1. 大人はやっぱり「中身」(インナー)が大事! 多彩なシャツでデニムジャケットをアレンジ

大人はやっぱり「中身」(インナー)が大事! 多彩なシャツでデニムジャケットをアレンジ

出典:blogs.nordstrom.com
 どんなに外見が良くても、人間性が薄っぺらだと真のかっこいい男とはいえまい。やはり見た目と同じくらいに中身も大切だ。これと同じことがファッションにもいえる。ついアウターばかりに気を遣ってしまい、「中身のシャツはなんでもいいや」なんて考えている方が、実は多いのではないだろうか。しかし中に着ているシャツがイマイチだと、どんなに自慢のアウターも台無しになってしまう。

 ファッションも人間と同様、外見だけでなく中身もしっかり磨きたいところ。シャツを替えるだけでまったくちがった印象の着こなしになることを、本記事を機にぜひ覚えておこう!

同じデニムジャケットでもインナー次第で印象が変わる

インナーに白シャツ×ネクタイ×ベストでフォーマル風にコーデ

 デニムジャケットのカジュアルさを、フォーマル風にアレンジしたいメンズには、写真のようなインナーをセレクトするのがお勧め。

 インナーを白シャツ×ネクタイ×ベストの組み合わせでフォーマル風に着こなすことで、全体が上品にまとまり紳士感のある印象に。

 この着こなしは、パーティーや合コンなど少し気合を入れたい時に有効なコーデ。

インナーを白Tシャツでハズしてラフに着こなし

出典:lookbook.nu
 こちらの着こなしは、シンプルに白Tシャツのみをインナーにセレクトしたコーデだ。インナーに白Tシャツをセレクトすることでデニムジャケット姿をクリーンなスタイルに演出。

 また、パンツに黒をセレクトすることで全体がまとまって見え、インナーの白Tシャツともモノトーンでバランスの良いルックスに仕上げることができる。パンツの裾もローリングアップすることでヌケ感をアピール。

 このコーディネートは、シンプル且つラフなスタイルであるため、休日デートなどにお勧めしたい。

インナーに少し派手な赤ボーダーシャツでコーディネート

出典:styleblazer.com
 写真のメンズは色褪せの強いデニムジャケットをセレクトしており、インナーにコーディネートしている赤色のボーダーシャツが際立つように着こなしている。

 このようにインナーを強くアピールしたい時には、インナーにインパクトのあるものをセレクトするのが良い。さらに、デニムジャケットよりも丈の長いインナーをセレクトすることでインナーの存在感を増すことができる。

 また、ここではデニムジャケットの種類にも注目したい。もし色褪せの弱いデニムジャケットをコーディネートしていたとすると、インナーである赤色のボーダーシャツの存在感が薄れてしまい面白みのないコーデとなってしまう。

 履いているパンツも赤色のボーダーシャツが目立つように色味の薄いものをコーディネートしている。

 このコーデのようにインナーのシャツが主役となるよう、全体のコーデを考えるのも手だ。

インナーにチェックシャツで王道アメカジコーデ

出典:lookastic.com
 デニムジャケットのインナーにチェックシャツをコーディネートすることは定番で、王道なアメカジに仕上がるためデニムジャケット初心者にお勧めなコーデだ。

 写真の着こなしのように、インナーのチェックシャツに暖かみのある色をセレクトしその上にベージュの落ち着いた色のカーディガンを合わせる事で、お洒落メンズの技ありコーディネートに仕上がる。

 チェックシャツは他にも多彩な種類があるため、シーンに合わせてコーディネートを変えて楽しんでみるのも良し。

インナーに白Tシャツ×パーカーの重ね着で自在に体温調節

 デニジャケに白Tシャツだけでは少し寒いと感じた時は、パーカーをインナーとしてデニムジャケットにコーデする事をお勧めしよう。

 写真のコーデのように、デニムジャケットとパーカーの相性は意外と良く、その中でも特にグレーのパーカーに褪せデニムジャケットをコーディネートしたスタイルが色のバランス良くお勧め。

 季節の変わり目などの体温調節のためにもデニムジャケットとパーカーの重ね着を覚えておこう。

上下褪せデニムスタイルに褪せ色Tシャツをインナーにコーディネート

 こちらのコーデは、全身が褪せ色でコーディネートされており見た目の印象に渋くワイルドさを感じさせるコーデとなっている。

 また、このコーデのお洒落テクニックポイントとしては全身の褪せにあるといえる。

 インナーにあえて同色の褪せネイビーTシャツをセレクトすることで、インナーとアウターに色の統一感が生まれ、見た目にまとまりを演出。

 全身同色のコーデは、少し勇気が必要なコーデのひとつだ。だが、それをうまく着こなすことができれば必ずお洒落なメンズへと近づけるため、挑戦してみる価値がある。


 外見(アウター)だけでなく中身(インナー)までも気を抜かずに着こなすことで、一段上の男らしさを手に入れることができる。

  インナーまでもこだわりを持っているメンズはとても魅力がある。そんなお洒落で男らしいメンズを女性は放っときはしないはず。

 中身(インナー)は大切。中身が変われば全てが変わるということを覚えておこう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する