1. ジャケットのインナーシャツにはこだわりを! おしゃれメンズの5つの“インナーシャツテクニック”

ジャケットのインナーシャツにはこだわりを! おしゃれメンズの5つの“インナーシャツテクニック”

出典:thelens.surfstitch.com
 冬のおしゃれメンズに欠かせないアイテムであるジャケット。そんな数多くの種類があるジャケットには、インナーのシャツ次第でおしゃれに差が出てしまう。

 メンズジャケットのかっこよさを上手に生かすためにも、インナーに着るシャツには気をつけたいところ。

 ちょっとしたシャツの着こなしテクさえ身につければ、他のメンズにおしゃれで差をつけられること間違い無し。ここでは、ジャケットに合わせるインナーシャツのメンズコーデについて5つ伝授しよう。

デニムジャケットには、渋い色のチェックシャツを合わせて着こなすのが“おしゃれメンズ”

 カジュアルな着こなしを楽しみたいおしゃれメンズには、デニムジャケット×チェックシャツのコーデは非常にお勧め。

 メンズファッションにおいて、ジャケットのインナーにチェックシャツをコーデすることは定評のあるスタイルだ。

 写真のおしゃれメンズのようにデニムジャケットのインナーに渋い色のチェックシャツを合わせることで、チェックシャツがアクセントとなりラフなスタイルを演出することができる。

 チェックシャツは、カラーバリエーションがあるため、着こなし次第で異なったメンズコーデを楽しむことができる。

黒のライダースジャケット×白シャツで、モノトーンに着こなしておしゃれメンズをアピール

出典:lookastic.com
 大人の品格をアピールしたいのならば、黒のライダースジャケットが良い。おしゃれなメンズならライダースジャケットをモノトーンにコーデして大人の着こなしを。

 写真のメンズは、黒のライダースジャケットに白のシャツを合わせたモノトーンな着こなしで全身をまとめている。

 インナーの白シャツには、丸首のシャツがセレクトされており、ラフな印象にならぬようコーデされている。

 パンツには写真のメンズのように、ライダースジャケットと相性の良いツヤのあるものをセレクトするのが正解。外見にまとまりを持たせ、上品な印象に。

 合わせるスニーカーも、モノトーンコーデを崩さぬよう、シャツと同じ白色をセレクトするのが吉。

テラードジャケット×チェックシャツで、フォーマルなメンズスタイルをコーデ

出典:desainwow.com
 大人の上品な着こなしには、テーラードジャケットが最適解。

 写真のメンズのように、テーラードジャケットのインナーに、チェックシャツをタックインしてコーデすることでフォーマルな印象を崩さずにチェックシャツを着こなすことができる。

 チェックシャツのカラーは、フォーマルなスタイルに合わせるために派手ではないものをセレクトするのが正解。

 紳士的なイメージのあるテーラードジャケットの雰囲気を崩さぬよう、インナーシャツをセレクトすることが大切だ。

フィールドジャケットに渋い色のシャツを合わせて、ラフにワイルドなメンズをアピール

出典:www.jcrew.com
 ミリタリーテイストであるフィールドジャケット。アメリカ軍の野戦用ジャケットがモデルとなっており、寒冷地でも使用できるよう立て襟仕様。

 そんな防寒性に優れているフィールドジャケットは、写真のメンズのように渋い色のシャツと合わせて着こなすことでラフでワイルドなスタイルにコーデすることができる。

 写真のメンズのように少々ワイルド感の強いフィールドジャケットには、ジャケットのトーンに合わせてインナーをセレクトするのが良い。

 この着こなしのおしゃれポイントとしては、写真のメンズのようにシャツの襟から白Tシャツを覗かせること。白Tシャツを覗かせることで全体の渋さにハズしを付けることができる。

MA-1ボマージャケットにはシンプルに白シャツを着こなし、ワイルドなメンズコーデに

 ワイルドな着こなしには、写真のメンズのようにカーキ色のボマージャケットをコーデするのが良い。

 写真のメンズが着こなしているボマージャケットは、2015年流行のアイテムであるためファッションの最先端を行きたいメンズには特にお勧めしたい。

 インナーにはシンプルにタイトな白シャツをセレクトし、ボマージャケットのボリュームある存在感が際立つよう着こなすのが正解。

 写真のメンズのようにボトムスを細身なもので合わせ、ボマージャケットのボリュームを強調するようにコーデするのは、ワイルドな印象を増すためにおしゃれメンズなら当然の着こなしテクだといえる。


 冬のメンズファッションには欠かせないジャケットは、インナーに着るシャツ次第で印象が変わるということを理解していただけただろうか。真のお洒落メンズになりたくば、中身までこだわることを必ず心掛けよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する