1. ワインに合う“つまみ”の簡単レシピ。コンビニで売っているモノが高級レストランの料理に早変わり

ワインに合う“つまみ”の簡単レシピ。コンビニで売っているモノが高級レストランの料理に早変わり

by Chef Cooke
 別にワインに限ったことではないが、酒のお共につまみは不可欠。つまみが美味しければ酒の美味さも一段と増すし、逆につまみがなければ、どんなに美味しい酒だろうとどこか物足りなさを感じてしまうはずだ。それだけ酒とつまみの両者は切り離すことができない仲と言えるのだ。

 特にワインはつまみを選ぶと言われている。高級レストランで食べられる一流料理ならいざ知らず、自宅でワインに合ったつまみを食べるとなると、本格的なつまみは手間暇がかかり中々作りたくても作れないし、また、買い求めるにしてもデパ地下でも行かない限り、それ相応のつまみも売っていない。

 ところが、コンビニで売っている食材にひと工夫を加えるだけで、高級レストランとまではいかないまでも、十分に美味しく、ワインに合ったつまみが作れるのだ。ワインのつまみの定番のチーズから、居酒屋で注文する王道のつまみまで、それらにひと工夫を加えるだけだ。それでは玄関開けたら2分でご飯ならぬ、“玄関開けたら2分でレストラン”なワインのつまみを紹介していこう。

ワインのつまみの定番・カマンベールチーズにひと工夫してチーズフォンデュに

by pedro_cerqueira
 まず、ワインのつまみの定番といえばチーズだろう。もちろんチーズはそのまま食べてもワインに合うのは周知の事実。だが、ここではコンビニで売っているチーズをひと工夫を加えるだけで、簡単にチーズフォンデュが作れてしまうレシピを紹介しよう。

【材料(2人分)】

■カマンベールチーズ(1/2)

■豆乳(適量)

【作り方】

①カマンベールチーズを器に移して溶けるまでレンジにかける。

②①に適量の豆乳を入れ、好みのとろみにする。

③クラッカー、焼き鳥(塩)、ちくわなどお好みのつまみや食材を浸して食べる。

 たったこれだけの工程で普通は作るのをためらってしまうチーズフォンデュが出来るのだ。このつまみに合うワインは、白ワインをおすすめしたい。

ビールのつまみの定番・枝豆がワインのつまみに早変わり

by Nemo's great uncle
 続いては、ビールのつまみの定番の枝豆だ。 もちろん枝豆もそのまま食べても美味しいのは確かだが、ただどうしても枝豆のイメージはワインというよりビールだろう。ならばワインに合ったつまみになる枝豆料理のレシピを紹介しよう。

【材料(2人分)】

■枝豆(1パック)

■パルメザンチーズ(適量)

■塩・コショウ・オリーブオイル(適量)

【作り方】

①豆を殻から取り出す。

②熱したフライパンにオリーブオイルと枝豆を入れて軽く炒める。

③塩コショウで味付けをしたら皿に盛りつけて適量のパルメザンチーズをかける

 以上がビールのつまみからワインのつまみに早変わりした枝豆炒めだ。もうひと手間をかけてもいいと言うのならば、枝豆を炒める時に一緒に刻んだニンニクを入れるとさらに美味しさが増す。このつまみに合うワインは、赤ワインをおすすめする。

ウィンナーソーセージに餃子の皮を巻き付けて炒めるだけでワインのつまみに

by Richard Elzey
 続いては、ウィンナーソーセージにひと工夫を施したワインに合うつまみを紹介したい。用意するのはウィンナーソーセージを餃子の皮だけだ。

【材料(2人分)】

■ウィンナーソーセージ(1パック)

■餃子の皮(ウィンナーソーセージの本数と同じ枚数)

■オリーブオイル・ケチャップ(適量)

【作り方】

①餃子の皮にウィンナーソーセージを巻き付ける

②熱したフライパンにオリーブオイルと①を入れて、表面を転がしながらウィンナーソーセージに火が通るまで焼く。

③お好みでケチャップを付けて食べる

 ウィンナーソーセージと餃子の皮という、ありそうでなかったこの組み合わせだが、これがワインにぴったり合うつまみになるのだ。このつまみに合うワインは、赤ワインをおすすめする。

ポテトサラダを使ったスペイン風オムレツでワインのつまみに

by jeffreyw
 ジャガイモの入ったスペイン風オムレツと言えば、ちょっとした高級レストランにでも行かないと食べられないものだが、これがコンビニのポテトサラダを使って簡単に出来てしまうのだ。

【材料(2人分)】

■卵(3つ)

■ポテトサラダ(1パック)

■オリーブオイル・ケチャップ(適量)

【作り方】

①溶いた卵にポテトサラダを入れる。

②熱したフライパンにオリーブオイルと①を入れて焼く。

③お好みでケチャップを付けて食べる

 味付けはお好みだが、コンビニのポテトサラダには味がしっかりとついているので、そのまま食べても美味しくいただけるはずだ。このつまみに合うワインは、スペイン産の赤ワインをおすすめする。

まぐろの中落ちをカルパッチョ風にしてワインのつまみに

by ayustety
 まぐろの中落ちと言えば日本酒でいただきたいものかもしれないが、実はワインのつまみにもぴったりなのだ。コンビニでは中々売っていないかもしれないが、スーパーに行ったら確実にあるだろう。

【材料(2人分)】

■まぐろの中落ち(1パック)

■オリーブオイル(小さじ一杯)

■塩・コショウ・わさび・マヨネーズ・醤油(適量)

【作り方】

①オリーブオイル、わさび、マヨネーズ、醤油を混ぜ合わせる。これがソースになる。

②皿に盛ったまぐろの中落ちに①をかける。

 マヨネーズや醤油は味が濃いので少量がおすすめだ。さらにひと工夫をするなら、ソースにワインビネガーを入れてもいいだろう。このつまみに合うワインは、赤ワインをおすすめする。

帰宅後1分で作れる! 缶詰を使ったワインに合うつまみ

by Alternative Heat
 もはやそれだけでも十分につまみとして完成している各種缶詰。しかし缶詰だけだと味気ないのも事実。そこで帰宅後1分で作ることができ、さらにちょっとおしゃれに感じるワインのつまみを紹介しよう。

【材料(2人分)】

■ヤングコーン(一缶)

■生ハム(1パック)

■オリーブオイル・塩・コショウ(適量)

【作り方】

①ヤングコーンに生ハムを巻き付ける。

②①を皿に盛りつけて、適量のオリーブオイル、塩、コショウを振りかける。

 盛り方に気を使えば、たったこれだけで高級レストランのオードブルとして出てきそうなワインのつまみだ。このつまみに合うワインは、赤ワインをおすすめする。


 ワインに合うつまみと言えば真っ先に思い浮かぶのが「チーズ」だが、そのチーズでもそのまま食べるのではなく、ひと工夫を加えれば前述のチーズフォンデュのように、簡単にそれ相応のワインに合う料理になってしまうのだ。しかも、そのワインに合うつまみがコンビニで買えるモノで作れるなら、なおいいだろう。

 ワインはつまみを選ぶかもしれないが、ならばワインに選ばれる(合う)つまみを作ればいいだけの話だ。今日の夜にでも帰ったら近所のコンビニに寄って、高級レストランに負けないワインのつまみを是非作っていただきたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する