1. かゆいところに手が届く、便利な文房具12個:一度使うと手放せない、大活躍間違いなしの名脇役たち

かゆいところに手が届く、便利な文房具12個:一度使うと手放せない、大活躍間違いなしの名脇役たち

出典:www.unikcreations.net
 文房具は、仕事の効率を上げるためにとても便利なツールである。現代はデジタル化が進んでおり、学生の頃と比べて文房具を使う機会は減っているかもしれないが、それでも文房具はなくてはならない存在である。メモを取るとき、不在の人に連絡事項を伝えるとき、資料を綴じるとき、そのほかにも使う場面はいくつもある。

 いつも惰性でやっていた仕事も、ちょっと自慢したくなる便利な文房具を持っていれば、はかどるようになるのではないだろうか。また日常生活でも、封筒を切ったり、物を張り付けたり、便利な文房具が活躍する場所はあまたに存在する。

 そこで、今回は様々な場面で便利に使える文房具をたくさん紹介する。また、そんな機能まで果たして必要なのかと目を疑うような、でも使ってみたい、という便利な文房具も紹介したい。

おすすめ文房具:便利に使えるファイル

整理整頓がラクになる!:ソーテッドファイル

出典:www.amazon.co.jp
 スウェーデンの文房具ブランド「エセルテ」の人気アイテム。カラフルな壁掛け式フォルダーである。

 普段は壁にかけて、必要な時は持ち歩くこともできる便利な文房具だ。各フォルダーを個別に取り出すこともでき、各々独立して使うことが可能である。

 付属のシールで各ファイルに名前を付けられるので、整理整頓に便利である。その便利さゆえ愛用者も多く、色違いやサイズ違いで複数持つ人もいるようだ。

 今までうまく整理しきれなかった山積みの資料も、この文房具を使えば簡単にまとめることができるだろう。

これは便利。書き込みながら使える:バンドファイル

出典:www.amazon.co.jp
 今まで資料をクリアファイルに入れていた人には、画期的な文房具ではないだろうか。クリアファイルは資料を見やすく収納するのに便利だったが、資料に書き込むときにはいちいち取り出さなければならないという難点があった。

 しかしこの文房具なら、クリアポケットについている、上下にある帯に資料を差し込むことで資料を保存できるのだ。そうすることで、帯にかかっていない部分に書き込みながら資料を保存できる。

 この文房具は、主に吹奏楽や合唱をしている人が、注意されたことを楽譜に書き込みながら演奏できる、便利な文房具として使われている。しかし、工夫すればビジネスの場でも使えるだろう。ありそうでなかった便利な文房具だ。

オフィスに最適、もっていたらかっこよく見える:会議パッドファイル

出典:www.amazon.co.jp
 これはオフィスで大活躍間違いなしの、便利なファイルである。見開きの右側部分には、磁石で紙を挟むことができ、左側にはポケットがついていて少し小さめの資料をいれることができる。

 さらに真ん中にはペンホルダーもついており、これを持っていればスマートに、会議に臨めるかもしれない。

 ちなみに、右上の磁石の部分はあまり強くないようなので、大量の資料を扱う人には向いていない。会議など、ちょっとした場面で使うには、便利でかっこいい文房具だ。

おすすめ文房具:便利に使えるふせん

かっこ良いふせんNo.1:ポスト・イット強粘着モバイルメモ

出典:www.amazon.co.jp
 中身のふせんは、粘着力が従来製品のなんと約2倍。書き留めたメモを、携帯するビジネスツールにしっかりと貼り、はがすことも可能。重要事項を書いたメモが、はがれてどこかへ行ってしまうという心配も不要だ。

 ビジネスシーンを想定して作られた洗練された見た目は、ビジネスパーソンの持ち歩きに最適の文房具である。商談やミーティングでも浮くことなく使用できる。

 また、このふせんは罫線が入っており、書きやすい。しっかりした粘着のあるこのふせんは、手帳の足りなくなったページを拡張するときなどにも便利である。

ペンまでついてる便利なふせん:ペン付きエコメモノート

出典:www.amazon.co.jp
 ことらも職場で活躍するふせんだ。ペンがついているので、この文房具を持ち歩くだけで、いつでもメモを取り記録することが可能である。この手帳型の形も、しゃれていて持ち歩きに良い。

 また、大小さまざまな大きさのふせんがついているため、用途によって便利に使い分けられる。

 連絡事項等の情報量が必要なメモは白のふせん、ちょっとしたメモには黄色のふせん、資料の目印付けにはそのほかの小さいふせんといった風に、工夫次第で用途が広がる便利なふせんだ。

どんな紙でも付箋に、メモを保存するならこれ:キングジム 電子吸着ボード ラッケージRK10

出典:www.amazon.co.jp
 この文房具は、ふせんではないのだが、あらゆる紙類をふせんのように保存できるということで、付箋のカテゴリーに追加した。

 電池を使って吸着面の電極に電気を流し、静電気を発生させて髪を吸着する。もちろん、発生する静電気は微弱なものなので、人体に影響はない。

 小さいメモは、乱雑なものの中でなくしてしまいがちだ。この電子吸着パッドは、そういったメモの管理に大変便利である。

おすすめ文房具:使いやすさ重視! 便利なペンケース

取り出しやすさNo.1:コクヨ ペンケース

出典:www.amazon.co.jp
 飽きのこないデザインで、幅広い層から支持を受けるこのペンケース。このペンケースの最たる特徴は、ファスナーを開くとペントレー型になることである。

