1. 「タックイン」でカジュアルスタイルをフォーマルに演出。シャツイン=おじさんではない!

「タックイン」でカジュアルスタイルをフォーマルに演出。シャツイン=おじさんではない!

出典:www.celio.in
 「タックイン」とは、シャツをボトムスの中に入れることを意味する。

 シャツをタックインすることは、スーツのようなフォーマルシーンでは当然の着こなしで、失礼のない綺麗なスタイルを演出してくれる。そのような、行儀の良いイメージのあるこのタックインをカジュアルスタイルにも取り入れたい。だが、人によってはタックイン=古臭いというイメージが定着しているため、カジュアルシーンにおいてはタックインではなくシャツ出しスタイルが主流だろう。
 
 タックインではなくシャツ出しの着こなしが主流になっている現在、シャツ出しコーデはお洒落だが、ルーズな雰囲気が強いため、かっちりした着こなしをしたい時には不向きとなってしまう。そのため、カジュアルシーンにもフォーマルな雰囲気を取り入れるために、タックインを上手に活用したい。ここではタックインスタイルの着こなしについて紹介していこう。

シャツをハーフタックイン:①白シャツ×柄パン

 シャツをハーフタックインすることで、フォーマルさとカジュアルさを融合させたようなスタイルに仕上がる。

 写真のような、シャツを半分だけタックインするテクニックは、数多くの海外メンズセレブも活用しており、シャツの着こなしに遊び心あるスタイルを演出することができる。

 写真のコーディネートは、パンツが夏の雰囲気をアピールしたアイテムでラフな印象が強いため、かっちりした着こなしを程よく演出するようハーフタックインで大人の上品さを取り入れている。

 半分だけシャツをタックインするというハーフタックインは、カジュアルスタイルに程よい品格を表現してくれるのでお勧めしたい。

シャツをハーフタックイン:②デニムonデニム

 こちらも上のコーデと同様、ハーフタックインとなっている。だが、上のコーデとは異なり、大人の上品さが見て窺える。

 デニムonデニムは上品なカジュアルさのある印象で、コーデをさらに品格良くするために、ハーフタックインのテクニックを活用しフォーマルさを程よく表現するのが良いだろう。

 ハーフタックインの着こなしでは、シャツによって普段隠れてしまいがちなウエスト周りのボディーラインもチラリと覗かせることが可能。

 タックインはフォーマルな印象が強いため、少々カジュアル寄りの印象にしたい時には、ハーフタックインというファッションテクニックを活用するのがいいだろう。

 ハーフタックインは、フォーマルさを忘れない大人のコーデが可能だという点において、是非覚えておきたい着こなしだ。

爽やかさとフォーマルの融合:スカイブルーシャツ×白パンでタックイン

出典:menstyle1.com
 フォーマルなスタイルというと、落ち着いた色合いの着こなしがイメージとして思い浮かぶが、写真のメンズは、明るい色で大人の上品さをタックインテクを用いて演出したコーデに仕上げている。

 スカイブルーのシャツを白のハーフパンツにタックインし、色合い的にカジュアルさが勝ってしまうスタイルを上品に演出。また、膝上丈のハーフパンツをセレクトすることで、全体を引き締め、よりフォーマルな印象にすることが可能となっている。

 タックインすることで、シャツ出しスタイルでは見えないお気に入りのベルトを最大限にアピールすることもできる。そのような意味でもタックインは非常にお勧めしたいテクだ。

カジュアル重視のチェックシャツをタックインしてフォーマルなスタイルに

出典:theberry.com
 カジュアルスタイルに良く活用されるチェックシャツも、タックインテクを用いただけでフォーマルな大人の印象に仕上げることができてしまう。

 写真のようにカジュアルな印象が強いチェックシャツは、トーンの重い色のデニムにタックインするのが最適だ。

 さらにチェックシャツの種類も派手さを抑えた色のものをセレクトすることで、大人にふさわしい品格をアピールすることができる。
 
 また、チェックシャツ特有のカジュアルな柄を程よく生かすために、胸元のボタンを少々広く開け、着こなしに軽さを持たせるとなお良い。

 普段カジュアルなスタイルにしか活用しなかったチェックシャツを、タックインテクを用いてフォーマルなスタイルに着こなしてみてはいかが。

パンツに細身のチノパンをセレクトし白シャツをタックイン:フォーマルな大人を演出

出典:menstyle1.com
 タックインをカジュアルシーンで活用するのはやはり、少々抵抗があり難しいと感じているメンズには、この着こなしから挑戦するのがいいだろう。

 白シャツ×チノパンの着こなしは、色合いがフォーマルなイメージに近いためタックインは非常に合い、より紳士的なコーデに完成する。

 また、写真のコーデを参考に、着こなしに合わせる小物アイテムは、大人の上品さを崩さぬよう、茶系のものをセレクトするのが正解。

 大人の品格のある着こなしにハズしをつけるために、サングラスなどをワンポイント取り入れることが、おしゃれメンズのテクニックであろう。


 日本のカジュアルシーンにおいてフォーマルさを取り入れるために、シャツをタックインするというテクニックはまだそこまで根付いてはいない。そのため、タックインをカジュアルシーンにも取り入れ、他のメンズとの違いをアピールしたいところ。

 タックインを上手に活用し、シャツの着こなしに大人の上品さを取り入れ、カジュアルシーンにフォーマルな要素をプラスしたスタイルで休日を過ごしてみるのも良いだろう。

 今回の記事から、まだまだ日本のカジュアルシーンに根付いていないタックインの良さを理解していただき、これからのコーデに活用していただけたら幸いだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する