1. コミュ障が営業成績トップに! 苦手を克服する“のび太流の心構え”とは:『のび太でも売れます。』

コミュ障が営業成績トップに! 苦手を克服する“のび太流の心構え”とは:『のび太でも売れます。』

by Wacko Photographer
 のび太といえば、ドラえもんに頼らなければ、物事を上手くこなすことができない典型的なダメ男として知られているだろう。何かやらなければいけないことがあっても、苦手意識から怠けてしまう。自信があることといえば、あやとりと射撃くらいだろうか。

 漫画の世界だけでなく、現実の世界にものび太のような人はいる。苦手なことを苦手なままにしておくことに躊躇しない。自分が苦手ではないことだけをやっていこうとする。マイペースと呼ばれる性格も持ち合わせており、そのためコミュニケーションも苦手である。しかし、そのコミュニケーションが苦手なのび太が営業の仕事を任されたら、どうしたらいいのだろうか。苦手とは言ってられない。

 そこで今回は、酒井 晃士氏の『のび太でも売れます。 トップセールスが明かす世界一ゆるい営業術』より、のび太のような性格でも無理なく苦手な営業で、トップの成績を出すことができる、そんなドラえもんのひみつ道具のような営業術を学んでいこう。

苦手な営業でも自信を持つためには

by Wacko Photographer
 営業マンといえば、明るく爽やかな笑顔で優しく話しかけてくる気さくな人で、苦手なことが少なそうで、頼りになる男性を想像する人が多いのではないだろうか。そのような営業マンが営業成績を残すタイプだと思われるのは、このようなイメージからであろう。

 一方で、のび太のような外見は頼りなく、コミュニケーションがとりにくそうな暗い雰囲気がある。これでは、営業成績を残すことなんてできそうにもない。このようなイメージを持っている人は多いのではないだろうか。しかし、ここがのび太の強みなのである。

 従来の営業マンのイメージを持っている私達は、警戒心を持って、営業マンに接していないだろうか。一方で、従来の営業マンのイメージとは逆のイメージを持つ営業マンに対しては、警戒心は生まれにくいという利点がのび太にはある。この利点を持っていることに気付けば、自然と自信もついてくるだろう。

苦手なコミュニケーションを上手くするには

出典:www.amazon.co.jp
 営業において大事なことは、お客様とのコミュニケーションである。このコミュニケーションが営業成績に直結すると言っても過言ではない。しかし、コミュニケーションを上手くとることが苦手なのび太は、どのようなことを心がけてお客様に接していけばいいのだろうか。

 「タッチ&アウェイ」という営業の手法がある。これは、様々な通信媒体を駆使して、お客様と接点を持とうとするタッチを何度も繰り返す手法である。この営業の手法を用いることで、お客様との関係は自然と深まっていき、お客様に認知されることができる。また、長時間かけてお客様の前で苦手なプレゼンをする必要もなく、それ以上の営業成績を出すことが可能である。
 営業において、お客様から親近感を感じてもらえることは何よりも良い環境である。そのような環境をのび太のような営業マンが作るには、あえて完璧ではないことを隠さないことが重要なのだ。ドラえもんがのび太を長い間支え続けてきたのは、のび太に苦手なことが多くあったからである。そのような苦手なことを理解してもらうことで、お客様との関係は長続きする。

営業マンのび太流の成長の仕方

 のび太といえば、やらなけらばいけないことに対しても、だらけた気持ちで臨みがちな性格を持っている。のび太のような営業マンはON/OFFのスイッチを切り替えることが苦手である。だらけた気持ちで営業に臨むとお客様との信頼関係を崩しかねない。そんなのび太がON/OFFのスイッチを切り替えることができるようになるには、どうしたらいいのだろうか。

 営業先から直帰できたとしても、一度オフィスに立ち寄る癖を身につけるというのも一つの手だろう。営業先から直帰できるなら、直帰して早く仕事から解放されたいと思うものだろう。しかし、あえてオフィスに一度戻ることで、周囲の同僚からの評価も上がることもあり、退社することをOFFのスイッチと設定することができるのだ。

 のび太はネガティブ思考から、負の言葉をよく発してしまう。実際、のび太はよく不運に見舞われてしまい、何事も上手くいかないと感じてしまう。しかし、普段から謙虚な気持ちで、良い言葉を発しようと自分に言い聞かせれば、良い言葉が良い行動に出てくる。つまり、ポジティブ思考を持ち、前向きな言葉を普段から発していくことで、運気も上がり、何となく上手くいっている気がしてくるのだ。このように心がけるだけで、苦手なことでも自分の満足いく結果が出せるだろう。


 私達は、営業マンは出木杉くんのように優秀でなければ、結果を出すことができないと決め込んでいたのではないだろうか。一方で、このような先入観から、のび太は苦手な営業で営業成績を残しやすくなっている。この状況から、何においても優秀であることが良いというわけではないことが分かる。組織内において、自分はのび太のようにダメな奴だからと開き直るのではなく、組織にとって、のび太である自分はどんな役割を果たすべきなのか、考えてみることが重要なのではないだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する