1. 結婚する時の平均貯金額は? みんなに聞けないけど、気になること「いくらあれば結婚できる?」

結婚する時の平均貯金額は? みんなに聞けないけど、気になること「いくらあれば結婚できる?」

出典:pixabay.com
 大好きな人と過ごしていると、「いずれは結婚して幸せな家庭を築きたい」と考える人も多いだろう。家族になることで二人の時間が増え、今よりさらに素敵な時間が過ごせるはず。

 しかし、幸せな結婚は二人の愛だけでは叶わないのも事実だ。結婚を決断した後には、結婚式、ハネムーン、新生活と何かとお金が必要になる。「せっかく人生をともに歩みたいと思える人に出会えたのに、お金が無いから結婚できない!」なんてことにならないためにも、結婚に必要なお金について知っておこう。

結婚する際の平均貯金額は?

 まずは、今まで結婚をひかえたカップルが、結婚した時にどのぐらいの貯金を持っていたのか、リアルな平均貯金額をご紹介する。なかなか聞けないお金の話なので、ぜひ参考にしてみてほしい。

 結婚する際に心強い味方となる「ゼクシィ結婚トレンド調査 2014年度版」によると、二人で結婚費用を貯めていたカップルは全体の88%。そして結婚のための貯金総額平均は308.0万円。平均が300.0万円を超えると聞くと、ほとんどのカップルが300.0万円貯めていたように思われるが、実際の貯金額で一番大きな割合を占めているのは、全体の24%の「100.0万円から200.0万円未満」。つまり、実際には200.0万円ほどの貯金をしていたカップルが多いようだ。

結婚するとこんなにお金がかかる……。

by SPIngram
 次に、実際に結婚するために必要なお金についてご紹介する。結婚後の支出は大きく分けて、結婚式費用と新生活にかかる費用の2つ

 「ゼクシィ結婚トレンド調査 2014年度版」によると、挙式・披露宴・披露パーティーの総額は平均333.7万円。これは全額負担する額ではなく、ご祝儀総額平均227.9万円などがあるため、カップルの自己負担額の平均は125.0万円になる。そして、新生活準備にかかった費用は78.1万円。(そのうちインテリア・家具の購入に44.6万円、家電製品の購入に36.9万円。)

 つまり、結婚するためには、結婚式費用に約130.0万円、新生活準備金に約80.0万円で合計約210万円が必要になるということだ。先述した先輩カップルの平均貯蓄額が約300万円で、実際には約200.0万円貯めていたカップルが多いことを振り返ると、多くのカップルがとても妥当な貯蓄額をしていたことが分かる。

今すぐ出来る貯金術3選

by kurichan+
 結婚に向けて、大体どのぐらいの貯金額が必要かお分かりいただけただろう。平均しておよそ210.0万円かかるため、安心して結婚を迎えるためには、約250.0~300.0万円の貯蓄があればよいだろう。

 しかし、そんなに貯金が貯まっていない、あるいは貯められない、と不安に思った方もいるはずだ。そんな方のために、今から実践できるオススメの貯金術を紹介する。

結婚のための貯金術 1.「先取り貯蓄」

  先取り貯蓄とは、給与天引きなどを利用して、収入から貯蓄分を先取りする方法のことだ。口座にお金があると、ついついデートや趣味にお金を使ってしまうもの。そのような「ついつい」という油断は貯金の大敵! そこで先取り貯蓄をして、生活費と貯蓄分をあらかじめ分けてしまえば、「うっかり貯蓄分を使い込んでしまった」という事態を避けられる。

 勤務先に社内預金や財形貯蓄制度がない方には、各銀行が取り扱っている「自動積立定期預金」がオススメ。毎月一定の日に、設定した金額が指定口座から定期預金に自動で振り返られる。

結婚のための貯金術 2.「500円玉貯金」

 聞いたことがある人も多いのではないだろうか。500円玉貯金とは、500円玉ができたら使わずに貯金をする方法だ。意識すれば今からでも簡単に実行でき、何よりも目に見えて貯まるため、貯金に対するモチベーションを保ちやすい。

 今回は二人の結婚に向けての貯金のため、2人で一つの貯金箱に貯めていくのはいかがだろうか。貯金が共同作業となり、楽しく貯金ができるはず。500円玉貯金専用の貯金箱も販売されているので、2人で好みの貯金箱を選んで楽しく貯めよう。

結婚のための貯金術 3.「ランチを外食からお弁当にチェンジ」

 働いていると、月に約20日はランチをオフィス、あるいはその周辺で食べることになる。しかしコンビニや飲食店などの外食は、何かとお金がかかるもの。そこでランチを思い切ってお弁当にチェンジしてみてはいかがだろうか。

 毎食500円に抑えている方も、お弁当にすると一食200円程度ですむため、「300円×20日=6,000円/月」も節約できてしまう。二人合わせれば、毎月12,000円も貯金にまわせることになる。貯金と同時に料理の腕も上がるため、これからの結婚生活に役立つこと間違いない。


  これら貯金方法を参考にして、将来の幸せな結婚のために貯金をはじめてみてはいかがだろうか。二人で力を合わせて貯金をすることで、より愛が深まるかも。幸せな結婚をむかえるために頑張ろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する