1. 「肌年齢=見た目年齢」という事実。いつまでも若々しい男に見られるための3カ条

「肌年齢=見た目年齢」という事実。いつまでも若々しい男に見られるための3カ条

by Boinink
  パッと見5秒で決まる印象。それは何が左右していると思いますか?  表情、ファッション、それとも髪型? どれも印象を決める一つの要素ですが、決定打になるのはズバリ「肌」

「第一印象」も「肌年齢」もすべて肌次第!

 新入社員が「はじめまして」と挨拶しに来た時、吹き出物ができて肌荒れしているよりも、羽生結弦選手のような健やかな肌の方が好印象のはず。

 そう、見た目の印象はほぼ肌質で決まると言っても過言ではありません! 

 さらに、肌は見た目年齢にも影響を思いっきり与えます。想像してみてください、福山雅治さんや関ジャニ∞の横山裕さんのような、何もトラブルがないツルツルの弾力肌を。彼らに共通するのは、実年齢よりも恐ろしいほど若々しいその見た目。横山裕さんは御年34歳、福山雅治さんに至っては46歳です。
 つまり、美肌を誇る彼らの肌年齢は実年齢よりも若いということ。肌年齢が若ければ、必然的に見た目年齢も若く盛れるわけです。

  もしあなたが実年齢より年上に見られがちだとしたら「貫禄があるように見えるのかな」なんて糠喜びはご法度。それは肌の警告サインに他なりません。

 カミソリ負けで、頬や顎の辺りがゴワついていませんか? 今のうちに肌の変化に過敏になっておかないと、今は健康そうに見える肌でも、3年後には万年ベタつきのオイリー肌になっているかもしれませんよ。

 顔は変えられませんが、肌はスキンケアを行った分だけ応えてくれます。福山雅治さんのような、実年齢と逆行する肌年齢になるためのスキンケア三か条キーワードは「泡洗顔」「シャワー禁止令」「保湿とターンオーバー」。この3つを実践して、肌年齢及び見た目年齢を若々しく保つ努力を行いましょう!

いつまでも若々しい男に見られるための三カ条

  • 泡洗顔で正しい洗顔術をマスターせよ
  • シャワー洗顔は肌トラブルを助長
  • 保湿+ターンオーバーのサポートが重要

その1:泡洗顔で正しい洗顔術をマスターせよ

by Ernst Moeksis
 まずは、正しい洗顔法を身につけましょう。大切なことは3つ、肌にダメージを与えないこと余分な汚れを洗浄すること必要な皮脂は残すこと。「洗顔一つにつけても難しい……」と思ったそこのあなた、この3つは『泡洗顔』で一気に解決できるのです。

 マシュマロのような柔らかい泡で洗うことで、ダメージを軽減し、余分な汚れのみを吸着して、肌にとって必要な油分は残せます。洗い上がりのツッパリ感が好きな人にとっては、物足りない洗顔かもしれませんが、「肌がツッパる」現象は必要な油分も洗い流してしまったということ。

 これ、肌にとって恐ろしく危険な行為です! 皮膚が「油分が足りない」と勘違いして、どんどん皮脂を分泌し出します。ただでさえ、テカリの原因である皮脂腺が発達している男性肌。ツッパリ洗顔を続けていると、顔が常にベトついている中高年のような肌への一直線です。

 ベトつき肌へのカウントダウンを止めて、若々しい肌に近づきたいなら泡洗顔がマスト。今すぐ、潤いを残すアイテムに切り替えるが吉です。

その2:シャワー洗顔は肌トラブルを助長

by kevin dooley
 朝シャンや夜風呂の洗顔時「シャワーを直接顔にあてている」なんてこと、ありませんよね? 肌の一番外側、潤いを守って乾燥を防ぐ「角質層」部分は、0.02mmほどの厚さしかありません。

 食品用ラップ程度の薄い膜に水圧の強いシャワーをあてることが、どれほどダメージに繋がるか想像は容易いはず。

 毎日シャワーによる洗顔を行えば、角質層が傷ついてしまい、乾燥のみならず赤ら顔や毛穴の開きなどの肌トラブルを助長しかねません。面倒であっても、顔を濯ぐ時は必ず手で水をすくって行いましょう。

