1. 3つのファッションスナップから見る、ジョニー・デップ流お洒落の哲学。“お洒落”は自分自身である

3つのファッションスナップから見る、ジョニー・デップ流お洒落の哲学。“お洒落”は自分自身である

出典:fy.wikipedia.org
 ジョニー・デップといえば奇抜な役を好んで演じる少々変わった俳優として有名だが、彼のファッション性は数奇な雰囲気を微塵も持たず、むしろハイセンスなファッションとして世界中から高い評価を受けている。

 ファッションはその人を表す、とはよく言うが、彼のファッション性の高さは一体どこから来るのだろうか。ジョニー・デップのファッションから、お洒落とは何かについて学んでいこう。

ジョニー・デップ流ファッションの魅力は、小物使いのうまさにアリ

 ジョニー・デップのファッション性の高さを、昨今知らない人などいないだろう。俳優としての名声に引けを取らない程、ジョニー・デップがファッションにも優れた人物だということは、世界中の人々が認めているのだ。

 ジョニー・デップが持つファッション性の高さを支えるのは、なんといってもその小物使いにある。どんなファッションをしていても、小物使いの上手さから、常に“ジョニー・デップらしさ”を垣間見ることができるのだ。

 極度の恥ずかしがり屋だと自信を称するジョニー・デップだが、そんな雰囲気を微塵も感じさせないファッションは実に見事。いや、そんな彼だからこそ、ファッションで己を包み隠しているのかもしれない。

 ファッションに優れている人というのは、もちろん他の要因もあるだろうが、ジョニー・デップのような卓越した小物使いの技術を備えているものだ。

ファッショントレードマークは、ジョニー・デップなりのスタイルの証

出典:en.wikipedia.org
 ジョニー・デップが頻繁にファッションに多用するアイテムがある。それがサングラスだ。確かに「ジョニー・デップ」と言われたら、サングラスをかけている姿が印象強い。サングラスは今や彼のトレードマークとなっている。

 トレードマークなんて呼ばれるアイテムを持つということは、ジョニー・デップが揺るがない自分自身のスタイルを確立しており、常にそれをファッションへも生かしていることの証だろう。

 例えばジョニー・デップは、過去にファンサービスの良いセレブランキングで1位を獲ったことがある。“ファンを大事にする”という姿勢は、その1位を獲った当時のみならず、現在も決して変わらない。

 ファッション性のある人、というのは、往々にして自身なりのスタイルや信念を持っている。ジョニー・デップもその一人であることは間違いないはずだ。

どんなにシンプルでも格好良い。それがジョニー・デップのファッションだ

出典:www.flickr.com
 ジョニー・デップは自身の体に、既に30は超えたであろう数のタトゥーを施している。単なるファッションではなく、ジョニー・デップ自身が大切にしている意義・意味や出来事がそれぞれに込められているのだ。

 自らのルーツ、家族の名前、平和への願いなど様々な思いを身体に刻み込み、彼は生きている。

 もちろん、鍛えられた肉体や顔などがファッションに影響している面はあるだろう。しかし、真にファッション性を打ち出すものとは、その人が何を思い何を考えているか、つまり外面ではなく内面から伝わるものではないだろうか。

 そんなことを踏まえて彼をもう一度見てみよう。ジョニー・デップはどんなファッションをしても“ジョニー・デップらしさ”を失わない。そして常に格好良く見える。それは。彼が内面に抱える家族への愛や自身への思いに起因しているのではないか、という考えを持たずにはいられないだろう。

「タトゥーが、僕のストーリーなんだ。」

出典:www.flickr.com
 少々本題からずれるが、ジョニー・デップのファッション性を支えている彼なりの哲学から生まれた彼の言葉を、最後に一つお届けしよう。

“My body is my journal, and my tattoos are my story.”

出典:ジョニーデップの名言集 | ジョニーデップ ファンブログ!

 「身体は僕の日記みたいなもの。タトゥーたちが、僕のストーリーなんだ。」

 先ほどもお伝えしたように、彼の身体に刻まれたタトゥーは彼にとって非常に意味のあるものであり、彼自身を表すものなのである。

 自分の身体が、自分と自分の人生を表している。そんな身体をもって生きているジョニー・デップだからこそ、“ファッション性がある”と称されるのではないだろうか。


 ジョニー・デップがファッションに優れた人物だと称されるのは、彼がただ“お洒落だから”という訳ではない。彼のファッションには、ジョニー・デップ自身、そして彼の人生が投影されているのだ。

 目先の流行や雑誌のアイテムをただ追いかけるよりも、ジョニー・デップのファッションの方が何倍もファッション性があるように思えてならない。読者の皆さんもぜひ一度、お洒落という言葉の真意を考えてみてはいかがだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する