1. 違いの差が出る大人のビジネスコートブランド。“愛され続ける定番”をおさえて洗練された毎日を

違いの差が出る大人のビジネスコートブランド。“愛され続ける定番”をおさえて洗練された毎日を

出典:dresslikea.com
 スーツで着込むことができないビジネスマンにとっては、秋・冬・春先で必要になる「ビジネスコート」。大型量販店などで、特にこだわらず買ってしまったビジネスコートを何気なく身に付けてはいないだろうか?  人の目に触れることの多いビジネスコートだからこそ、こだわりを持って選んでほしい。ビジネスコートにこだわりを持った分だけ、男性としての格が上がるはずだ。

 ただ、一概にビジネスコートといっても、ステンカラーコートやトレンチコートなど、その種類とスタイルは多岐に亘る。自分にあったブランドやお気に入りのブランドを探すことは、なかなか容易なことではない。今回は、そんなビジネスコートで愛され続ける定番ブランドを歴史と共に紹介する。

ビジネスコートの定番ブランド#1:BURBERRY(バーバリー)

出典:jp.burberry.com
 英国を代表するブランドの一つ、「バーバリー」。1856年に当時21歳だったトーマス・バーバリーにより創立され、160年の歴史を持つ。

 英国陸海軍のユニフォームとして正式採用、英国王室御用達のロイヤルワラントに選ばれるなど、数々の称号を授かりもした。
 
 バーバリーのビジネスコートは創業者トーマス・バーバリーによって考案された生地、「ギャバジン」を用いて製作されており、今なお根強い人気を誇る。

 また裏地には超有名デザイン、バーバリーチェックが施されている。ビジネスコートのブランドにこだわるならば、必ず一着はおさえておきたい。

 もはやビジネスマンの定番のアイテムとなっているこのブランドのビジネスコートは、現在「ヘリテージ・トレンチコート」というコレクションを展開している。
 価格帯は、メインラインやセカンドラインを含めると、2万円から30万円以上と幅も広い。年齢層のターゲットも広く、ビジネスコートとしてはトレンチコートやステンカラーコートも魅力があり、その他ダブルコート、ダッフルコートやピーコートなど様々な展開が見られる。

ビジネスコートの定番ブランド#2:MACKINTOSH(マッキントッシュ)

出典:www.dmarge.com
 レインコートやキルティングジャケットが有名な「マッキントッシュ」。こちらもイギリスを代表するブランドで、創立はバーバリーよりも古く1823年だ。

 雨風をしのぐのにはコートしかなかった時代、創業者チャールズ・マッキントッシュは、ゴム引きコートと呼ばれるレインコートを作り上げ、イギリス中を驚かせた。今でもイギリスでは、レインコートをマッキントッシュと呼ぶほど定着している。

 そのゴム引きコートは、現代にも受け継がれ、ゴムでのコーティングによる丈夫で高い防水性が際立つ。このブランドの機能性の高さは、ビジネスコートとして着るにもふさわしい。また時代にマッチするよう、さまざまな素材やデザインを取り入れ続けている。

 ブランドメインラインのビジネスコートの価格帯は、15万円前後だ。またそのセカンドラインとして、「マッキントッシュ フィソロフィー」や2015年秋より販売開始の「マッキントッシュ ロンドン」などが存在する。そちらのビジネスコートは、3万円からの価格帯ということもあり手に入れやすくなっている。

 広い世代に愛されるブランドの他とは違うビジネスコートを身につけ、人に差をつけてみてはいかがだろうか。

ビジネスコートの定番ブランド#3:Paul Stuart(ポール・スチュアート)

 「ポール・スチュアート」は、1938年、ニューヨーク・マディソンアベニュー45番地にオープンした。

 このブランドは、ブリティッシュクラシックにアイビールックを取り入れた「コンテンポラリー・クラシック」という新しいスタイルを確立させた。

 その斬新なスタイルはビジネスコートにも見られる写真のチェスターコートは、ウエストを絞っている為、引き締まったシルエットが非常に映える。

 落ち着いた雰囲気を醸しだし、上品な大人の魅力を最大限に引き出してくれる。ビジネスコートには最適なブランドだ。
 また世界中のセレブ達に愛されているブランドで、マイルス・デイヴィスやロン・カーター、フランク・シナトラなどの往年のスター達にも買い好まれていた。創業者のビジネスコート作りに対する信念が、彼らのような大物たちを引き寄せた理由のひとつでもあろう。

ポール・スチュアートはアメリカという国そのもののように、確固たる信念と革新的な姿勢を持ち続けている。「私達のデザインは英国の伝統に米国の視点を加えた最良の折衷主義(Eclecticism)だ。」と1988年のニューヨーク・タイムズの広告に謳った。ポール・スチュアートはやはりまた、アメリカ合衆国がそうであるように、「世界中の最高のもの」を求める。

出典:THEN AND NOW - Paul Stuart
  モダンでアーバンでスリムなラインが目を引く、ポール・スチュアートのビジネスコート。その対象年齢は25歳以上で、価格帯は10万円前後。最高の物を追求する姿勢に、気品溢れる良質のブランドだ。

ビジネスコートの定番ブランド#4:BROOKS BROTHERS(ブルックス・ブラザーズ)

