1. 世界のおしゃれメンズから学ぶ“大人顏ニット”。男の「包容力」をUPさせるニットコーデ5選

世界のおしゃれメンズから学ぶ“大人顏ニット”。男の「包容力」をUPさせるニットコーデ5選

出典:www.a-gentlemans-row.com
 夏のシンプルファッションから一転、ファッションコーデの幅もアイテム量も大幅に増える冬のメンズファッションシーン。その中でひときわ存在感を放つファッションアイテムーーそれがニットというアイテムだ。人それぞれだとは思うが、ニットを冬ファッションコーデのメインに据えている、なんてメンズ諸君も少なくないだろう。

 おしゃれメンズはとにかくこのニット使いがお上手。夏のTシャツコーデやシャツコーデはシンプルで簡単な分、無難なコーデになりがちだったが、冬のコーデはこれとは打って変わって複雑だ。特にニットのコーディネートともなれば、「おしゃれ」と「ダサイ」が綺麗に分かれてしまう。

 そこで今回は世界中のおしゃれメンズのニットコーデを参照しつつ、おしゃれなニットコーデを学んでいこう。冬のメンズファッションを劇的に変えるものーーそれは「包容力」にあったーー?

“大人メンズらしさ”を感じさせるUネックニット

 まずは、最もシンプルなニット・Uネックニットを取り入れたコーデ。カジュアルさに力点を入れたコーディネートで、なんとも「大人の余裕」を感じさせるコーデに仕上がってるとは思わないだろうか。ニットの保温性は、アウター要らずの冬コーデをも実現する。

 こういったコーデでは、ニットにスリムなものをチョイスすることが求められる。ここでダボっとしたニットをコーディネートしてはダメ。シルエットを活かすようなニットが欲しいところである。

 また、写真のおしゃれメンズのようなボルドー・ワインレッドのニットもおすすめ。今季のトレンドというわけではないが、普遍性のある大人メンズのためのカラーだ。

2015年のトレンディニット「白ニット」

出典:plus.google.com
 上記のおしゃれメンズが着ているようなボルドーのニットは普遍性のある定番ニットだが、こちらのおしゃれメンズのような「白ニット」は今季のトレンドとして名高い。包容力という観点ではボルドーの方が上手かもしれないが、おしゃれ度という点では白ニットに分があるだろう。おしゃれメンズ必須のニットだ。

 白ニットのコーディネートで重要になってくるのが、パンツのチョイス。上の写真のおしゃれメンズのように、股下がやや深めのチノパンなどがおすすめのパンツ。柔和なイメージに仕上がるようにコーディネートしていこう。

ワンランク上の男を魅せるニット×チェックシャツコーデ

 ワンランク上の大人メンズには、ニット×チェックシャツのコーディネートがおすすめとなってくる。派手なチェックシャツではなく、レトロな印象のチェックシャツを取り入れること。これはニットに関しても同じで、柄の入っているようなニットではなく、無地でシンプルなものをコーディネートしよう。

 ジャストサイズのニットよりも多少ゆとりのあるニットで、大人らしさにこだわってコーディネートするのがコツ。ニット帽を取り入れるなどすると、ニットコーデとしての完成度も上がるぞ。

大人メンズらしい包容力をコーデにプラスする「ニット×ニット」

 上記のニット×ニット帽のコーデと同じだが、ニット×ニットという「ニットのダブル使い」は、大人の「包容力」をUPさせてくれるテクニックだ。写真のおしゃれメンズのようにニットカーディガンとマフラーを合わせると、得も言えぬ温かみを感じさせる雰囲気を演出できるのだ。

 冬の大人メンズにとって重要なのは、やはり「包容力」。女性は男の人の包容力に羨望の眼差しと好意を寄せるもの(持論ではあるが)。特に大人となれば、それはなおさらのこと。冬のモテメンズになるには、この「包容力」という言葉をコーデにプラスするのが吉なのだ。

ニットは、おしゃれメンズらしく「シルエット」で勝負する

出典:www.reiss.com
 最後に、包括的なニットコーデの原則「シルエット」についてご紹介。原則という言葉が示すように絶対的な規則ではないが、ニットをコーディネートする際には身体のシルエットを如何にスリムに見せるか、が鍵となってくる。それゆえシンプルでスリムなニットをチョイスすることが、ニットコーデの第一段階ということになってくるのだ。

 これはあくまで原則だが、「ダサイ」ニットコーデから最も手早く抜け出すコーデテクニックである。ニットを購入する段階から、自分のシルエット似合っているかどうか、をしっかりと見定める必要があるのだ。


 以上、ニットコーデ5選だったが、これらのコーデテクニックをしっかりと覚えておけば、おしゃれニットコーデはもう既に制覇したと言っても過言ではないだろう。ニットをファッションに取り入れる際には、冬メンズらしく「包容力」という言葉を肝に銘じておきながらコーディネートしよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する