 塵も積もれば山となるように、シャワーも毎日あてていれば汚肌になりますし、丁寧に手ですくって濯げば肌トラブルを寄せ付けない健康肌を育てることができます。

その3:保湿+ターンオーバーのサポート

by laszlo-photo
 若々しく見える肌と、実年齢よりも年上に見える肌の違いは、水分量にあります。潤いとツヤがあるNOトラブル肌なら、必然と若々しく見えるはず。

 しかし、水分量が少なくゴワついた肌であれば、疲れた印象を与え、おじさんの象徴でもある「顔のたるみ」ができやすくなります。

 水分量が少ない肌、イコール栄養が少ない肌です。栄養が足りなければ、新しい肌を作る作業(ターンオーバー)が滞ってしまい、肌の生まれ変わる28日周期が35日、40日、50日……と延びてしまいます。

 これが何を意味するかと言うと、剥がれ落ちるべき古い角質が28日を過ぎても肌の上に籠城し続け、不法滞在しているようなもの。新しい肌を作るために行き渡るべき栄養と水分が、古い角質に吸い取られ、ターンオーバーが邪魔される悪循環に陥るのです。

 だからこそ、肌の水分量を高める保湿が大事なのですが、現状このターンオーバーが乱れている人は、周期を28日に戻すことも忘れずに。保湿を徹底したとしても、古い角質が肌の上に残っていたら意味を成しません。

 ターンオーバーを促すためには、化粧水や乳液で肌の再生をサポートする成分を補給しましょう。

 今選ぶべき成分は、話題の注目成分「リンゴ幹細胞培養エキス」。一体何かというと、収穫後4ヶ月経っても腐らないリンゴの幹細胞を培養したエキスであり、肌のターンオーバーをサポートする力が優れている成分です。

 希少な成分なので、配合されている化粧品は値が高くなりがちですが、効果は折り紙つき。ターンオーバーを整えつつ、保湿を徹底することで、女性が羨むような若々しい美肌が作られます。

リンゴ幹細胞培養エキス配合『BULK HOMME(バルクオム)』

 スキンケアも歯磨きと同じで怠ると、虫歯ならぬ、ニキビや毛穴の黒ずみ、カミソリ負け、乾燥などの肌トラブルが起きてしまいます。肌トラブルを防ぎつつ、肌年齢を若く保つ秘訣は、この3ヶ条にあり。

「泡洗顔かどうかなんて分からない」「化粧品の成分なんてチンプンカンプン」そんなスキンケア難民に陥る前にオススメしたいのは、男性美容に特化したスキンケアブランドBULK HOMME(バルクオム)

どうせ使うのなら本当に良いものを使いたい!」という本物志向のあなた向きです。濃密な泡洗顔が叶う洗顔料、そしてリンゴ幹細胞培養エキス配合の化粧水と乳液のラインアップなので、まさに若々しい肌作りに打って付けのスキンケアアイテム。

 シェービング後にヒリヒリしやすい人でも安心の低刺激性なので、敏感肌や今肌トラブルを抱えている人にこそ試してみて欲しい実力派化粧品です。

「乳液のベトつき感が苦手で化粧水しかつけない」なんてあなたも、塗った瞬間サラッとするバルクオムの乳液なら抵抗感なしに心地よく使用できるはず。

 化粧品はライン使いをすると、それぞれの持つ特徴や効果が相乗されやすいので、洗顔・化粧水・乳液のライン使いを強くオススメします。

 今だと初回500円でバルクオムの3セットが始められるので、今の肌に満足していないなら一度試してみては?  ただし、売り切れ続出で入荷待ちの場合も多々あるそう。「肌を変えたい」と思ったら、今すぐ頼んでおくのが吉かも。

U-NOTE編集部おすすめ「BULK HOMME」

  • 肌のターンオーバーを整える「リンゴ幹細胞培養エキス」配合
  • 男性の肌について研究尽くされた男性専用コスメ
  • 今なら「洗顔」「化粧水」「乳液」の三種の神器がお試し7日分セット500円

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する