 続いて紹介するのは、アメリカントラディショナルスタイルの代表的なブランドである「ブルックス・ブラザーズ」だ。1818年、ニューヨークで創立され、1850年に現在のブルックス・ブラザーズというブランド名に改名された。

 歴代アメリカ大統領に愛されていたことで有名で、あのリンカーン大統領が暗殺されたときに身に纏っていたビジネスコートも、このブランドのものだったとのこと。
 
 また、ボタンダウンシャツやⅠ型スーツなどを世界で最初に売り出したのも、このブランドである。
 1979年には初の海外展開として日本を選んでおり、湿度の高い日本に合わせた通気性や撥水性を持つビジネスコートなどの開発が続いている。日本人ならば愛着が湧いてしまうような歴史だろう。

 写真のビジネスコートは、ボックスシルエットと呼ばれるスタイルのポロコートだ。シンプルながらも紳士の魅力を演出してくれるこのビジネスコートは、世界中で人気を博している。

 このブランドのビジネスコートは、6万円から15万円ほどの価格で手に入れることができる。トラディショナルブランドとしては比較的リーズナブルなブランドだ。

ビジネスコートの定番ブランド#5:CALVIN KLEIN(カルバン・クライン)

 「カルバン・クライン」というブランド名を聞けば、誰しもがTシャツや下着、香水などを連想するだろうが、今回はビジネスコートを紹介したい。

 というのも、1968年の創立当初、創業者カルバン・クラインが最初の成功を掴んだのはコートからだったからだ。

 「全てはカッティングから始まる」という信条のこのブランドのビジネスコートは、ボディラインを強く押し出し、無駄のないシルエットで洗練された印象を与える。
 そのデザイン性ばかりに目が行くカルバン・クラインだが、アメリカントラディショナルが基盤になっている。その為、機能性が高いという点も特徴として挙げられる。
  
 写真のビジネスコートからも、ハリ感や撥水性の高さが伝わってくる。長い季節に亘り袖を通すことができるビジネスコートだ。

 メインブランドのCalvin Klein Collectionの他、低価格帯のCalvin Klein platinum label(カルバン・クライン・プラチナム・レーベル)というセカンドラインブランドもあり、広く愛されている。5万円以下でも購入できるビジネスコートがあるのは大きな魅力だ。

ビジネスコートの定番ブランド#6:RALPH LAUREN(ラルフ ローレン)

 1967年、ブルックス・ブラザーズにセールスマンとして勤めていた、創始者ラルフ・ローレンは手作りネクタイの製品ライン「POLO」を発表。瞬く間に成功を収め自身のブランド「POLO RALPH LAUREN」社を設立した。

 ブランドの特色としては、アメリカントラッドに、英国調を取り入れたスタイルを押し出している。

 1977年映画「アニー・ホール」への衣装提供。ウッディ・アレンやダイアナ・キートンなどがこのブランドの服を身にまとったことで「アニー・ホール・ルック」というスタイルが流行った。

 かのスティーブ・マックイーンも、このブランドを愛用していた。
 写真のビジネスコートは、ラグラン袖で着心地がゆったりとしているバルマカーンコートだ。時代に流されることのないデザイン性は、ビジネスコートとしてもカジュアルなシーンでも着ることができる。

 主に富裕層向けの高級ラインの「Ralph Lauren Black Label (ラルフ ローレン ブラック レーベル)」や、"最上級ファーストライン"として更にグレードの高い、「Ralph Lauren Purple Label(ラルフ ローレン パープル レーベル)」などのブランドラインが存在する。
 
 モダンでアイビーでプレッピーなライフスタイルを象徴するこのブランドを、ビジネスコートとして取り入れてみてはいかがだろうか。

ビジネスコートの定番ブランド#7:Aquascutum(アクアスキュータム) 

 1851年、創業者ジョン・エマリーはロンドンの中心地、リージェント通りにそのブランドをスタートさせた。ブランド名の由来はラテン語で水の楯という意味。

 ビジネスコートの定番といえるトレンチコートを開発したブランドとして有名であり、同社のトレンチコートの歴史は100周年を迎えたところだ。

 ブランドの顧客リストには、ショーン・コネリーやポール・マッカートニーなどの名前がある。

 またこのブランドは、世界初の防水ウールも開発した。ブランドの名の通り、防水性の優れたビジネスコートを提供している。気候の不安定な地域だからこそ特化された技術だ。

 その他、丈夫で動きやすいという点も、このブランドのビジネスコートの大きな特徴として挙げられる。外回りを中心に仕事している人にはうってつけだろう。

 そんな高い機能性を備えたビジネスコートブランド。英国で取り扱っているメインラインは、「LONDON」という名である。しかし、英国の物は日本国内であまり出回ることはなく、希少な物となっている。


 以上、ビジネスコートのブランドをいくつか紹介したが、皆様の御眼鏡に適うようなブランドを見つけることができただろうか? ブランド品だけあって少々値が張るが、その分、品質が良く長く着続けられ、時代を越えて普遍的に愛されているビジネスコートばかりである。

 気品溢れ洗練されたビジネススタイルを演出するビジネスコートに、是非一度袖を通して周囲を魅了してほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する