1. 履歴書の写真での「表情・髪型」は何が正解? 第一印象を最高にする“履歴書のススメ”

履歴書の写真での「表情・髪型」は何が正解? 第一印象を最高にする“履歴書のススメ”

出典:visualhunt.com
 就活・転職の第一段階となるのが、履歴書の記入である。履歴書には様々な項目があり、貼る写真の髪型はどうすればいいのかなど、疑問もあるだろう。また、履歴書は企業に応じて柔軟に書く内容を変えていかなければいけないので、一枚一枚に工夫をしていく必要がある。

 今回は、就活や転職で使用する履歴書に貼らなければならない顔写真の髪型・表情に関する注意事項や知っておきたい知識について紹介していこうと思う。

履歴書の写真ってそもそも重要なの?

 就活や転職において、第一印象というのは非常に重要であり、ここで印象を悪くしてしまうと、人事の方が平等に選考しようと考えていても無意識に悪影響を及ぼすということにもなりかねない。最初に人事や面接官が就活生の顔を見るタイミングというのは、紛れもなく履歴書を見たときである。

 したがって、先述の第一印象はこの履歴書の写真による影響が強いということが予想できる。つまり履歴書の写真は重要なのである。履歴書という書類自体、人事はもちろん、人事以外の社員も目を通すことになるため、なおさら重要であることがうかがえるだろう。そんな履歴書の写真の重要性がわかったところで、実際にどのように第一印象を良くしていけばよいかを紹介しよう。

履歴書の写真を撮るときの「表情や髪型」はこうしてみよう!

出典:visualhunt.com
 ここでは写真を撮るときの良い映り方について説明しよう。というのも、履歴書の写真では撮り方や身だしなみ次第で、かなりの好印象を与えることができるからである。

 まずは履歴書の写真における表情についてみていこう。度が過ぎる笑顔はよくないが、微笑んだ写真のほうが評価がよくなるという統計もある。ゆえに、ここでは証明写真において、微笑む表情にするためのコツを紹介しよう。

 この履歴書の写真の表情で一番意識すべきポイントは、口角を上げた微笑み方である。口角を上げて、頬がしっかり上がっていることで、印象の良い表情を与えることができる。また、前歯を少しだけ見せることを心がけるとなおよい。というのも、口を一文字のような形にしてしまうと、どうしても緊張しているような表情になってしまうため、印象で言ったらあまり良くない。さらに気を付けるべき点として、極力左右対称になるように心がけるようにしよう。疲れているときなどは表情がかたくなりがちで、片側だけ目が笑って見えるということもあるので気を付けなければならない。

 次に履歴書の写真における髪型である。髪型は男性、女性で注意することがことなるので、順を追って説明しよう。まずは男性の髪型。男性の髪型の場合、できる限り額を出して清潔感が見られるようにしよう。寝癖などもあらかじめ直して置き、髪型をセットすることも忘れないようにしよう。

 一方で女性は、髪が長い場合は後ろで縛るか、背中側に垂らすことを心がける。写真でみる髪型は、実際に見るよりも髪のハネが際立って見えてしまうという性質上、上記のような注意が必要になってくるのである。また、シャツの襟が髪の毛で隠れると良く見えないので気を付けよう。

履歴書の写真はどこで撮影するべき?  いくらするもの?

 ここまで説明してきたが、履歴書の写真は、実際どこで撮るべきなのかを説明しよう。最近は、証明写真機が駅前などのさまざまな場所に設置されており、撮ろうと思えばすぐに、かつ安価で撮ることが可能となっている。

 しかし、しっかりとした証明写真を撮りたいのであれば、写真屋さんで撮ってもらうことをお勧めする。前項で述べた、証明写真において注意しなければいけないことは、意外と忘れがちであり、自分では認識しづらいということもある。しかし、写真屋さんで撮ってもらう際には、これらの注意点をあらかじめ教えてくれるので心配はいらないのだ。

 また、値段は1500円~2500円程度で作ってくれるようである。第一印象のための初期投資としては安すぎるくらいだろう。


 今回は履歴書の写真にフォーカスをあてて紹介した。就活はあらゆることに気をくばらなければいけないので、大変かもしれないが、きれいな表情と髪型で写真を撮ってもらってモチベーションを上げてみるのもよいだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する