1. 20代でも着こなせる「メンズスーツブランド」10選:若くてもカッコイイ「スーツ」を着たい。

20代でも着こなせる「メンズスーツブランド」10選:若くてもカッコイイ「スーツ」を着たい。

出典:miasposa.wordpress.com
 ビジネスマンにとってスーツは、いわば戦闘服だ。スーツを着ることにより気持ちを引き締め、仕事とプライベートのオンとオフをしっかりと分ける。戦闘服だからこそ、スーツを着こなすことの意義は大きいだろう。
 
 しかし、若いビジネスマン、とりわけ20代のビジネスマンにとってスーツのブランド選びに悩むことがあるのではないか。いいブランドのスーツを着たくとも金銭的に余裕もなければ、逆に無理をして買った高級ブランドのスーツでも「身の丈に合ってない」などと世間から反感を買う恐れもある。

 とはいえ世間は、20代だろうとあなたの着ているスーツを見ている人はちゃんと見ている。一般的に有名な一流ブランドのスーツではないにしろ、20代の自分の身の丈に合ったブランドのスーツを着こなしていることが大事なのだ。そこで、悩み多き20代のビジネスマンが“見られても胸を張れる”スーツのブランドを紹介しよう。

 定番ブランドから、知る人ぞ知る“通”なブランドを押さえて、自分好みのメンズスーツブランド探しの参考にしていただきたい。

【20代におすすめのスーツブランド】世界中のビジネスマンに愛用されているグローバルなスーツブランド

■HUGO BOSS(ヒューゴ・ボス)
予算 : 6万円~10万円
出典: Amazon.co.jp
 日本ではまだそこまで知名度が高くないドイツのスーツブランド「HUGO BOSS」だが、世界的に見れば流行に流されないデザインで、20代を含む幅広い年代のビジネスマンに愛用されている。元々が作業着であったオーバーオールを販売していたブランドとあって、様々な動作によく耐えられる素材で作られているスーツだ。

 価格も20代のビジネスマンにしてみたら安くはないが、アウトレットセールなどを狙えばこれよりもオフプライスが見込めるはずだ。世界中で愛用されているメンズスーツの約15%が同ブランドのスーツと言われている中、グローバルで仕事をこなしたい20代のビジネスマンにはおすすめのスーツブランドと言える。

【20代におすすめのスーツブランド】色気と遊び心を兼ね備えたスーツブランド

■TAKEO KIKUCHI(タケオ キクチ)
予算 : 4万円~10万円前後
出典: Amazon.co.jp
 ブランドコンセプトは“色気と遊び心”という、「TAKEO KIKUCHI」のスーツ。イギリスの伝統的なデザインを基本とし、着こなしの楽しさを表現しているスーツだ。ブランドターゲットも“20代~30代”ということで、まさに20代のビジネスマンが選びたいスーツと言えるだろう。

 同ブランドのスーツは、機能性とデザインを追求するという考えに則っており、その人がいかに美しくかっこよく見えるか、表現するか、そのための道具”という理念がある。ブリティッシュなデザインの中にも、日本人デザイナーならではの繊細さも兼ね備えた、20代のビジネスマンにおすすめのスーツと言えるだろう。

【20代におすすめのスーツブランド】佐藤可士和プロデュースによるスーツブランド

■SUIT SELECT(スーツセレクト)
予算 : 2万円~4万円前後

出典: Amazon.co.jp
 クリエイティブディレクターの佐藤可士和氏がプロデュースするブランドが「SUIT SELECT」。20代のビジネスマンにおすすめしたいその理由の一つは、まず無駄のない革新的に綺麗なシルエットだ。

 同ブランドは、“スリム”、“シャープ”、“直線的”がキーワードの『BlackLine(ブラックライン)』と、“エレガント”、“曲線”、“コンフォート”がキーワード『SiverLine(シルバーライン)』という、2つのラインに分けたアイテムを展開。

 そしておすすめの理由その二は、価格。20代のビジネスマンのスーツ選びにおいて価格は重要だ。同ブランドは革新的なデザインのスーツでありながら量販店なみの価格を実現。“かっこいい20代のビジネスマンでありたいけれど財布の中が心配”な方には嬉しいスーツブランドと言えよう。

【20代におすすめのスーツブランド】ハリウッドセレブも愛用するスーツブランド

■CALVIN KLEIN(カルバン・クライン)
予算 : 4万円~10万円前後
出典: Amazon.co.jp
 2015年の第72回ゴールデングローブ賞に参列した多くのセレブたちが同ブランドのスーツやドレスを着用し話題となった「CALVIN KLEIN」。同ブランドはシンプルな作りにもかかわらず、モードな印象を持ち合わせたニューヨークスタイルを確立。また、シンプルならではのスタイリッシュなデザインが、身の丈に合うスーツを選びたい20代のビジネスマンにも大いに受け入れられるはずだ。

 同ブランドは、紳士的かつ遊び心のあるスーツが特徴的。メジャーブランドということもあり、ブランドイメージを損なわず、ハリボテにならないよう気をつけて着こなすことが大事だ。

【20代におすすめのスーツブランド】これを着ていれば間違いないスーツブランド

■COMME CA ISM(コムサイズム)
予算 : 3万円~4万円前後
出典: Amazon.co.jp
 「COMME CA ISM」のスーツは、汎用的なデザインやアウトラインが多くどんなシーンにも着こなせるのが魅力だ。価格もメジャーブランドにしてはかなりリーズナブルな設定になっているので、20代のビジネスマンには手の出しやすいブランドと言えるだろう。黒を基調としたベーシックなモードスタイルなデザインはが流行に左右されず、長く愛用できる。
 
