1. 誰もが羨む、東京の高級住宅街を一挙ご紹介! 東京都におけるセレブエリアの条件とは?

誰もが羨む、東京の高級住宅街を一挙ご紹介! 東京都におけるセレブエリアの条件とは?

出典:www.pvdatabase.org
 東京の高級住宅街と聞いて思い浮かぶのは、大企業の社長や芸能人、政治家など、とにかく高給取りが密集して住むようなエリアではないだろうか。

 たしかにそれに近いエリアも存在はするが、“お金持ちのみが住む町”という街が存在するわけではなく、逆にお金持ちばかりいるわけではないエリアに大金持ちが住んでいる、ということもある。

 つまり、高級住宅街という定義自体が難しいものであるのだが、基本的にはその土地に歴史があり、区画が広い住宅が多くある、もしくは高級な雰囲気を持つ住宅街のことをいうようだ。

 本記事ではその条件に合わせて、東京都において高級住宅街として有名な街とその特色を紹介していこう。

名実共に認められている、東京都の高級住宅街6選

再開発によって賑わう高級住宅街:東京都港区赤坂

出典:www.realestate-tokyo.com
 紀州徳川家をはじめとした武家の屋敷町だった赤坂。今でも皇室が使用されている広赤坂御用地は、昔からの由緒ある街並みの雰囲気を守ってくれている。有名な美術館が数多くあり、知的財産の数多く残る高級住宅街だ。

 TBS放送センターを含んだ商業施設である赤坂サカスが1994年に再開発され、再び赤坂は、東京のホットスポットとなった。付近には表参道や六本木、青山など、東京でも特に人気のリッチなショッピングエリアが数多いため、その点でも人気となっている。

 一坪およそ884万円で地価も高く歴史のあるこの街は、東京の高級住宅街として誰もが認めるエリアの一つだろう。

東横線沿線の高級住宅街:東京都目黒区・自由が丘

出典:us.jnto.go.jp
 住宅街に一歩踏み込むと、「外車を持たない人は住んではいけない」という都市伝説がささやかれるほど、沢山の外車を目にする。近くには、古くからの高級住宅街・田園調布があることで、今では自由が丘も、東京で人気の高級住宅街の仲間入りを果たしている。

 数多くの有名スイーツ店や美容室、雑貨屋などが軒を連らね、付近には産業能率大学や自由が丘学園などの大学もあり、高級住宅街であると同時に学生に人気の街ともなっている。

 東急東横線や大井町線とアクセスにも便利で駅前はとても賑やかだが、少し歩けば綺麗な石畳の桜並木通りが広がり、異国の地にいるような感覚が感じられる。

 大通りを除けば車の通りもさほど多くなく、高層ビルなどもないこのエリアは、東京とは思えないような静かで落ち着いた雰囲気が広がっている。まさに高級住宅街ならではの特徴と言えるだろう。

都会の中にたたずむ高級住宅街:東京都渋谷区・恵比寿

出典:florendacorpuz.tumblr.com
 実はその昔農業が栄えていたこの地域は、江戸時代には沢山の大名下屋敷が点在し、さらに明治期には「ヱビスビール」の工場が開設されていた。その工場の跡地を使用して再開発されたのが「恵比寿ガーデンプレイス」である。

 駅前は、繁華街のような雑多なイメージが若干ある恵比寿だが、駅から少し歩くと上に述べた恵比寿ガーデンプレイスがどっしりと構えている。そこから一気に雰囲気が変わり、ラグジュアリーな高級住宅街らしい街並みが代官山へと続いていくのだ。

 渋谷や中目黒、広尾へも歩いていける位置にあり、ハイセンスな飲食店の多い恵比寿は芸能人や有名人が住むことも多く、都会を楽しみたい人に人気の東京ならではの高級住宅街だ。

東京の高級住宅街といえばココ:東京都大田区・田園調布

出典:www.japan-talk.com
 高級住宅街の代名詞とも言える田園調布。国税調査を基にした東京都内の世帯平均年収調査でも、田園調布に住む人の平均年収は900万円近く、高額納税者数・坪あたりの価格などの様々な面を考慮しても、間違いなく東京における「高級住宅街」と定義できる。

 このエリアは、理想的な住宅地「田園都市」の開発を目的として、実業家・渋沢栄一らによって大正期に開発された。フランスのパリをモデルに土地計画がなされており、駅と噴水を中心にして放射状に広がる美しい並木道が特徴だ。

 100坪以上、中には200坪や300坪クラスの大邸宅が、戦前より立ち並び今なお残る、東京都内きっての高級住宅街だ。

東京マダムの憧れ高級住宅街:東京都港区・白金

出典:www.utestate.com
 江戸時代の武家屋敷、明治期の華人や財閥の邸宅など、昔から有名人や大物経営者がこぞってこの街を選ぶ、東京都港区の白金エリア。現代でも最高級のマンションや億ションが立ち並び、東京都民なら一度は憧れる高級住宅街だ。

 バブル時期に流行ったのが、白金に住むマダムを表す造語である“シロガネーゼ”。「セレブ主婦といえばシロガネーゼ」と言われて一目置かれるほど、東京において確固たる地位を保持する高級住宅街である。

 さらに白金と言えば有名なのが、創業70周年を超えた老舗の宴会施設・八芳園。1万2000坪を有する当施設では、東京であることを忘れさせるほど美しい日本庭園を楽しむことができる。こうした施設から感じる贅沢感も、高級住宅街ならではのものだろう。

誇り漂う東京の学園都市:東京都世田谷区・成城

出典:www.realestate-tokyo.com
 昔からお屋敷街・高級住宅街として有名なのが、東京郊外にある成城だ。成城学園という私立校を中心として栄えた学園都市である。民俗学者の柳田國男が街づくりに携わったこともあり、多くの作家や文化人、芸能人が住んでいることでも有名だろう。

 敷地の一つひとつが広いため、物件数はそれほど多くないが、治安も良く落ち着いた雰囲気のこのエリアは、お金持ちに好まれる高級住宅街なのだ。

 近年の不況による影響は成城にも広がり、一時期は土地を細分化したり美しい景観の庭を切り崩したりなどの変化があったものの、危機感を抱いた住民たちが美しい街を守ろうと立ち上がり、「成城憲章」というこの街独自のルールが制定された。

 この憲章を元に、生垣やその他緑の保全、隣棟間隔の確保など、この街ならではの美しさを守り抜くための取り組みが行われている。高級住宅街としての伝統を重んじる、誇り高きエリアなのだ。


 これら東京の高級住宅街を見てみると、高級住宅街の条件には冒頭に述べた項目の他にも、街並みに統一感があり美しいこと、道路整備が行き届いていること、大きな公園や街路樹などにより緑が豊富であることなどが挙げられる。

 日本の中心、東京都における歴史ある高級住宅街はこれからも不動の人気を誇っていくことだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する