1. スーツはアイロンのかけ方一つで変わる! 10分で出来るアイロンテクでスーツを“新品同様”に

スーツはアイロンのかけ方一つで変わる! 10分で出来るアイロンテクでスーツを“新品同様”に

出典:www.fashionbeans.com
 ビジネスマンの鎧とも言える衣服、スーツ。スーツ着用の職業に従事する読者の方々は、日夜スーツを纏って日々を闘い抜いていることだろう。そんなハードな毎日でスーツが摩耗してクタクタに……、なんて悩みはビジネスマンにはつきものだ。

 しかしクタクタのスーツで出社して恥をかく訳にもいかない。そんな時に覚えておきたいのが自分で簡単にできるスーツのアイロンのかけ方。本記事でアイロンのかけ方を学び、定期的に愛用のスーツにアイロンがけをしてやれば毎日新品のようなスーツで出社できることだろう。

 それだけではない。スーツを洗濯した時と、クリーニングに出した時の大きな違いは“折り目がついているか否か”にある。スーツにビシッと折り目がついているかいないかでは、スーツの印象は大きく違うのだ。他にも、雑菌や除菌効果もあるなど、スーツのアイロンのかけ方を学ぶメリットは多く存在する。今回はそんな、覚えておくべきスーツのアイロンのかけ方を紹介していこう。

スーツのアイロンのかけ方を覚える前に、準備しておくとよいもの

有ると無いとじゃ、アイロンのかけ方に大きな差がつく、「霧吹き」

 スーツにアイロンをかける際は霧吹きをたっぷり吹きかけてアイロンがけをしよう。スチームアイロンを持っている場合は、スチームアイロンのスチームでも充分。スーツの素材がポリエステルならば、滴るくらい吹きかけても大丈夫だ。

できれば持っておきたい、「当て布」

 スーツはそのままの状態でアイロンをあけるとテカリが出てしまったり、素材によってはアイロンの跡が残ることがある。当て布はテカリを抑える効果もあるため、できれば持っておきたいところだ。当て布は、大きめのハンカチなどで充分だ。

スーツのアイロンのかけ方:日常の手入れ編

♯手順その1 スチームアイロンでスーツのジャケットにスチームを吹きかける

 まずはスーツのジャケットをハンガーにかけておこう。スーツのジャケットをハンガーにかけておくことによって、スチームアイロンのスチームが非常に当てやすくなる。そして、気になるシワの部分に霧吹き、またはスチームアイロンのスチームをたっぷり吹きかけよう。

 全体にスチームを当てていこう。シワがついた部分や、特にスーツのシワがつきやすい箇所(肘・膝・背中など)は同じ場所にしばらく当てていくのがコツだ。逆に折り目をしっかりつけたい部分、スーツパンツのセンターラインのかけ方としては、当てすぎないように注意することが大切だ。※ 生地を傷めるのでアイロンの熱くなった部分はスーツに当てないようにすること。

♯手順その2 スーツのしわを引っ張り伸ばす

 スチームアイロンでスチームを当て終わったら、スーツが熱いうちにスチームをなじませながら、いろいろな方向にシワを伸ばそう。熱いうちに伸ばす理由は、スチームを浴びてすぐの熱いうちは、シワを自由に伸ばせるためだ。しかし、その分新しいシワもついてしまいやすいため、誤ってシワが増やしてしまわないようにスーツがハンガーにしっかりかかっているか、気を付けること。

 スチームアイロンで吹きかけた水分だけでは足りない場合は、霧吹きを使用してスーツに水分をプラスしよう。

♯手順その3 スーツにアイロンをかけ終わったら、ハンガーで吊るしておく

 スチームアイロンでスチームをかけた直後は、スーツに湿気や熱が残っている。そのままの状態で着用してしまうとスーツにシワがついてしまうため、スーツが乾いて普通の状態に戻るまではハンガーにかけたままにしておこう。その際にボタンを留めておくと、型崩れせずに綺麗なスーツの形が保てるのでオススメだ。

