1. メンズジーンズコーデを徹底分析! 定番カジュアルからフォーマルまで、ジーンズコーデを全部見せ

メンズジーンズコーデを徹底分析! 定番カジュアルからフォーマルまで、ジーンズコーデを全部見せ

出典:www.sydneymensstyle.com
 世代やメンズ・レディースを問わず、ほぼすべての人の間で定番のコーデアイテムであろうジーンズパンツ。その利点は何にでも合わせることのできる色合い、履けば履くほど味の出る丈夫な生地、柔軟性のある快適な履き心地など、様々だろう。

 そんなジーンズパンツだが、メンズ諸君は、ただのカジュアルウェアとして軽くあしらってはいないだろうか? ジーンズパンツはシンプルなカジュアルスタイルはもちろんのこと、色や形、合わせるアイテムによって別物のように雰囲気が変わるのだ。

 ここでは基本から応用編まで、様々なジーンズコーデをメンズの皆さまにご紹介しよう。本記事を通じて、ぜひメンズジーンズの活用の幅を広げてほしい。

ジーンズのカジュアル感を用いた基本のメンズジーンズコーデ

ダークカラージーンズ

 ジーンズの定番であるのが、こういったカジュアルなメンズスタイルだろう。ゆるくシンプルな無骨スタイルが、男らしさを引き立ててくれる。

 ジーンズのカラーは落ち着いていて、暗いアイテムともしっくりくる。このメンズジーンズコーデの良いところは、全体が暗い色になってもコーデ自体に暗さを感じないことだ。

 ここでも白シャツを除き、皮ジャンやブーツを同系色の曖昧な色でまとめているが、それが逆にミステリアスでクールなメンズコーデを作り出す。

 合わせて、ジーンズカジュアルコーデでおしゃれメンズに人気なのが、ネルシャツの腰巻きスタイル。

 殺風景な無字コーデにシャツの柄やカラーが合わさると、それだけでおしゃれ度もぐんと上がるのだ。

ライトカラージーンズ

出典:lookastic.com
 次にご紹介するのがハイトーンカラーのメンズジーンズだ。全体的に色が明るくなり、そのため合わせるべきメンズアイテムも全く違ってくる。

 明るいジーンズカラーには、やはり明るめのアイテムと相性が良い。キャメルカラーのチェスターコートはまさにぴったりのメンズアイテムなのだ。

 もちろん足元も白などの明るめのシューズを合わせるのが正解。

 全体的に明るく軽さが出たところで締め色を入れたいメンズは、黒などのロンTを合わせてもいいだろう。

 ハイトーンメンズジーンズは、重さと軽さの絶妙なバランスが実現できるおススメのメンズコーデだ。

ダメージジーンズ

出典:www.mdvstyle.com
 ジーンズの中でも特有なデザインが、あえてダメージ加工が施されることによってラフ感を演出できる、ダメージジーンズだろう。

 かなりカジュアルさを追求したメンズダメージジーンズには、きっちりした綺麗目アイテムはミスマッチ。ここはジーンズに合わせてトップスも緩めのものを持ってこよう。

 ここで用いられているメンズアイテムは、トレーナー。意外とだらしなく見えないのは、トレーナーにもジーンズにも程よいタイト感が存在するからだ。

 生地の質感によっても全く違ったメンズコーデに見えるのなら、それを活用しないわけにはいかないだろう。前述したように、メンズジーンズコーデには特にこの質感が大事なのだ。

デニムオンデニム

出典:www.buzzle.com
 近頃メンズの間でも主流となってきているのがデニムシャツ×ジーンズパンツのコーデ。

 かなりハードルの高いものかと思いきや、意外と誰にでも挑戦できるおしゃれメンズコーデなのだ。

 この“デニムオンデニム”コーデで気を付けてほしいのは、まったく同じ素材のものを上下で揃えないこと。上下で全く同じ素材では、それはデニムオンデニムコーデではなくセットアップになってしまう。

