1. 洒落たセーターの着こなしこそ、冬のメンズの真骨頂。小粋なワザで魅せる大人のセーター着こなし方法

洒落たセーターの着こなしこそ、冬のメンズの真骨頂。小粋なワザで魅せる大人のセーター着こなし方法

出典:myfashionwants.com
 着こなし一つで様々な表情を見せてくれるセーター。ビジカジ両刀であるセーターは、メンズファッションにおいても非常に重要なアイテムだ。

 誰でも着られるセーターの着こなしは、まさにあなたの着こなしセンスが試されるもの。ここはぜひ、洒落たメンズとして一目置かれるような、抜きん出た着こなしを楽しみたい。

 他のメンズに差をつけた着こなしをご所望の際には、まさに本記事の着こなし方法がお役に立つことであろう。海外のおしゃれメンズから、洒脱なセーターの着こなしを学んでいこう。

メンズセーターの着こなし、基本はたった一枚から。

 メンズセーターの着こなし方法一つ目は、なんの小細工も行わず、たった一枚で着こなすことだ。

 少々厚手のメンズセーター一枚に、ラインの細いジーンズを合わせてカジュアルに。緩急をつけて、着こなし全体のバランスを取るのがおしゃれメンズの常套手段。

 本記事を読んでいるメンズ諸君は、“抜け感”という表現を耳にしたことはあるだろうか。抜け感を作る、ということは、着こなしのどこかに「ハズし」をつけて、こなれた雰囲気を醸し出すことを指す。

 写真のメンズの着こなしに当てはめれば、まさに足首のロールアップが“抜け感”にあたるのだ。

 メンズらしい武骨な雰囲気を保ったまま、“抜け感”を取り入れて、小洒落たセーターの着こなしを楽しもう。

セーターに加えるちょっとしたアクセントが、おしゃれ上級メンズらしい着こなしを魅せる。

 セーターの着こなしは、もちろんシンプルなスタイルでも申し分ない。だがよりおしゃれメンズらしい着こなしを楽しむなら、ちょっとしたアクセントを加えてみよう。

 セーター×シャツの着こなしは多くのメンズが既に実践済みだと思うが、セーターにいつも合わせているのは“無地”のシャツでは?

 洒落たメンズは、セーターに柄シャツを合わせてアクセントにするのが上手。赤いギンガムチェックは、シャツ一枚で着こなしてもキャッチーだ。

 シャツのカラーも、着こなしの中で同様にアクセントになっているのもお見事。肘部分にデザインが入っているのも、着こなし全体をこなれて見せる。まさにこれこそおしゃれの上手いメンズの鑑である。

カラーで着こなす大人のメンズセーター:ビビットカラーは洒脱な着こなしの味方

出典:discover0.com
 セーターの着こなしをおしゃれに仕上げたいなら、最も手軽な手段はセーターのカラーで遊ぶこと。

 ピンクなんてメンズらしからぬカラーだ、と思う方もいるだろう。しかしこちらのメンズ、スニーカーのアクセントカラーとセーターの色を合わせるという中々のおしゃれ上級者。

 同じ色を着ろ、とはもちろん言わないが、おしゃれメンズの着こなしテクニックは盗んでおいて損はない。

 ブライトなカラーと小物の色を合わせて、新たなセーターの着こなしを満喫してみてはいかがだろう。

セーターを着こなしのメインから外して小粋なメンズを演出

 セーターの着こなしというと、セーターに重きを置いて着こなそうとしてしまうメンズは多いだろう。

 着こなしというものは、別段たった一つのアイテムのみで完成することはない。トップス、ボトムス、シューズなど、様々なアイテムの組み合わせで決まるものだということを、メンズ諸君はご存じだろうか。

 セーターの着こなしにおいても、それは同様である。セーターよりも、柄のあるボトムをメインに着こなして、着こなし全体をまとめ上げる。なんていうのも小粋なメンズらしい着こなしだ。

 柄×柄なんて難易度の高い着こなしにはせず、柄を取り入れるのはボトムスだけに留めよう。それだけで十分、洒落たメンズらしい雰囲気は出る。

 おしゃれな着こなしは、常識からちょっと外れたところに潜んでいたりするのだ。

柄のあるメンズセーターは、カジュアルな着こなしが正解

 セーターではなくボトムスに柄を持ってくるのも良い着こなしテクニックだが、少々難しいと感じるメンズには無難に、セーターに柄物を持ってくる着こなし方法を進めよう。

 ボトムスとは異なり、セーターが着こなしの雰囲気を決めるメインアイテムとなるため、柄選びはこなれたメンズを演出するための最重要項目。

 柄物セーターを着こなしたい場合、ボトムスは色の濃いジーンズを合わせるのがおすすめ。どんなメンズセーターにも、柔軟に対応してくれる。

 セーターはフォーマルな場面にも使用できるアイテムだが、柄のあるセーターはカジュアルシーンの方が適している。変にシックに仕上げようとせず、カジュアルさ満点の着こなしに仕上げるべきだ。


 セーターの着こなしは奥が深い。本記事で紹介した着こなし方法以外にも、まだまだファッショナブルな着こなしはあるのだろう。
 
 国内外問わず世界中のメンズから愛されるアイテム、セーター。今回の記事を基軸として、より洒脱で、より小粋な、あなたらしいセーターの着こなしを見つけていってほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する