 ブランドターゲットも20代~30代としており、若い20代のビジネスマンなら同ブランドのスーツを着ている方も多いかもしれない。ともすれば、同ブランドのスーツは
“見られても胸を張れるスーツ”のテッパン中のテッパンということだ。

【20代におすすめのスーツブランド】20代前半~20代中盤の方には特におすすめのスーツブランド

■NANO・UNIVERSE(ナノ・ユニバース)
予算 : 4万円~
出典: Amazon.co.jp
 高いクオリティーのライフスタイルを届けるために生まれた「NANO・UNIVERSE」。同ブランドが提案するヨーロピアンテイストは、季節感ある生地、トレンドを意識したシルエットで、どんなビジネスシーンにも対応できるスーツと言える。

 スーツ価格も比較的リーズナブルで、さらにクラシカルでトラッドなところが若いビジネスマン、特に20代前半から20代中盤のビジネスマンには嬉しいところだ。ただし、20代後半以降になるとちょっとカジュアルすぎるという方もいるのは事実。年齢がすべてというわけではないが、自分が求めるスタイルと照らし合わせて選んでいだきたい。

【20代におすすめのスーツブランド】あのユナイテッドアローズが展開するスーツブランド

■green label relaxing(グリーンレーベル・リラクシング)
予算 : 5万円~6万円前後
出典: Amazon.co.jp
 「UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)」のブランドの中でも、コスパが高いと評判の「green label relaxing(グリーンレーベル・リラクシング)」。同ブランドは、もともと“結婚後、あまり経済的に余裕のない大人の男性でも手に取れる値段で”というコンセプトで作られ、そのため20代の男性には特に人気の高いブランドだ。

 中でも同ブランドのスーツは、クラシカルなアウトラインと高いデザイン性に優れており、かつ細かいディテールには大人な雰囲気も醸し出す、ビジネスシーン向けのスーツと言えるだろう。ちなみに、同ブランドのスーツはジャケットとパンツが別売りになっているのでご注意を。

【20代におすすめのスーツブランド】イメージを払しょくできるスーツブランド

■THE SUIT COMPANY(ザ・スーツカンパニー)
予算 : 2万円~5万円前後
出典: Amazon.co.jp
 「THE SUIT COMPANY」は、「洋服の青山」で有名な「青山商事」が手掛ける、20代向けのスーツブランドだ。語弊を恐れずに言うと、「洋服の青山」のスーツはどうしてもハイエイジなイメージがあるブランドだが、同ブランドはそれを一新。完全に20代向けのスーツブランドとして生まれたのだ。

 イタリアを代表とした上質な海外の生地を使った艶っぽいスーツや、エレガントながらもお高く留まらないカジュアルを残したスーツなど、20代のビジネスマンらしいバランスの取れたスーツが魅力だ。まさにコストパフォーマンスに優れたスーツブランドと言えるだろう。

【20代におすすめのスーツブランド】大事なビジネス用に一着は持っていたいスーツブランド

■RALPH LAUREN(ラルフローレン)
予算 : 10万円~15万円前後
出典: Amazon.co.jp
 アイビーリーグの流れをくむトラディショナルなアウトラインが特徴的な「RALPH LAUREN」のスーツ。イギリスの伝統的なファッションをアメリカ流にアレンジしたスーツは、しっかりとした肩のラインとスタイリッシュなウェストラインがブリティッシュジェントルマンを思わせる。

 20代のビジネスマンが同ブランドのスーツを着ていたら、“ちょっと身の丈に合ってない”と感じるかもしれないが、そんなことなはい。同ブランドのポロシャツに代表されるように、20代の若者向けにも合ったスーツもあるのだ。価格は安くはないが、こんなエレガントなスーツを一着ぐらい持っているのもありだろう。

【20代におすすめのスーツブランド】3つのモデルから選べるスーツブランド

■Perfect Suit FActory(パーフェクト・スーツ・ファクトリー)
予算 : 2万円~4万円前後
出典: Amazon.co.jp
 前記した「洋服の青山」同様に、紳士服専門チェーンで有名な「はるやま商事」が手掛ける20代の若者向けスーツブランドが「Perfect Suit FActory」だ。同ブランドもハイエイジなイメージを一新。20代向けのスーツブランドとして人気を得ている。

 同ブランドのスーツは、『ベーシックな中にもトレンドを入れた“スタンダードモデル”』、『高級ファブリックを採用した“クラシコモデル”』、『デティールにこだわったデザイン性の高い“コレクションモデル”』の、3モデルからなる。すべてのシーンに対応したオールマイティーなスーツブランドと言えるだろう。


 自分のスタイルに合ったスーツブランドは見つかっただろうか。毎日着るスーツだからこそオシャレに着こなしたい。それも、なるべくなら、いいブランドで、スタイリッシュなスーツを選びたい。とは誰もが願うことだ。

 価格・デザイン・ブランドのネームバリューなど、スーツを選ぶこだわりはそれぞれだと思うが、どんなスーツを着るにしろ仕事ができてこそビジネスマン。戦闘をしないのに戦闘服を着ても意味がないのと同じで、スーツはあくまでビジネスの潤滑油であることを忘れずに。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する