 ジーンズという点では同じなのだが、あくまでもここでは質感や色に上下で若干の変化を作ることがポイントだ。

 この微妙な差が、ただのメンズジーンズコーデとは違った楽しみを与えてくれ、おしゃれのアクセントとなるのだ。

カラージーンズを用いた鮮やかメンズジーンズコーデ

カラージーンズ

 ジーンズとは一見思えないほど個性の出るメンズアイテムが、このカラーデニム。

 今ではジーンズならではの藍色だけでなく、写真のようなネオンカラーやパステルカラーなど様々なカラー展開がなされている。

 こうしたカラージーンズにおススメのメンズコーデは同じくらいの派手色を合わせた爽やかコーデだ。

 ジーンズ素材は通常のパンツの生地のように光に当たって光沢が出ることがないので、明るい色も落ち着いて見えるのだ。

 ロールアップや靴下の色使いでもジーンズコーデの幅をさらに広げることができる。ジーンズコーデにおいて、色使いを楽しみたいメンズには特におすすめのメンズアイテムだ。

ブラックカラージーンズ

出典:cdn9.lbstatic.nu
 カラージーンズとひとくくりにせず、別枠で考えるべきなのがこの黒カラージーンズだ。シックでクールなメンズファッションを目指すメンズにはぜひ取り入れてもらいたいジーンズである。

 ここでカジュアルなメンズジーンズとあえて合わせるのは襟付きシャツだ。白シャツを選んでモノトーンコーデに、あるいは写真のように青系のシャツをチョイスしてもいいだろう。

 そしてブラックジーンズには軽さを出すために、ロールアップをお忘れなく。暗い色のシューズを合わせるときにこれを忘れると、ジーンズがシューズに被さり、のっぺりした印象が残ってしまうのだ。

 シンプルに決めたいメンズには一番におすすめしたい、誰にでも似合うメンズジーンズコーデがこの黒ジーンズスタイルだろう。 

フォーマルスタイルが得意なメンズ向けのメンズジーンズコーデ

ジャケット×ジーンズ

 カジュアルなジーンズに意外と似合ってしまうのが、フォーマルスタイル。全く逆の性質を持つもの同士を同居させるこのメンズコーデは、ジーンズコーデのイノベーションとも言えるだろう。

 この写真では、ジーンズにジャケット、そしてセーターとシャツを合わせている。

 ジーンズの落ち着いた深みカラーがスーツ風のコーデとうまく合わさり、逆に清潔で程よくかっちりしたメンズコーデが完成するのだ。

 このフォーマルジーンズコーデにはロールアップの場合にも、素肌を見せず靴下をしっかり着用することをお忘れなく。素肌が見えるとせっかくのこぎれい感が軽減してしまうからだ。

 固すぎず、しかしカジュアルになり過ぎないい、そんな良いとこどりのメンズコーデは、多くのメンズに試してほしいデート服と言える。

ベスト×ジーンズ

出典:www.jcrew.com
 ジャケットと比べると少しラフさは出るものの、こちらのコーデもベストに加えネクタイが組み合わされたフォーマルメンズコーデだ。

 私服などにも取り入れやすい優しいブラウンのメンズベストと、同じく暖色系のネクタイなら、ジーンズの粗雑な雰囲気は全く感じない。親しみやすい理想のメンズコーデがこうしたベスト×ジーンズスタイルなのだ。

 優等生風にジーンズを着こなしたいメンズにおススメしたい簡単コーデといえるだろう。


 いかがだっただろう。特徴の強いジーンズも、様々なメンズアイテムを組み合わせると全く違ったコーデを作ることができるということがお分かりいただけただろうか?

 ひと昔前には御法度だったコーデが今では主流になっている、というのはよくある話だ。メンズコーデの常識に捉われず、ジーンズにおいても様々な自分なりの楽しみ方を見出してみるのも良いかもしれない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する