにおいて少々難しい色のバランスを、簡単にクリアすることができるのだ。

 ブレスレットをトップスと色味を合わせる付け方は、外見に統一感があるため違和感を感じさせない使い方ができるだろう。

ブレスレットとベルトの色味を調和させた付け方で大人メンズをアピール

出典:www.maxmayo.com
 手元は、下ろすとちょうど腰あたりにくる。そのため、ブレスレットとベルトの色味を調和させることで、外見にまとまりあるスタイルを演出することができる。

 このメンズのようなブラウンとゴールドを相性よく使ったコーデは、その色合いから大人の上品なプレシャス感をアピールできるにちがいない。

 写真のように、ゴールドのブレスレットでブラウンのブレスレットを挟んで付けるのがおしゃれな付け方だ。

色鮮やかなブラスレットで爽やかなメンズをアピール

 爽やかなメンズをアピールしたいときにおすすめしたいのがこちら。

 鮮やかな色のブレスレットをバランスよく組み合わせることで、コーデ全体に華やかさを演出することができる。

 このメンズのように、複数の鮮やかな色でブレスレットをつけたいのなら、色のトーンを合わせた付け方がいいだろう。

シンプルなトップが特徴のブレスレットは何にも飾らず付けるのがお洒落メンズ 

出典:www.etsy.com
 こちらは、ワックスコードに小さいトップがついたシンプルなデザインのブレスレット。

 このブレスレットは、トップが小さいため複数のブレスレットで重ねてコーデしてしまうと、せっかくのトップの存在感が薄れてしまう。そのため、存在感を消さないようにするために、このブレスレットのみを付けるのがいい付け方だろう。

 些細な遊び心も演出してくれるこのブレスレットは、手元をラフに飾りたいメンズにすすめたい。

インナーシャツの色味に合わせたブレスレットで、まとまりあるお洒落なメンズへ

 メンズの中には、インナーにまでしっかりとこだわりを持った人は多いにちがいない。

 そんなメンズこそ、インナーシャツの色や種類によってブレスレットもセレクトしたいところ。

 写真のブレスレットコーデのようにインナーシャツに青のストライプを着こなしている時は、インナーシャツの色に合わせるべく青系のブレスレットをつけるのがいい付け方。

 ブレスレットがインナーシャツとうまくマッチし、手元からまとまりのあるスタイルを演出できるだろう。

個性的なブレスレットと自慢の時計を組み合わせて、小粋なメンズをアピール

 ブレスレットのトップの色を時計とマッチさせた付け方で、お洒落を楽しむのもいいだろう。

 写真のようなブレスレットは、トップが特徴のあるデザインになっており、少々目立つよう動きのあるデザインとなっている。これは、時計の光沢感のあるボディに合うようセレクトされており、写真のように色味を些細にマッチさせるのがいい付け方だろう。

 ブレスレットのトップと時計をうまくマッチさせたこのコーデは、手元から高級感溢れる大人メンズの上品さをアピールできるにちがいない。


 今回紹介したブレスレットの付け方は、色のバランスや重ねた時のボリュームを注意してコーディネートすることが大切だ。メンズの手元をお洒落に飾ってくれるブレスレットは、付け方次第で個性を出すこともでき、普段のコーデに他とは違った表情を演出することができるのだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する