1. 出世ができる神社でパワー注入。東京23区内にある5つの出世稲荷神社

出世ができる神社でパワー注入。東京23区内にある5つの出世稲荷神社

by GU / 古天熱
 年明けから1か月ほど経つが、皆さんの仕事は順調だろうか? 日々の仕事が忙しいと初詣など遠い昔のことのように思えてしまうに違いない。そこで、改めて仕事が順調に進むように出世の神様に願い事をしてみてはどうだろう。そうすることで、気持ちを入れ替えて仕事にのぞめるはずだ。今回は、仕事へのパワーがもらえ、出世を願える神社を紹介したい。

パワースポットとしても有名! 代々木八幡宮で大出世を狙え

出典:www.yoyogihachimangu.or.jp
 代々木八幡宮は、パワースポットとして名高いが、出世稲荷神社としても知られる。この代々木八幡宮の近くに引っ越すと出世ができるという噂もあるほど、パワーが強い場所として知られている。

住所:東京都渋谷区代々木5-1-1
最寄駅:小田急線「代々木八幡駅」より徒歩5分
東京メトロ千代田線「代々木公園駅」代々木上原寄り出口より5分

休憩時間に立ち寄れる! 日本橋出世稲荷

出典:www.nihonbashi-tokyo.jp
 元和三年(1617年)、北条家の浪人・庄司甚右衛と、その他数名の仮屋敷内に京都伏見稲荷より祭神を勧請し、守護神としてお祀りしたと伝えられる。これに初代市川団十郎が日参して、出世したことから有名になった。初代市川団十郎が出世して以来、商家や芸能など多くの信仰者が数多く出世したらしい。このことから、「出世稲荷」の名前がついたそうだ。

住所:東京都中央区日本橋堀留町1-6-11   
最寄り駅:東京メトロ日比谷線、都営浅草線「人形町駅」より徒歩10分

都会のど真ん中にある出世稲荷神社

出典:www.youtube.com
 出世稲荷神社は、文京区本郷にある稲荷神社だ。この出世稲荷神社がある付近が春日局の屋敷だった時、邸内鎮守として創建された。その後、春日局が敗軍の将の娘から大奥の権力者へと出世したことから、「出世稲荷」と称されるようになったようである。出世稲荷神社の正確な創建時期は不詳。

住所:東京都文京区本郷1-33-17
最寄駅:JR「水道橋駅」から徒歩10分、都営三田線「水道橋駅」から徒歩8分
東京メトロ丸ノ内線、南北線「後楽園駅」から徒歩5分

観光スポットとして女性にも人気! 出世稲荷もある赤城神社

出典:www.akagi-jinja.jp
 天和3年(1683年)、徳川幕府は江戸大社の列に加え牛込の総鎮守と崇め、「日枝神社」「神田明神」と共に「赤城神社」を、“江戸の三社”と称していた。この赤城神社境内の末社として「出世稲荷神社」がある。

 「出征稲荷神社」の御祭神は宇迦御霊命(うかのみたまのみこと)。宇迦御霊命(うかのみたまのみこと)は、赤城神社がこの地に遷(うつ)る以前から牛込の鎮守とされてきた地主神だ。

 赤城神社のある場所は、観光地としても名高い神楽坂。神社の境内にはおしゃれなカフェもあり、観光スポットとしても女性に大人気だ。ぜひ、彼女を連れて行ってあげてはどうだろう。

住所:東京都新宿区赤城元町1-10
最寄駅:東京メトロ東西線「神楽坂駅」出口1神楽坂口から徒歩1分
都営大江戸線「牛込神楽坂駅」出口A3から徒歩8分

愛宕神社の境内にある“出世の階段”を上ろう

出典:www.atago-jinja.com
 慶長8年(1603年)、江戸に幕府を設(もう)く徳川家康公の命により防火の神様として祀られた。愛宕神社は防火、防災以外にも、印刷、コンピュータ関係、商売繁盛、恋愛、結婚、縁結びなどにご利益があるそうだ。

 上の写真は、愛宕神社にある「出世の階段」だ。江戸時代、馬でこの階段を一気に駆け上がり、紅白の梅の枝を折って徳川家光に献上した「曲垣平九郎」という江戸初期の馬術家の故事に由来している。

住所:東京都港区愛宕1-5-3
最寄駅:東京メトロ日比谷線「神谷町駅」より徒歩5分
東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」より徒歩8分
都営三田線「御成門駅」より徒歩8分


 神社で参拝することで、心が洗われ、パワーをもらい、忘れてしまった新年の抱負と再び向き合うことができる。仕事で悩んでいる方も、これから頑張っていきたい方も是非神社に足を運んでみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する