1. スウェットで創る世界観。さりげないおしゃれで街に馴染めるデイリースタイルに。

スウェットで創る世界観。さりげないおしゃれで街に馴染めるデイリースタイルに。

出典:fashioncitizen.com
 スウェットといえば、誰もが一度は袖を通したことがあるであろう、ファッションアイテムである。スウェット、またはトレーナーと呼ばれ、アメカジに代表されるようにカジュアルのイメージが強い。

 日本では2000年代前半より、上下スウェットで統一されたおしゃれのスタイルを「セットアップ」と呼び、ヒップホップカルチャーやダンスカルチャーにて定着した。PLAYBOYやUNIQLOのセットアップスウェットを身に纏った「スウェット族」なるスタイルも登場した。

 スウェットは、どんな服にも合わせやすく、身近なおしゃれアイテムといえよう。最近では、スウェットパンツを取り入れたスタイルもよく目にする。そんなスウェットだが、着こなし方を誤ると部屋着のように見えてしまったり、幼く見えてしまったりと、おしゃれからは程遠くなってしまう。

 今回は馴染みのスウェットをアーバンライクなおしゃれへ、街に溶けこめるデイリースタイルなおしゃれへの活用術を紹介したい。

“サイズ感”を意識したスウェットでおしゃれに魅せる

 おしゃれで落ち着きのある大人のスウェット着こなし術は、サイジングが重要である。

 元々スウェットは、スポーツ選手が競技の前後に着用していた衣類であるため、リラックスして身に着けることができる。その為、スウェットは緩めのシルエットが多い。しかし、緩めのスウェットを着てしまうと幼く見えてしまいがち。対して、タイトなスウェットを選び綺麗めのスタイルをすると、大人のおしゃれの魅力がグッと増す。
 
 またロゴが入っているスウェットよりも、無地のスウェットの方が失敗しづらく、おしゃれの難易度は低い。

王道のおしゃれスタイル、スウェット×シャツ

 おさえたカラーのスウェットにチェックのシャツ。スウェットにシャツを合わせるスタイルは、昔から馴染みのある王道のおしゃれコーデだ。

 シャープで綺麗めにそろえたスタイルだが、足元をスニーカーで遊ばせてはずしている。そのことによりおしゃれさが際立つ。

フォーマルなおしゃれに取り入れるスウェット術

 紳士的でトラッドなスタイルのおしゃれにもスウェットはおすすめ。

 フォーマルにスウェットを取り入れることで、ソリッドな感覚を出しつつもフォーマルとカジュアルとの絶妙なバランスを保っている。

 スウェットと胸ポケットから見えるハンカチのカラーを統一しているため、より上品に洗練されたおしゃれとなっている。

トータルカラーは3色までがおしゃれポイント

 グラデーションがおしゃれなスウェット×シャツのコーデ。
 
 一見すると派手めに見えがちなコーデだが、使われている色が3色におさえられている。

 存在感のあるパンツを上手く履き着こなし、散らからずまとまりのあるスウェット術へ昇華させている。

飽きさせないボーダースウェットがおしゃれなコーデ

 ボーダーのスウェットにシャツを合わせた定番のおしゃれスタイル。こちらのおしゃれスタイルも人気が絶えず、飽きの来ないスウェットの着こなし方だ。

 インナーにシャツを着ることでウォーム感を出すことに成功している。秋冬にはまりつつも、爽快な印象が損なわれていない。

ブルゾンに重ねた、今流行りのおしゃれスウェット術

 スウェット×ブルゾンという飾らないおしゃれスタイル。

 ミニマムなデザインのブルゾンと同系色のシューズが統一感を演出。細めのパンツをロールアップし足首を見せることで、全体のサイジングがバランス良く整っている。

NY発祥の“普通さ”がおしゃれな「Normcore」ノーム・コア

スウェットを自然体の中で活かすのがおしゃれの秘訣

 昨今、NYのファッション界を中心にその名をよく聞く、“Normcore”(ノームコア)というスタイルが話題になっている。ノーマルとハードコアを合わせた造語で、究極の普通という意味だ。飾ったり、気取ることのないファッションスタイルが特徴だ。そのノームコアのおしゃれコーデにも、スウェットが取り入れられている。
出典:theidleman.com

スティーブ・ジョブズもしていた“究極の普通”

出典:www.slate.com
 タートルネックにジーンズ、ニューバランスのシューズという格好でおなじみのスティーブ・ジョブズもノームコアのスタイルだった。シンプル且つ自然に、自分らしさを表現しながらおしゃれすることが大切だ。ただし、ダサくなってしまうぬよう、サイジングには要注意。

 またFacebookのCEO、マーク・ザッカーバーグも毎日黒のスウェットパーカー、グレーのTシャツにジーンズという同じ出で立ち。彼らは毎日変わらぬ格好をすることで、意思決定にかかるエネルギーを省き、その分仕事へ還元させている。そこには実に合理的な理由があった。


 以上、大人になってから着るおしゃれなスウェット術の紹介を終えたい。誰しも1着は持っているであろうスウェット。ノームコアなどのトレンドの影響で、タンスの奥からスウェットを引っ張り出してきた人も少なくないのではないだろうか? 普段からスウェットを着ている人も、身に着けることが久しくなってしまったという人も、今回紹介したスウェットの着こなし方を参考にしてもらえれば幸いだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する