 普段はデスクの上でこのペンケースを開きっぱなしにしておけば、いつでも文房具が取り出しやすいペントレーそのものとして使用できる。

 ツートーンの色合いは、おしゃれで落ち着いたイメージを持たせることができ、デザイン性も抜群である。小さく見えても、実は多機能で便利な文房具だ。

ラクラク持ち運べるペンスタンド:コクヨ ネオクリッツ

出典:www.amazon.co.jp
 次はファスナーを開けると、ペンスタンドになるペンケースだ。中身を探って、目的のものをとりだすペンケースとは異なり、ペンスタンドなら一目でどこに何があるかすぐわかり便利だ。

 「ペンスタンドはいつもデスクの同じ場所に構えている」、というイメージを払拭する文房具である。持ち運びができるため、ペンスタンドはこれ1つと決めてしまえば、どこでもお気に入りの文房具を使うことができる。

 また、このペンケースは充電器ケーブル、イヤホンなど、デスク回りのものも入れやすいつくりになっている。そういったものを淹れて運ぶのにも便利に使える文房具だ。

ただの布ではない、驚きの文房具:美月幸房 くるくるペンケース

出典:www.amazon.co.jp
 何も入れないで広げていると、ただの布きれにしか見えないこの文房具。しかし、ペンをいれてくるくると巻けば、きちんとしたペンケースになる。

 幅をとらない、とても小スペースで使える便利な文房具だ。逆さにすると出てきてしまいそうだが、きちんと飛び出し防止カバーがついておりその心配は皆無である。

 飛び出し防止カバーをめくると、ホルダーがついていて、はさみなど色々なものを下げることが可能だ。更には、巻く向きを逆にすれば、ペンスタンドとしても使用できる。

 一枚の布を、ここまで多機能にする創造力はさすがである。珍しい形なので、周りから注目されること間違いなしの便利な文房具だ。

おすすめ文房具:使いようによっては便利!? 個性的な文房具

こんな接着剤が欲しかった!:コクヨ プリット ひっつき虫

出典:www.amazon.co.jp
 壁や貼るものを傷つけたくない、そんなときに大活躍するであろうこの“ひっつき虫”。何度でも貼ってはがせる接着剤である。

 練り消しゴムのようなこの文房具は、はがす時も跡がつかずきれいにはがせる。紙だけでなく、プラスチックや陶器などにも使用できる。

 また、固定するためのものとしても使うことができる。デスクにおいてある、ペン立てや場所をずらしたくない物を、しっかりと固定できる。もちろん跡は残らない。使い方の幅がとても広い、便利な接着剤だ。

絶対にまっすぐきれる:レーザーはさみ

出典:www.amazon.co.jp
 紙をまっすぐはさみで切りたいとき、今までどうしていただろうか。紙を折ったり、線を引いたりしている人が多いだろう。

 このはさみなら、そんなことは必要ない。まっすぐにのびたレーザーが、切るべき道筋をしっかり教えてくれる。また、そもそも折ったり、書いたりできないものをまっすぐ切るときにも便利だ。

 レーザー機能は、まっすぐ切れるかどうかを気にしない人にとっては蛇足かもしれないが、どうしても物はまっすぐ切れないと気が済まない、という方に是非おすすめしたい文房具だ。持っていたら、話題になること間違いなしの文房具ではないだろうか。

一度は使ってみたい!:OLFA ミシン目カッター

出典:www.amazon.co.jp
 この文房具、なにに使うのかというと、“ミシン目を作る”ことだ。刃の部分を紙に押し当て、カッターを使うのと同様の手順でひけば、簡単にミシン目を作ることができる。

 主に個人でチケット作りなどを行う際、使われることが多いようだ。しかしそれだけではなく、メモ用紙にミシン目を作って、切り離せる自作のメモ帳を作ったり、固いものの折り目付けるときなどにも使える。

 刃の切れ味もとてもよく、ストレスなくミシン目を作ることができる。買って後悔することはないだろう。使いだしたらはまってしまうこと必至である。


 ファイル・ふせん・ペンケース・その他と、4種類の文房具をご紹介したが、なにか気になるものはあっただろうか。デスク回りで便利に使用できるように、文房具も日々進歩している。ファイル一つをとっても用途が数多くあり、自分の好みや、どのような時に使いたいかで、自分に合うものを見つけることができるだろう。

 どの文房具も、自分のニーズに合ったものを見つけることで、仕事の効率が大幅に上がるのではないだろうか。また、ちょっとしたときに使いたい、少し珍しい文房具を利用してみると、ひょんな場面で大活躍したりと、思いがけない発見があるかもしれない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する