1. シャツのカラー(襟)がスーツスタイルの完成度を左右する! シーンに合わせたカラーを徹底解説

シャツのカラー(襟)がスーツスタイルの完成度を左右する! シーンに合わせたカラーを徹底解説

出典:www.fabianvorderegger.com
 皆さんはスーツを着る際のシャツの襟(カラー)を気にしたことはあるだろうか? きっと気に留めない人も多いだろう。多く存在するシャツのカラーの種類。たかがシャツのカラーと侮ることなかれ、シャツのカラー次第で貴方のスーツスタイルの印象は大きく変化する。

 今回は、フォーマルな場に合わせるべきシャツのカラー、少しカジュアルなシーンで使いたいシャツのカラーなど、TPOに合わせたシャツのカラーの選び方をご紹介しよう。

あらゆるシーンに対応する万能カラー:「レギュラーカラーシャツ」

出典:www.amazon.co.jp
 最初に紹介するの最も一般的なカラーと言われている、「レギュラーカラーシャツ」。カラーの羽の開きは65°前後のもの、と覚えると良いだろう。

 スーツの着こなしにおけるシャツのカラー選びは、レギュラーカラーシャツを選んでおけば、まず間違いない。ビジネスシーンは勿論、フォーマルな場にも、カジュアルな場にも対応できる万能選手だ。

 衿羽が短い形をショートポイントカラー、長い形をロングポイントカラーと呼ばれるカラーの長さに気を付けることがポイント。短すぎるとカジュアル過ぎる印象を与えてしまいかねない。

 上記のポイントにさえ気をつけさえすれば、どんな時でも着用できるレギュラーカラーシャツ。迷ったときはこれを選ぶと失敗しないだろう。

人気上昇中! 注目カラー:「ワイドカラーシャツ」

 先ほど紹介したレギュラーカラーシャツと並んでシーンを選ばないカラーが、このワイドカラーシャツ。一般的に、レギュラーよりやや長めの襟羽とやや高めの襟足の高さ、襟羽開きが100度〜140度前後のものがワイドカラーシャツと呼ばれている。

 1920年〜1940年代のファッションに多大な影響を与えたイギリスのウィンザー公爵が好んで着用したことから、「ウィンザーカラーシャツ」とも呼ばれるこのカラーは、首回りがすっきり見えるため、ネクタイとの相性も非常に良く、Vゾーンを効果的に演出できるのも特徴だ。

 注意点としては、レギュラーカラーシャツと同じく、襟の長さに気をつけたいところだ。最近では、レギュラーカラーシャツよりも人気があるとも言われているワイドカラーシャツ。お気に入りのネクタイをアピールしたい日などにオススメだ。

ネクタイをとっても様になる!:「ボタンダウンカラーシャツ」

 次に紹介するのは、ネクタイを外したスーツスタイルで特にオススメしたいカラー。ボタンダウンカラーシャツ。

 「カラーが小さなボタンで留められているタイプのシャツ」という意味であり、もともとは「ポロカラーシャツ」という名称だった。その名の通り、乗馬用のポロシャツとして作られた「ボタンダウンカラーシャツ」は、カジュアルな印象を持ったカラーであることが特徴。

 ネクタイを外しても様になるのが、ボタンダウンカラーシャツの魅力。ネクタイを外したクールビズでのスーツスタイルに非常にオススメだ。

 昨今はスーツの着こなしの幅が広がっていることもあり、ボタンダウンカラーシャツを合わせるスーツスタイルも認められてきた。とはいえ、やはりカジュアルな印象を持つアイテム。確認した上で着るのがベターと言えるだろう。

フォーマルシーンに相性抜群:「ウイングカラーシャツ」

 数あるシャツのカラーの中でも、最もフォーマルな場に対応できるのが、この「ウイングカラーシャツ」だ。

 首の後ろの部分は首に沿って立ち、襟先が前に折れているのが特徴で、鳥の翼のように襟先が折り返され開いていることが名前の由来とされている。
 
 タキシードスーツに合わせるのにもってこいのこのカラー。蝶ネクタイとの相性も抜群で、結婚式などのフォーマルシーンでは欠かせない存在と言えるだろう。

クラシカルな雰囲気を演出したい時に:「タブカラーシャツ」

出典:www.josbank.com
 最後に紹介するカラーシャツは、左右の衿羽の裏につけられた小さなつまみひもにネクタイを通して、衿元のVゾーンを引き締めることが特徴のタブカラーシャツ。

 タブは大きく分けると、スナップボタンで留める「ホックタブ」とループでボタンにひっかけて留める「ループタブ」の2種類がある。

 ビジネスシーンでなかなか馴染みが薄いようにも思われるカラーシャツだが、ボタンダウンカラーシャツと同じく、昨今ではビジネスでの使用も一般的だ。

 「007 スカイフォール」でダニエルグレイグが着用したことでも話題になったタブカラーシャツ。クラシカルでエレガントなイメージな印象を演出したいときにオススメだ。


 以上で挙げた5つのカラーシャツのタイプを抑えておけば、ビジネスシーンでのシャツのカラー選びに困ることは無いだろう。その日の気分や、ビジネスシーンに合わせてカラーを選ぶことができれば、貴方のスーツスタイルは格段にレベルアップする筈だ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する