1. 中田英寿の名言に学ぶ“ベストを尽くす生き方”:「ベストを尽くせ。考えるよりまず動けばそれでいい」

中田英寿の名言に学ぶ“ベストを尽くす生き方”:「ベストを尽くせ。考えるよりまず動けばそれでいい」

出典:www.flickr.com

これをやれば勝てる、というものはない。自分のベストを尽くすだけ。後はもうなるようにしかならない。考えるより、まず動けばそれでいい。

出典:中田英寿 名言
 誰もが知る名サッカー選手、中田英寿の言葉だ。引退してもなお人気の衰えない中田英寿。中田英寿は現役時代、数々の試合でチームの勝利に貢献してきた。中田英寿は小学校からサッカーを始め、ジュニアユース、Jリーグ、イタリアでのセリアA、イングランドのプレミアリーグ、ワールドカップと、あらゆるステージでコンスタントに実力を発揮していた。

 そんな中田英寿のその実力の源泉は一体何だったのだろうか。中田英寿が著作やインタビューなどで語った、5つの名言から見ていこう。彼の名言から辿れる中田英寿という男の生き方ーーそれはベストを尽くすという生き方だった。

#中田英寿 #名言「基本に忠実に」

ヒデの名言#1

基本があれば1を100にすることだってできる。

出典:中田英寿 名言
 世界で活躍するスポーツ選手の多くが基本を大事にしているが、中田英寿もその例外ではない。
 
 中田英寿は「基本ができていなければ、それは必ずどこかで破綻する」とも発言しており、基本を非常に重視している。それは基本が、あらゆる高度な技術の土台となるからだ。中田英寿の素晴らしいシュート力も、中田英寿がコツコツと培ってきた基本によって支えられていたのだろう。

#中田英寿 #名言「飽くなき向上心」

 中田英寿は現役時代、決して現状に満足することはなかった。常に向上心を抱き続けた中田英寿の名言を紹介する。

ヒデの名言#2

自分が自分に”良くやっている”って思ったら、その時にはもう終わりが近いってことだよ。

出典:中田英寿 名言
 ドキッとさせられる言葉である。中田英寿は試合で何度も良い結果を出しながらも、満足したり安心したりするようなことはしなかったのだ。常に適度な緊張感を保っていたことが、中田英寿の実力の秘訣だったようだ。

ヒデの名言#3

いつも同じ状態ではなくて、新しいものを負わないと新しい結果も出ない。

出典:中田英寿 名言
 これは、サッカーの練習以外のことにおいても言えることだろう。中田英寿は「現状以上の結果を出したい」と考えるならば、新しいことにチャレンジする必要があると名言のなかで語っている。

#中田英寿 #名言「ミスは勝つためのチャレンジ」

 中田英寿はミスや失敗を恐れてはいけないと言う。その理由とは一体どのようなものなのか。

名言#4

ミスすることを恐れては勝利はない。それがどんなに大きなミスであっても、ミスしたことを後悔はしない。それも自分の実力の一部であるし、勝つためには避けて通れないチャレンジだから。

出典:中田英寿 名言
 中田英寿はミスしたことを後悔するのではなく、ミスを次の勝利のためのステップだと考える。確かに失敗から学べる事は、人生においても貴重なものである。

#中田英寿 #名言「毎日、できることを積み重ねていく」

名言#5

自分にできることを積み重ねていけば、必ず流れが変わる日が来る。それを信じていられるうちは、どんなことにも耐えられるよ。

出典:中田英寿 名言
 どんなに努力しても、上手くいかない時期が続くことはある。しかし、「いずれ流れが変わる」と思うだけで少し心が楽になり、努力を続けようという気持ちになれる。中田英寿はこのような考えを持っていたからこそ、厳しいプロサッカーにおいて活躍し続けることができたのだろう。


 以上、中田英寿の名言を5つ紹介した。厳しいスポーツの世界で実力を発揮し続けた中田英寿の名言には、私たちが日常において努力を続けるためのヒントがたくさん詰まっている。毎日毎日「ベスト」を尽くすことこそ、成功するための唯一の道なのかもしれない。中田英寿の名言は、私たちにベストを尽くすことの大切さを教えてくれるだろう。

 努力することに少し疲れてしまったときに中田英寿の名言を思い出すことで、再び前を向くことができるようになるかもしれない。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する