1. 東京のおすすめライフスタイルショップ:未来の“自分流儀”が見つかるーー

東京のおすすめライフスタイルショップ:未来の“自分流儀”が見つかるーー

出典:adamkay99.wordpress.com
 最近よく耳にするようになった「ライフスタイルショップ」。ライフスタイルショップとは衣・食・住、生活に関する様々な商品を取り揃えるショップのことで、文字通り“ライフスタイル”を丸ごと提案、販売しているショップだ。有名なところでは「無印良品」が、日本のライフスタイルショップの代表格と言えるだろう。

 最近では、アパレルやインテリアなどの大手企業がプロデュースするライフスタイルショップや、店主の個性をウリにする個人のライフスタイルショップなど、様々な形態のライフスタイルショップも続々とにオープン。また、ショップ内にカフェやスク-ル、ギャラリー(教育性)なども併設しているライフスタイルショップも増えてきた。

 ショップそれぞれに個性が分かれるライフスタイルショップだが、自分の価値観と一致したライフスタイルショップが見つかれば、今以上の洒脱なライフスタイルを手に入れられるはず。そこで、東京の数あるライフスタイルショップの中から、特におすすめしたいライフスタイルショップを紹介していこう。

男性目線で選ばれたアイテムが並ぶライフスタイルショップ

■Archivando(アルチヴァンド)
出典:www.archivando.jp
 渋谷・神山町にある同店。女性目線のライフスタイルショップが多い中、同店は男性目線の商品を中心に販売しているライフスタイルショップだ。そのため客層も、男女半々ぐらい、カップルや夫婦での来店も多いと言う。

 同店には、キッチン用品やバスグッズ、文具などの定番のライフスタイル商品の他に、作家による木工品や磁器、ルワンダの伝統工芸品のバスケット、ドイツのターク社の鉄製フライパンなど、国内外から選ばれた多種多様なライフスタイルアイテムが並ぶ。

47都道府県それぞれの“個性”が感じられるご当地ライフスタイルショップ

■d47 design travel store(D47・デザイン・トラベル・ストアー)
出典:www.hikarie8.com
 47都道府県それぞれにある、「個性」や「らしさ」を選びだして、観光ガイドとしてまとめた「d design travel」編集部がプロデュースする同店は、渋谷ヒカリエ8階にあるライフスタイルショップだ。同店では、「d design travel」編集部が47都道府県の方々から直接、見聞き触れた地場産業や伝統工芸を中心に販売。47都道府県の、その土地の方々つくる魅力的なモノがショップに所狭しと並べられている。

クリエーターが通うホップアップなライフスタイルショップ

■BIRDHOUSE(バードハウス)
出典:ilove-birdhouse.com
 渋谷・神山町にある同店は、そのショップターゲットを「クリエーター」としている。とはいえクリエーターではなくとも、洗練されたライフスタイルを求める方にはおすすめのライフスタイルショップだ。

 世界中からセレクトした、雑貨、アート、工芸、観葉・多肉植物、植物のガーデンプランなどを提案。同店は、仕事場や居住空間を、楽しさで満たすための幅広いラインナップを独特な世界観で展開する“ポップアップデパートメントストア”と言えるだろう。

そこにいるだけで洒脱な世界観を感じられるライフスタイルショップ

■Heroomtage(エルムタージュ)
出典:heroomtage.com
 東京・青山通りから一本裏路地に入った場所にある、洒脱で小さなライフスタイルショップの同店。オーナーバイヤーの独自の感性を通じてセレクトした様々なアイテムを取扱っている。中でも、香りが心を癒すバス・スキンケアアイテムや、紙香水などは特にこだわりをみせる。

 他にも色とりどりのキャンドルや、上質なオリーブオイルなど、より洒脱なライフスタイルを望む方は是非、足を運びたくなるショップだ。また、恋人や知人へのアニバーサリーギフト選びにも最適なショップと言えるだろう。

「ACTUS」が展開する環境にこだわったライフスタイルショップ

SLOW HOUSE(スローハウス)
出典:www.slow-house.com
 家具や雑貨などを扱う「ACTUS(アクタス)」が展開するライフスタイルショップの同店は、2015年9月二子玉川(玉川高島屋S・C マロニエコート)にオープン。なお、二子玉川には「ACTUS」あるので、両方のショップを回れるとことが嬉しい。同店は、社会的な活動をブランドコンセプトに掲げ、環境や時代に逆流しない“本物”を適正な価格で提供する。ヴィンテージ家具や生活雑貨など、社会や環境にこだわったアイテムが豊富に揃っており、手作りや温もりを大切にした長く使えるものを求めて多くの方が訪れる。同店ではありのままのライフスタイル見つかるはずだ。
by Neil Kremer

 個人のライフスタイルが個性化、多様化するのに伴い、それを提案する「ライフスタイルショップ」ここ数年で、都市部を中心に急速に広がりを見せている。自分の価値観と共有できるライフスタイルショップは必ずどこかにある。ライフスタイルという“未来”を得るために、息抜きを含めてライフスタイルショップに行ってみるのも悪くない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する