1. 「風邪薬と栄養ドリンクの併用」はNGだった! 風邪を引いたとき、正しい栄養ドリンクの飲み方とは?

「風邪薬と栄養ドリンクの併用」はNGだった! 風邪を引いたとき、正しい栄養ドリンクの飲み方とは?

出典:www.webmd.com
 風邪を引いた時、あなたはいつもどのように対処しているだろうか? 本来なら医者に行って診てもらうのが最良なのだが、仕事を休む訳にもいかないし、なんとか手っ取り早く治したい......と思うのが常だろう。

 身体が弱ったときこそ、栄養ドリンクが飲みたくなる。確かに、インフルエンザなどでない風邪ならば、栄養ドリンクは効果的とも言われている。ここぞとばかりに、よもや「風邪薬と同時に飲む」なんて方もいるのではないだろうか。

 風邪薬といえども、ともすれば毒ともなる。「服薬コンプライアンス(定められた用法用量に沿って服薬すること)」を遵守しつつ、一刻も早い回復を目指せるよう、おすすめの栄養ドリンクと注意事項をまとめていこう。

体調回復に効果のありそうな栄養ドリンクも、風邪のときは要注意?

by MIKI Yoshihito (´・ω・)
 風邪などで身体が弱っているとき、回復に必要な成分が含有されている栄養ドリンクは一見効果的に見える。栄養ドリンクを飲むとなぜ元気になるかと言うと、上記の成分に加えて「カフェイン」などの覚醒作用のある成分が含まれているからだ。

 普段なら疲労回復などに効果覿面の栄養ドリンクだが、風邪を引いている際はこのカフェインに注意しなければならない。

 「コーヒーを飲むと眠れなくなる」のと同様、カフェイン入りの栄養ドリンクを就寝前に摂取してしまうと、寝付きが非常に悪くなってしまう。風邪を治そうと栄養ドリンクを飲んだことによって、翌朝まで身体に疲労が残ってしまう......なんてことになりかねないのだ。

 病中病後に効果があるとされている栄養ドリンクだが、病気そのものを治すという効果はない。結局は自身の自己免疫力が重要となる。風邪を引いた際の栄養ドリンクはノンカフェインのものを選び、しっかりと睡眠を取るのが良い。

風邪を早く治したい! 風邪薬と栄養ドリンクは同時に摂取してもOK?

by TAKA@P.P.R.S
 早急に風邪を治そうと、風邪薬と栄養ドリンクを同時に摂取する人は案外多いのだそう。今まさに本記事を読んでいるあなたにも、同様の経験があるのではないのだろうか。

 実はその摂取方法、逆効果になってしまう可能性がある。販売されている多くの栄養ドリンクには、微量ながら「アルコール成分」が含まれているからだ。風邪を引いて身体が弱っている時は、アルコールを分解する役割を担っている肝臓も弱っている。

 風邪状態の際に、微量といえどもアルコールの含まれる栄養ドリンクを摂取すると、もれなく肝臓に負荷がかかる。ちなみに風邪薬は、用法用量を守らないと肝臓へ機能障害をきたす可能性を含んでいるものなのだ。そんな風邪薬とアルコール入りの栄養ドリンクを同時に摂取した場合、肝臓へ急激な負荷がかかり、余計体調を崩してしまうことになりかねないのである。

風邪薬は、カフェインとも飲み合わせが悪い

1. 風邪薬や気管支拡張剤と一緒に飲まない
カフェインと、これらの薬の成分との相互作用により、頭痛を起こすことがある。

出典:栄養ドリンクは本当に効くのか|薬の知識・ジェネリック|病院・薬 ...
 上記で言及した“カフェイン”も、アルコール同様、実は風邪薬との飲み合わせがよくないのだ。カフェインが含まれる風邪薬と栄養ドリンクを同時に飲むのは、カフェインの過剰摂取になってしまい、頭痛やその他体調不良を引き起こす可能性があるのだ。

