1. 大人らしさの追求を! メンズセーターの大人な着こなしで、セーターのカジュアルなイメージを払拭せよ

大人らしさの追求を! メンズセーターの大人な着こなしで、セーターのカジュアルなイメージを払拭せよ

出典:brightestyoungthings.com
  メンズ冬ファッションで欠かせないのがメンズセーターコーデ。着こなしやチョイスによって甘くも辛くもコーディネートできる種類の豊富さは、メンズセーターコーデが定番となる要因の一つだろう。

 しかしセーターと言えば、分厚くもこもこした質感が特徴の一つだ。一歩間違えれば着ぶくれしてしまったり、間の抜けた印象を与えてしまう可能性がある。したがってセーターに関しては、メンズアイテムの中でも特に着こなし全体のバランス感覚が必要となるのだ。

 そこで本記事では“落ち着いた雰囲気のメンズセーター着こなし”に焦点を置いて、バランスのとれた、様々なメンズセーターコーデをご紹介した。おしゃれメンズの諸君には、本記事の写真や解説を参考に、この冬少し大人なメンズセーター着こなしにチャレンジしていただきたい。

清潔感を求めるメンズはタートルネックセーターを着こなせ

タートルネックセーターとチェスターコートで清楚な着こなし

 タートルネックセーターは首元の特殊なデザインにより、好き嫌いが分かれるメンズアイテムでもある。しかしあえて一番最初に紹介したのは、メンズタートルネックセーターの小奇麗感が抜群の好印象を持たらすためだ。

 首元が隠れることにより、スマートで清潔感が演出されるメンズタートルネックセーターは、セーターと言えどもカジュアル感をまったくと言っていいほど感じさせない。

 そんなメンズタートルネックセーターだからこそ、チェスターコートなどの綺麗目なアウターとの着こなしは相性抜群なのである。

 女子受け間違いなしの着こなしを狙いたいメンズにはぜひとも真似してほしい冬メンズセーターコーデだ。

スラックスパンツには落ち着いた色のタートルネックセーターがGood

出典:famewatcher.com
 上で述べたようなメンズタートルネックセーターの落ち着いた印象は、色使いでさらにその効果を増大させることができる。

 スラックスパンツなどの、本格的にかっちりとしたメンズアイテムと一緒に着こなしをするときは、セーターの色選びに気を付けたい。

 写真のように、紺色や黒などの色を合わせれば、全体を上手に調和させることができるのだ。

 こうした色なら柄ものメンズセーターでも派手さや幼さを感じず、おしゃれなワンポイントとしてメンズ着こなしに深みを出してくれることだろう。

 メンズタートルネックセーターは、首までピッタリと体にフィットする、メンズセーターの中でも特にタイトなシルエット。そのため、細身で華奢なメンズのセーター着こなしにはぴったりだ。

 中でも、カジュアルファッションを好まないメンズにはぜひともおススメしたい、クールな着こなしアイテムといえるだろう。

首元の襟がポイントのセーター&シャツコーデ

白セーターのマイルドなメンズ着こなしにはブルーシャツを投入

出典:lookbook.nu
 セーターに合わせる着こなしアイテムと言えば定番なのが、ワイシャツ・ネルシャツなどのメンズシャツアイテムだろう。セーター一枚だけではなんとなく物足りないメンズコーデも、襟もとや裾にシャツの色が入ることによってマンネリな着こなしから脱出できる。

 ケーブル白ニットセーターのようなマイルドな雰囲気のメンズ着こなしには、ブルーシャツなど柔らかな印象のメンズアイテムを合わせることがおススメだ。

 特に普段はハードなイメージのメンズがこうした柔らかい着こなしをしていれば、そのギャップが好印象となることは間違いないだろう。

 白セーターを攻略するには優しい配色、ということをメンズの諸君にはぜひ覚えておいてほしい。

ノルディック柄セーターをクールに着こなしたいメンズにはこれ

 柄ものメンズセーター、特にノルディックセーターと言えば、着こなし方を間違えれば幼稚な印象になってしまいがち。

 しかし、せっかく持っていたおしゃれ柄メンズセーターを、大人らしく着こなしするのは難しい、とクローゼットの中で眠らせてしまうのは避けたいものだ。

 柄メンズセーターの落ち着いた着こなしには、ここでもやはりシャツと合わせて柄のインパクトを中和させるべし。ここでセーターの裾からシャツを出すとだらしなさがプラスされてしまうため、セーターの下からは襟のみを見せること。

 足元には革靴などを合わせるとさらに幼さが軽減し、全体的に大人メンズな着こなしへと近づくことができる。

メンズカラーセーターの着こなしには原色ではなく“中途半端な”色をチョイス

青系のメンズセーターにはデニムとの相性がぴったり

 冬のメンズファッションには、はっきりとした原色を投入するよりは、複数の色が合わさった様な、良い意味で中途半端な色を使うのがおススメだ。例えば、黄色ではなくからし色、赤ではなくボルドーといったような具合だ。

 セーターを一枚着ているだけなのになんだかおしゃれ、そんな不思議な着こなしのメンズセーターファッションには、曖昧な色のチョイスが大事になるのだ。

 そうした色は、エネルギッシュな原色とは違い、落ち着きや深みの感じられるメンズ着こなしができるだろう。

 また、青系のセーターは同じ色味のジーンズとの相性がぴったり。カジュアルなメンズスタイルでも、セーターの包容力がメンズにありがちな無骨さを薄めてくれる。
 

赤系のインパクトカラーセーターの着こなしには黒などの締め色を

 ここでも、ただのオレンジではなくレッドオレンジのような、単色とは雰囲気の違うカラーのセーターをチョイスしている。

 このように○○色!と簡単に表現できないような曖昧な色を身に着けていると、単純には理解できないようなミステリアスな雰囲気が醸し出される。

 全体のバランスとして大事なのは、写真のようにオレンジや赤系のセーターのに黒や紺などの締め色を追加すること。

 明るい色を重ねてしまうと全体の色が浮き、締まりのないファッションとなってしまうのは容易に想像できるだろう。

 メンズセーターにはもともとカジュアルなイメーがあるため、落ち着いたメンズファッションにしたい場合は、シューズにはスニーカー以外のものを選ぼう。


 これらのメンズ着こなしに付け加えて言うとするならば、大人なメンズセーターコーデに大切な条件は体にフィットするちょうど良いサイズ感だろう。

 今までのカジュアルなイメージを払拭し、服の着こなしによって大人びた新たな自分を手に入れたいあなたには、ぜひこれまでご紹介したメンズセーターコーデを取り入れてみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する