1. 「いい大人」だからこそジャンプを読め! ビジネスマンにおすすめのジャンプ漫画

「いい大人」だからこそジャンプを読め! ビジネスマンにおすすめのジャンプ漫画

出典:www.amazon.co.jp
  「大人になっても、ジャンプ漫画を読んでいるのは恥ずかしい」。そんな言葉をよく耳にする。確かに大人になったら、ジャンプ漫画は卒業するものなのかもしれない。事実、筆者も最近ジャンプ漫画から少し距離を置いていた。

 しかし、ジャンプ漫画には世代を超えあらゆる人の心を熱くする、そんなおすすめしたい作品たちが多くある。魅力的なキャラクターたちから放たれる名言は、王道を征くからこその普遍性が宿っているのだ。それはビジネスの場においても例外ではない。

 大人になってからこそ読みたい、社会で闘っている現在だからこそ響く、珠玉のジャンプ漫画を各作品の名言とともにおすすめしていこう。

まずはこれ! 世界一のジャンプ漫画:『ONE PIECE』(ワンピース)

出典:www.flickr.com

おれは助けてもらわねェと、生きていけねェ自信がある!!!

出典:ONE PIECE 10巻 90話
 もはや説明不要だろうが、ジャンプ漫画をおすすめする上でやはりこの作品を紹介しない訳にはいかない。世界中で圧倒的な売り上げを誇るこのジャンプ漫画は、少年の心をわくわくさせるだけの漫画ではない。大人でも、大人だからこそおすすめしたい台詞や場面の連続だ。

 仕事は自分一人で成立するものではない。ルフィの夢を憚らず叫ぶ胆力と何よりも仲間を思う心は、社会の場において必ず貴方を助けてくれるだろう。

ジャンプ漫画史上に輝く不朽のバスケ漫画:『SLAM DUNK』(スラムダンク)

出典:www.flickr.com

もはや何が起きようと揺らぐことのない、断固たる決意が必要なんだ。

出典:SLAM DUNK 25巻 216話
 こちらも説明不要のジャンプ漫画の金字塔「SLAM DUNK」。誰もがおすすめするスポーツ漫画の最高峰だ。あらゆる媒体でおすすめされ尽している事実が示す通り、この作品は、漫画の枠組みを大きく飛び越えた「人生の全て」が詰まっているといっても過言ではない作品なのである。

  もちろんそれは、ビジネスの場においても言える。リーダーの心得、チームを尊ぶ精神、挙げていけば枚挙に暇がない。どんなトラブルやアクシデントに陥っても「SLAM DUNK」の全てが貴方の力になるはずだ。

心に突き刺さる名言の宝庫!:『ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン』(STEEL BALL RUN)

失敗というのは……いいかよく聞けッ! 真の失敗とはッ!開拓の心を忘れ! 困難に挑戦する事に、無縁のところにいる者たちのことをいうのだッ!

出典:ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン 1巻 1話
 お次に紹介するおすすめのジャンプ漫画は、熱狂的なファンが多いことで知られるジャンプ漫画「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第七部である「スティールボールラン」。ジョジョはどの部もおすすめだが、今回は特に群像劇の色が強いこの七部をおすすめしたい。
 
 多様な価値観がぶつかり合う様は、まさしく社会と同じ。きっと貴方の人生における至高の名言と出会えるはずだ。

 また「スティールボールラン」は、もともとシリーズから独立した作品としてスタートしているので非常に取っ付きやすく、「これからジョジョを読んでみよう」という人にも非常におすすめのジャンプ漫画だ。

漫画家という“仕事”を真っ向から描き出したジャンプ漫画:『バクマン。』

出典:www.flickr.com

夢を追って敗れて後悔するなら納得できる。夢を追わなかったことに後悔したくない

出典:バクマン。 2巻 11話
 夢を追い続ける全ての大人におすすめしたいジャンプ漫画が、この「バクマン。」。佐藤健と神木隆之介のW主演で実写化され、大きな話題を呼んだことは記憶に新しい。絵の才能あふれる真城最高と、クラスメイトで超秀才の高木秋人がタッグを組んでジャンプ漫画のトップを目指す……というストーリーがとにかく熱い。

 時に満身創痍になりながらも、がむしゃらに夢を掴みに行く二人に魂を揺さぶらてしまう。自分には、こんな人生を共に賭けられるような友はいるだろうか、と考えてしまうだろう。

 他にも、普段知ることができないジャンプ編集部の裏側を知ることもこの作品の魅力のひとつ。「バクマン。」でジャンプ漫画の作られ方を知ってから、他のジャンプ漫画を読んでみるという楽しみ方もおすすめだ。

人気沸騰中! 今最もおすすめしたいジャンプ漫画!:『僕のヒーロアカデミア』

出典:www.shonenjump.com

情けない…情けない!!!君を諭しておいて…己が実践しないなんて!!!プロはいつだって命懸け!!!!!!

