1. 電車内をライブスタジオに。「7つのおすすめの高級イヤホン」で変える通勤時間

電車内をライブスタジオに。「7つのおすすめの高級イヤホン」で変える通勤時間

出典:www.amazon.co.jp
 電車通勤の際にイヤホンで音楽を聴くビジネスマンは多いだろう。好きな音楽を聴く時間は多忙なビジネスマンにとって貴重な「自分の時間」となる。そんな時間をワンランク上のものにしてくれるのが、高級イヤホンだ。普通のイヤホンでは得られないような臨場感のあるサウンド、まるでそこにいるかのようなヴォーカルの声。窮屈な満員電車も、自分だけのライブスタジオになる。
 
 イヤホンというとすぐに断線してしまい、半年ペースで買い替える人も多いのではないだろうか。そう考えると2万円以上する高級イヤホンを買うのはかなり勇気がいる。しかし実は、高級イヤホンは普通のイヤホンよりもリーズナブルな場合があるのだ。なぜかというと、高級イヤホンには断線したらケーブルだけ買い足せばいい「リケーブル可能」なイヤホンが多いからだ。一度買ってしまえば、断線してもまたケーブルだけ買えば良い。安いイヤホンを消耗品として何度も買うよりも、リケーブル可能な高級イヤホンを思い切って買う方が、長期的に考えると良いのではないだろうか。

 では、さっそく高級イヤホンを紹介していく。

どんなジャンルの音楽でもおすすめの高級イヤホン

TopSound Electronics DUNU DN-2000

出典:www.amazon.co.jp
 まず最初におすすめするのは、「TopSound Electronics DUNU DN-2000」。カナルタイプのイヤホンだ。綺麗に伸び透明感のある高音と、心地の良い低音を聴かせてくれる。この高級イヤホンの特徴は音楽のジャンルを選ばないこと。どんな曲を流しても耳の中に何個もスピーカーが入っているように感じられる、立体感のある音を聴かせてくれる。

 くすんだゴールドとブラックの組み合わせの大人なデザインも魅力的だ。

まるでライブを聴いているかのような感覚になれる、おすすめの高級イヤホン

Ultimate Ears UE900s

出典:www.amazon.co.jp
 次におすすめする高級イヤホンは「Ultimate Ears UE900s」。カナルタイプのイヤホンだ。音に立体感があり、高音は細部まできっちり鳴り、低音はベースが綺麗に鳴る。全体的に音の輪郭がくっきりしており、ドラムの音がとても気持ちいい。まるで客席からライブを聴いているかのような感覚になれる。

 スポーティでクールなデザインにも惹かれる。

女性ヴォーカルとの相性が抜群な、おすすめの高級イヤホン

SHURE SE535 Special Edition

出典:www.amazon.co.jp
 次におすすめする高級イヤホンは「SHURE SE535 Special Edition」だ。カナルイヤホン。全体的に芯の通ったカッチリしたサウンドで、ヴォーカルの息継ぎの呼吸音までもしっかりと聞こえる。ヴォーカルが目の前にいるような感覚なのだ。フィット感が高く、外音遮断性、音漏れ防止にも長けている。特に女性ボーカルとの相性が非常に良く、女性アーティストをよく聴く人にはおすすめだ。

ずっと音に浸っていたくなる、おすすめの高級イヤホン

JVC HA-FX1100

出典:www.amazon.co.jp
 次におすすめする高級イヤホンは「JVC HA-FX1100」だ。カナルイヤホン。音の艶やかさ、深さ、生々しさ全てを兼ね備えており、ずっと音に浸っていたいと思わされる。不得意分野のないオールラウンダーで、グレゴリオ聖歌から、メタル系から、水樹奈々まで心地よく聴かせてくれる。

 木製の落ち着いたデザインがおしゃれ。

オーケストラをホールで聴いているかのような錯覚に陥る、おすすめの高級イヤホン

SENNHEISER IE800


出典:www.amazon.co.jp
 次におすすめする高級イヤホンは「SENNHEISER IE800」だ。小型のダイナミック型を搭載しており、まるでヘッドホンで聴いているかのような音場の広さが特徴だ。
 
 この高級イヤホンはなんといってもオーケストラを聴いたときの臨場感が素晴らしい。例えばモーツァルトのオーボエ協奏曲を聴くと、ホールで肘椅子に寄りかかりながら聴いているような気分になってしまう。ヴァイオリンとコントラバスが違う場所にあるのが分かるのだ。

バーチャルなスタジオが目の前に広がる、おすすめの高級イヤホン

SHURE SE846CL-A

出典:www.amazon.co.jp
 次に紹介する高級イヤホンは「SHURE SE846CL-A」。とても気持ちの良い高音を鳴らす。中音域は、生々しいヴォーカルを聴かせてくれる。特に、さ行・た行の表現が素晴らしい。そして、どこまでも深く沈む低音。しっかりと音楽全体を支える。
 
 音場が広く、ヴォーカルが目の前の景色と同化するような鳴り方をする。頭全体を覆うような鳴り方なのだ。まさにバーチャルなライブスタジオを形成していると言っても過言ではない。

 また、Perfumeなどのエレクトロ系の曲に含まれる微細な音がはっきりと聴き取れることも特徴だ。

ジャズやヴァイオリン協奏曲をよく聴く人におすすめの、高級イヤホン

AKG K3003

出典:www.amazon.co.jp
 次におすすめする高級イヤホンは「AKG K3003」だ。カナルイヤホン。解像度が高く、1曲1曲がリアルで緻密に聞こえる。ヴォーカルの声には芯があり、とても美しく聴こえる。ピアノも綺麗に鳴るので、ジャズとの相性が良い。

 クラシックを聴いてみると、音がシャープだ。特にヴァイオリンの音がしっかり聴こえるので、弦楽四重奏曲やヴァイオリン協奏曲をよく聴く人にはおすすめだ。

 以上、おすすめの高級イヤホンを紹介した。

 例えば通勤時間が往復で1日2時間だとすると、1週間では10時間もの時間を通勤に費やしていることになる。そうした時間をより良いものにする手段として、高級イヤホンは最適なのではないだろうか。
 
 自分に合った高級イヤホンを選び、贅沢な通勤時間を過ごそう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する