 スチームや霧吹きをかけてもシワが伸びなかった場合は、ハンガーに吊りながら重力を利用してシワを伸ばしておこう。ジャケットは普段通りかけておくしかできないが、パンツの場合は裾の部分を挟んで逆さまに吊るすと、重力がかかりシワが伸ばうすことができる。パンツの部分にベルトを通しておくと完璧だ。

 スーツのをハンガーに吊るしておくのとおかないのでは、手入れの仕上がりに大きな差が出てしまう。そのため、帰宅したらスチームアイロンで手入れをして、翌朝まで吊るしておく、というの習慣をつけておこう。

スーツのアイロンのかけ方:休日編/ジャケット

♯手順その1 袖からしっかりとシワを伸ばす

 スーツジャケットのアイロンのかけ方には、正しい順番があるとされている。アイロンのかけ方の順番を正しく覚えて、綺麗な仕上がりを目指したい。まずアイロンをかけるべきは、袖だ。肩から袖にかけてに当て布をしっかりと当て、片手でしわを伸ばしながらながらアイロンをかけていこう。アイロンは強くかけすぎずに、なでるようにかけていくのがコツだ。

♯手順その2  前見頃にもしっかりとアイロンをかける

 前身ごろのかけ方は、生地の流れに沿って、全体的に軽くかけることを心がけよう。脇の部分で生地が切り変わっている場合は、スーツのジャケットをずらし、脇の部分の形に沿ってアイロンをかけていこう。パットが入っている肩の周辺は、アイロン台にスーツを着せるように置くとスーツのジャケットは綺麗に仕上がる。

♯手順その3  後ろ身頃のアイロンがけは特に油断しないように

 デキる男は後ろ姿で語るもの。スーツの後ろ身頃のアイロンのかけ方は特に気をつけたいところだ。かけ方のコツはスーツのジャケットをアイロン台の上に覆うようにして乗せ、上から下へ優しくなでるようにかけていくこと。背中は自分では確認しにくいので、注意しながらアイロンがけしていこう。

 動画では行っていないが、余裕があれば襟とラペルにもアイロンがけをしておこう。襟は裏から優しくゆっくりと、襟も同様に優しくゆっくりと立体的に仕上がるようにアイロンをかけていけば完璧なかけ方と言えるだろう。

スーツのアイロンのかけ方:休日編/パンツ

♯手順その1  腰回りを一周するようにアイロンをかける

 まずは腰回りを一周するようにアイロンをかけよう。スーツのパンツの前側と後ろ側を同時にかけてしまわないように、アイロン台にスーツのパンツを履かせるようにして、片面ずつアイロンをかけると非常にやり易い。この際に、ファスナーに当たらないように注意しよう。

♯手順その2  腰から裾にかけては、アイロンでプレスするように

 腰から裾にかけては、スーツのパンツを片方ずつアイロン台の上に載せてアイロンをかけていこう。その際にスーツのパンツのセンターラインを優しくプレスするようにアイロンをかけていきたい。注意したいのは、写真のようにパンツを置いた際はセンターラインは両端になる点。センターラインは、前述で紹介したスーツにスチームを吹きかけるだけの手入れではつきにくい。休日のアイロンがけでしっかりとスーツに折り目をつけておきたい。

♯手順その3 スーツパンツの裾は裏側から丁寧に

 スーツスタイルの品格が大きく決定する足元も抜かり無いように。足元のかけ方は、裾の内側から丁寧にアイロンをかけるのがオススメだ。足元にシワがついていると、相手にだらしない印象を与えてしまうもの、折角良い革靴を履いていても、台無しになってしまう。気を付けよう。


 どんなに良いブランドのスーツを着ていても、オーダーメイドのサイズがバッチリ合ったスーツを着ていても、着ているスーツがシワシワでは本来の価値が全く損なわれてしまう。

 U-NOTEに掲載されているスーツの着こなしや選び方の記事と併せて、本記事でスーツのアイロンのかけ方を学べば、スーツにまつわるほとんどをカバーできた、といっても過言ではないだろう。是非、正しいアイロンのかけ方で、ビジネスの“相棒”であるスーツと長く付き合ってみては如何だろうか?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する