出典:僕のヒーローアカデミア 1巻 1話
 「現在、一番オススメのジャンプ漫画はなんだろうか?」と聞かれたら筆者はこの作品、「僕のヒーローアカデミア」と答えるだろう。それほどまでに人気が爆発しているこのジャンプ漫画は、将来のジャンプを背負って立つ作品になるともっぱらの評判だ。

 全ての人が“個性”という超能力を持つ世界で、“個性”を持たない主人公がその“個性”を悪用する者たちを取り締まるヒーローという職業を目指す……、という王道の展開は理屈抜きに引き込まれる。

 そんな本作に登場するヒーローたちは、各々がそれぞれのプロ意識を持って活動しており、その姿に学ぶことは多い。アニメも決まって絶好調の「ヒロアカ」は是非オススメのジャンプ漫画だ。

目的に猛進する貴方におすすめしたいジャンプ漫画:『DEATH NOTE』(デスノート)

出典:www.flickr.com

僕にしかできない 人を殺すのが犯罪なんて事はわかっている しかしもう それでしか正せない 

出典:DEATH NOTE 12巻 105話
 ビジネスマンたるもの、目的のためには手段を選んでいられないときもあるだろう。そんな瞬間に直面している貴方におすすめしたいのが『DEATH NOTE』。

 映画化、アニメ化、ドラマ化と話題にこと欠かないこの作品は、ノートに名前を書かれた人間は死ぬという力を持つ「デスノート」を使って新世界の神を目指す天才高校生、夜神月の物語だ。

 劇中での月のやり方は決して正しいとはいえないが、自らの信念のため汚いことも厭わないからこそ、次々に世界の意識を変えていけたのだろう。そんな月の圧倒的なカリスマ性にも注目してほしい。行き詰まる頭脳戦を楽しむのもおすすめだが、「仕事人」としての月の物語を読んでみるのも面白いかもしれない。

「個性」が最大の武器になる!:『アイシールド21』

出典:www.flickr.com

最後までよく頑張ったって褒められてえのか 負けたけど、俺たちがんばったよなって慰めあうのか 勝つ為にやってんだ 勝つ気ねぇがんばりなんざ、何の意味もねぇ

出典:アイシールド21 3巻 17話
 常識を破る漫画がある。スラムダンクが当時マイナーであったバスケットボールをメジャーな地位まで押し上げたように、このジャンプ漫画も同じようにアメリカンフットボールの知名度を大きく上げたことは間違いない。「マイナースポーツの漫画はウケない」という常識を打ち破ったのである。

 アイシールド21の登場人物は、みなチャレンジャーだ。決してエリートとはいえなくとも、一芸を持った寄せ集めの部員たちが強敵たちと闘う姿は、アメフトの細かいルールがわからなくとも心震えることだろう。スポーツジャンルのジャンプ漫画の中でも、間違いなく五指に入る超名作。チャレンジ精神を忘れかけている大人におすすめしたい。

大人の男たるもの使う言葉は常にクールに:『BLEACH』(ブリーチ)

出典:www.flickr.com

…あまり強い言葉を遣うなよ 弱く見えるぞ

出典:BLEACH 20巻 170話
 アジェンダ、アサイン、コミット……皆さんは、むやみやたらに横文字を使ってはいないだろうか? ビジネスの場においては横文字はつきものだが、あまり使いすぎるとかえって阿呆らしくなってしまう。大人のビジネスマンならば、台詞回しには気をつけることをおすすめしたい。

 主人公が「死神」という異色の設定、スタイリッシュな世界観とクールな台詞で彩られたこのジャンプ漫画はそんな貴方におすすめしたい作品。男心をくすぐる場面の連続にページを捲る手が止まらなくなること必至だ。

奇才が描く学園漫画!:『暗殺教室』

出典:www.shonenjump.com

学校や肩書きなど関係ない 清流に棲もうがドブ川に棲もうが 前に泳げば魚は美しく育つのです

出典:暗殺教室 3巻 17話
 マッハ20のタコ型超生物「殺せんせー」は、生徒たちの暗殺対象にして担任教師――。あらすじだけを見ると、荒唐無稽すぎて全く意味が分からないだろう。だが騙されたと思って一度読んでみてほしい。非常に道徳的なストーリーに不意を討たれるはず。

 落ちこぼれの生徒たちと暗殺を通じた絆で結ばれた「殺せんせー」が放つ言葉は、人生訓に溢れている。ビジネスの場においても、家庭でも恋愛でも、きっと実生活でも、心に残るような教えがあるはずだ。「殺せんせー」の授業、大人にこそおすすめしたい。

たまには息抜きしたい貴方におすすめ:『磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜』

特に何もしてないけど拙者今日もオツカレ!

出典:磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜 1巻 11話
出典:www.amazon.co.jp
 なにも熱くて感動できる漫画がジャンプ漫画の全てではない。疲れた貴方におすすめのゆっくり肩の力を抜いてリラックスして読めるような漫画――「磯部磯兵衛物語」はそんな作品だ。
 
 武士道学校に通う磯部磯兵衛がとくに武士になる努力をする訳でもなく、ぐだぐだな日々を送るだけの物語なのだが、軽妙な展開と台詞回しが思わず笑えて癖になってしまう。

 熱いジャンプ漫画を読んだ後は、この作品で息抜きするのがおすすめだ。時には磯兵衛のように脱力することも必要ではないだろうか。


 以上が大人にこそおすすめしたいジャンプ漫画10選だ。まだまだおすすめしたい漫画がたくさんあるのをお伝えしきれないのが残念であるが、とりあえずこの中から気になったおすすめ作品を手に取って読んでほしい。きっと人生の教科書といえる一冊になるはずだ。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する