1. コート選びは形だけじゃない! 4つの色が与える印象&コーディネートのポイント解説

コート選びは形だけじゃない! 4つの色が与える印象&コーディネートのポイント解説

出典:www.henrilloyd.com
 冬に欠かせないファッションアイテムといえば、コートである。フォーマルスタイルやカジュアルスタイルによって、コートの種類はどうしようか毎年悩みの種だ。しかし、どの色のコートを選ぶかこだわったことはあるだろうか。

 他のファッションアイテムよりも身体を覆う面積が広いコートだからこそ、形だけでなく、その色にも注目したい。ひとに与える第一印象はビジネスマンにとって重要な点。できるならより爽やかに、より誠実に見られたい。そんな願いをコートの色でコントロール可能なら利用しない手はないはずだ。

 そこで今回、コートの定番色である紺色や灰色、茶色、黒色の4色に分けて、その色がひとに与える印象とコーディネートのポイントを解説したい。

紺色が魅せる男の色気。支持率No.1の紺色コート

 近年、メンズファッション界でその人気度を上げている色といえば、紺色。

 黒色よりは重たくならず、灰色よりもきちんと感を演出する紺色コートは、ビジネスシーンでもカジュアルシーンでも利用しやすい色のコートだ。
 
 紺色の与える知的さを最大限に活かすべく、紺色コートはホワイトシャツと組み合わせ、ネクタイやマフラーなど小物を利用して首元に明るめカラーを差し色に取り入れたい。

 アイテムの合わせ方によって子供っぽさを滲ませてしまうのが紺色コートの難点。カジュアルシーンでは柄物のインナーを避け、男の色気を醸し出そう。

シックな装いへと導く、優等生の灰色コート

 メンズ、レディース問わず、優等生カラーと呼ばれる、灰色。

 コートとしても着まわしやすさNo.1で、男の勝負どころではシックな装いへと導いてくれる灰色コートが、その本領を発揮するだろう。

 膨張色でもある灰色コートは、ブラウンスーツとの相性があまり良くない。また、渋さを追求してしまうと一気に老けた印象を与えてしまうのが灰色コートだ。

 コートの首元はそのままに、腕時計やカフスボタンでトレンドアイテムを選んでみせたら、男の遊び心を見せつけたい。

"あえて"選ぶ、誠実さとやさしさの茶色のコート

 ダークカラーが街中を覆い隠す、冬の時期。"あえて"茶色のコートを選ぶ小粋さを持ち合わせているだろうか。

 落ち着きと軽やかさを兼ね備えた茶色のコートは、相手に誠実な印象を与えると同時に、どこか親しみやすいやさしさを感じさせる。

 ビジネスシーンでは茶色のコートとダークトーンのスーツと合わせることでバランスを図り、カジュアルシーンでは同系色のアイテムと組み合わせることで調和を生むのが茶色のコートだ。

重厚感のある出で立ちへ。定番カラーの黒色コート

 季節に関係なくメンズに愛される色といえば、重厚感たっぷりに着こなせる、黒色。

 大人の男として精巧な顔つきへと変身させてくれる黒色コートだが、行き過ぎた重厚感は冷徹ささえも印象付けてしまうのが悩ましい。

 ビジネスシーンでは、黒色コートの演出する重厚感と清潔感をギリギリまで攻めるべく、ボタンダウンの白色ドレスシャツで着こなそう。

 カジュアルシーンでは写真のように、積極的に柄物を組み合わせ、明るい色のボトムスを合わせることで黒色コート特有の野暮ったさを払拭したい。


 大人の男の冬は忙しい。そんな冬の相棒といえるコートだからこそ、色にこだわることで自分自身をさらに格上げしてくれる。

 コートの色が持つ印象を上手に活用したら、今年の冬は“なりたい自分”へと変身しよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する