1. 本だって見た目が9割! トータルコーディネートで楽しむ、おしゃれな大人のブックカバー

本だって見た目が9割! トータルコーディネートで楽しむ、おしゃれな大人のブックカバー

出典:dailycuteboy.com
 おしゃれなブックカバーだと、本を開く機会も自然と増えてくる。日々の通勤時間、読書に勤しもうと決意したはずなのに、周囲の目を気にして諦める方も多いのではないだろうか。タイトルの目隠しとなり、おしゃれなデザインに読書意欲も湧くアイテム、それがブックカバーだ。

 自分だけの世界へ没頭できると同時に、通勤スタイルを邪魔することなく、普段のスーツスタイルとも合わせやすい。そんなトータルコーディネートで楽しめる、大人のおしゃれを極めたブックカバーをご紹介したい。

大人の贅沢さを愉しむ、おしゃれなウッド調ブックカバー

出典:www.varco.jp
 皮革製品を展開するVARCOが、本物の木と皮革をおしゃれに組み合わせ展開する、VARCO REAL WOODシリーズのブックカバー。

 世界トップクラスの技術を用いて木と皮革を縫い合わせたおしゃれなブックカバーは、独特の光沢となめらかな手触りが特徴的だ。ただ持ってるだけで大人の贅沢さを愉しめるおしゃれなブックカバーは、どこにいても本を開きたくなるだろう。

 ブックカバーの背表紙にあしらわれたおしゃれな皮革は、普段愛用するスーツとカラーコーディネートして選びたい。

アウトドアにも最適! おしゃれなコーデュラ素材ブックカバー

 次に紹介したいのは、アウトドアでお馴染みのコーデュラ素材で作られたおしゃれなブックカバー。

 ナイロンの7倍もの耐久性を持つ丈夫なコーデュラ素材のおしゃれなブックカバーは、ひとつのものを長く愛用したい大人の男にこそふさわしい。

 さり気なくタグをあしらったおしゃれなブックカバーのデザインが、どんな場所で本を開いても邪魔にならない。そんな安心感を与えてくれるおしゃれなブックカバーだ。

優雅な時間を提供する、おしゃれな鞄屋さん流ブックカバー

 大人の男の小物使いは、余裕を感じられるほうがいい。そう思わせてくれるのが、土屋鞄製造所が届けるおしゃれなトーンオイルヌメ アンティック文庫ブックカバー。

 このおしゃれなブックカバーに触れた瞬間、手の平に広がるしっとりとした肌触りとアンティークのおしゃれな風合い。それは読書の時間をグッと格上げしてくれること請け合いだ。

 使うほどに艶やかに表情を変えていくオイルヌメ革。自分だけのおしゃれなブックカバーへと育ててこそ、大人の男の優雅な読書スタイルではないだろうか。


愛読書に合わせて自由自在! おしゃれなカスタマイズブックカバー

 ブックカバーを愛用する読書好きにとって困りものなのは、本によってブックカバーのサイズが合わない点ではないだろうか。

 amanecaシリーズが届けるおしゃれなブックカバーは、「これひとつで事足りる」と銘打つほどの自由自在さを誇るおしゃれなカスタマイズブックカバー。

 文庫判からハードカバー、さらにはコミックまで対応可能なおしゃれなブックカバーは、真の読書家にこそ利用していただきたい一品だ。 

男の相棒の代名詞! おしゃれなレザー調ブックカバー

出典:www.e-look.jp
 これからの季節、ギフトにも最適なブックカバーは、IL BISONTEのおしゃれなブックカバー。

 シンプルさを極めたおしゃれなブックカバーは、天然の皮を使用し、上質な味わいと落ち着いた雰囲気を醸し出す。ビジネスバックとの相性も良く、まさに通勤時間で愛用したいおしゃれなブックカバーといえるだろう。

紙が織り成す小粋な日本人らしさ、おしゃれな和紙のブックカバー

 ひとつ趣を変えて、本を愛でるのも一興かもしれない。つい、そう思ってしまうのがおしゃれな和紙のブックカバーだ。
 
 古くは奈良時代から日本人に愛されてきた和紙。和紙特有のしなやかさを忠実に再現し、耐久性や水に濡れてもやぶれない特性を実現させた、おしゃれな和紙「ナオロン」。

 そのナオロンを活用したおしゃれなブックカバーは、本好きの心をくすぐる一品。小粋な日本人らしさを織り成す風合いは、つい本を手にして歩きたくなるおしゃれなブックカバーといえるだろう。


オンスタイルでこなれ感を演出する、おしゃれなブレザーストライプ柄ブックカバー

出典:buyee.jp
 最後に筆者がお薦めしたいのは、1837年に創業された英国のおしゃれな老舗テキスタイルメーカー、「アブラハム・ムーン社」製の生地を使用したおしゃれなブックカバー。

 これぞ、紳士。そう思わずにはいられないおしゃれなブレザーストライプ柄はこなれ感を演出し、一点一点手作りのおしゃれなブックカバーは温もりを感じさせてくれる。



 たかがブックカバー、されどブックカバー。いつもの読書時間を贅沢に楽しむためにも、おしゃれな大人の男は小物使いに気を配りたい。

 オンスタイル、オフスタイルなど日頃ファッションにこだわりを持つように、トータルコーディネートでブックカバーのおしゃれを楽しんでみてはいかがだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する