1. キャップでハズす、お洒落なメンズコーデ集。“大人”だからこそキャップが活きる7つのコーデをご紹介

キャップでハズす、お洒落なメンズコーデ集。“大人”だからこそキャップが活きる7つのコーデをご紹介

出典:yourstylearmy.com
 キャップは、メンズファッションにとって欠かせないアイテム。しかしながら、往々にしていささかコーデが子どもっぽく見えてしまいがち。キャップコーデでお洒落なメンズを演出するには、如何にして「大人らしく」見せるかがポイントとなってくる。

 例えば控えめな色合いでコーデを組み、キャップを全体のハズしとしてコーディネートすれば、大人のメンズらしいスタイルを完成させることができるはずだ。キャップ上手く活かしたおしゃれメンズのコーデから、そのコーデ術を学んでいこう。

落ち着いたブラウンのキャップで、ワンランク上のメンズコーデ

 落ち着いたカラーのキャップを合わせたメンズコーデ。ブランドのロゴがコーデの程よいアクセントになっている。

 コーデ全体を見ても、ネイビーのトレーナーにカーキのパンツなので、大人メンズらしい落ち着いた印象のコーデになっている。

 キャップの色味だけでなく、コーデ全体の色味を抑えめに仕上げるのがおしゃれなコーディネートのコツなのだ。

カーキ色のシャツ×無骨な黒キャップでメンズらしい強さを

出典:blog.uncovet.com
 サイズの大きいシャツと、黒のスキニーパンツ。シンプルかつメンズらしさ満点のコーデに、色味を合わせたキャップでちょっとしたハズしを加えている。

 簡単ながらスタイリッシュに見えるこのコーデは、世界のおしゃれメンズも愛用中のスタイルだ。

 子どもっぽくなりがちなキャップスタイルでも、アイテム次第でメンズらしい無骨さを活かしたコーデに仕上がる。

レザーキャップが、コーデの上手いアクセントになる

 もともと渋い色合いのコーデながら、レザー素材のキャップがさらに小洒落た“苦み”を与えているこのコーデ。

 草食系男子が増えている、なんて世間では言われがちだが、このメンズのような辛口コーデでそんなイメージを払拭してみては。

 レザー素材の持つ上品な雰囲気も活かして、キャップスタイルで作り出すおしゃれな大人のメンズファッションを楽しもう。


ストリート感を残しつつ、キャップで魅せる小粋なメンズモノトーンコーデ

 白黒のみでまとめるモノトーンコーデなら、キャップスタイルもなんのその。文句なしのおしゃれメンズへと仕上げてくれる。

 キャップにスニーカーというラフなコーデながら、大人メンズらしい上品さ溢れる雰囲気をまとっているのが上手いところ。

 アイテムも全てシンプルなので、おしゃれに自信のないメンズでも気軽にトライできるだろう。

春のキャップスタイルもモノトーンでクールにキメる

 ニットコーデも、モノトーンでまとめればこんなにクールに仕上がるもの。強面な印象にならないよう、キャップでちょっとした遊び心を忍ばせて。

 キャップを被ればちょうど良くなる、というさじ加減でもともとのコーデを組むのもおしゃれメンズの常套手段。

 足下にかっちりシューズを持って来るなど、良い塩梅を心掛けよう。

休日コーデもキャップでハズす。カジュアルな大人スタイルを楽しもう

 ジャケットスタイルにキャップを合わせた斬新なコーデも、シックな色合いにまとめれば難なく着こなせる。

 カジュアルな休日スタイルに持ってこいのコーディネートだ。写真のメンズはキャップもシンプルなものを合わせているが、ロゴ入りのキャップなどアクセントのあるものを選んでも良いだろう。

ワイルドスタイルにこそ、キャップが似合う!

 全体を青でまとめたこのコーデ。スタイルを引き締めるアクセントはもちろん白キャップである。

 MA-1にサングラスというワイルドなコーデながら、荒々しくなりすぎないようキャップで上手にバランスを取っている。

 女性のキャップコーデはちょっとしたメンズらしさを足すものだが、メンズはむしろ無骨さを馴染ませるハズしアイテムとして使用すべきなのである。


 キャップは子供っぽさが出てしまいがちだと紹介したが、コーディネート次第では大人メンズには必須のハズしアイテムとして活躍する。

 キャップの良さを活かせるかどうかはあなた次第。本記事を参考に、洒脱なメンズコーデを学んでみてはいかがだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する