 アルコール/カフェイン、両方の点から見て、栄養ドリンクと風邪薬の併用はしない方が賢明と言えるだろう。

風邪には風邪用栄養ドリンク! おすすめしたい5つの栄養ドリンクをご紹介

 ノンカフェインで、さらにきちんと滋養もある......なんて栄養ドリンクを、いちいち表記を確認して探すのは一苦労。本記事では、以上を考慮した風邪用の栄養ドリンクをご紹介。

 いつ風邪を引くかなどわからない。もしものために、普段から常備しておくのも良いだろう。以下に紹介する栄養ドリンクを、ぜひ参考にしてほしい。

大正製薬|ゼナF0-ジンジャー

出典: Amazon.co.jp
 創業100年を越す、壮大な歴史を持つ大正製薬。「リポビタンD」にお世話になっている読者も多いのでは?

 そんな大正製薬からは、生姜(ショウキョウ)、甘草(カンゾウ)、桂皮(ケイヒ)、大棗(タイソウ)など計14種の生薬とタウリン、疲労回復に効果的なビタミンを配合した栄養ドリンクがおすすめ。

*価格:一本あたり478円〜
*用法・用量|成人
(15才以上)、1日/1本(50mL)

全薬工業|リコリス「ゼンヤク」ゴールド

出典: Amazon.co.jp
 全薬工業からは、多彩な作用をもつ甘草(カンゾウ)をはじめ、強壮作用を有する麦門冬(バクモンドウ)・人参(ニンジン)・五味子(ゴミシ)など、7種類の生薬エキスとビタミンB6を配合したリコリス「ゼンヤク」ゴールドを。

 風邪を引いたときのみならず疲れやすいという人や、胃腸機能が低下している方にもお勧め。

*価格:864円〜
*用法・用量|成人
(15才以上)、1日/1本(50mL)

武田薬品|ベンザブロックα

出典: Amazon.co.jp
 疲労回復に効果のあるビタミンCを500mgも含んでおり、さらに3つのビタミンと8つの生薬、さらに食欲不振に役立つカルニチンをバランスよく配合したこちらの栄養ドリンク。風邪で消耗した体力を回復してくれる。

 爽やかな甘みのジンジャー風味が飲みやすいこの栄養ドリンク。美味しいとは言い難いかもしれないが、風邪などで弱ったときには嬉しい一本。女性にもおすすめの栄養ドリンクだ。

*価格:一本あたり680円〜
*用法・用量|成人
(15才以上)、1日/1本(30mL)

エスエス製薬|エスタック 滋養内服液GOLD

出典: Amazon.co.jp
 滋養強壮に効果的な8種の生薬とビタミン、タウリンを配合した、エスエス製薬の栄養ドリンク「エスタック 滋養内服液GOLD」。

 今回紹介した栄養ドリンクの中では値段が比較的安価なため、手を伸ばしやすい。風邪による発熱時の栄養補給に重点を置いた栄養ドリンクだ。

*価格:513円
*用法・用量|成人(15歳以上)、1日/1本(50ml)

SATO|ユンケル黄帝液 DCF

出典: Amazon.co.jp
 風邪による発熱時、また平時の滋養強壮、肉体疲労に対して効果のあるこちらの栄養ドリンク。この栄養ドリンクもちろんノンカフェインだ。

 食欲不振・栄養障害にも効果があるため、疲れや睡眠不足等で食欲の落ちている方にもおすすめの栄養ドリンクである。風邪を引いた時のみならず、普段飲む栄養ドリンクとしてもおすすめだ。

*価格:一本あたり605円〜
*用法・用量|成人(15歳以上)、1日/1本(30ml)


 風邪はタイミングを選んでくれはしない。「風邪なんてひいてる場合じゃない」なんて時に限って風邪を引いてしまったりするものだ。

 上記で紹介した栄養ドリンクは勿論全てノンカフェイン。就寝前でも安心して服用できる。風邪を早く治したいからといって、くれぐれも風邪薬と栄養ドリンクの併用は避けるように。コンプライアンスを守って、正しく風邪を治していこう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する