1. ボーナスから引かれる「控除」って何? 思ったよりボーナスが少ない……と感じたら控除を疑え!

ボーナスから引かれる「控除」って何? 思ったよりボーナスが少ない……と感じたら控除を疑え!

出典:www.chambercoalition.org
 ボーナスはいつの時代でも嬉しいものだ。「やっとボーナスが入った!」と意気揚々と銀行に行く人も、少なくないのではないだろうか。しかし、実際に振り込まれている金額を確認すると「あれ、なんだか思ったより少ないような……」なんて経験をしたことのある人も多いだろう。

ボーナスが思ったより少ないときは「控除」が関係している

 ボーナス額が思ったより少ないと感じるのは勘違いではなく、実際にボーナスにも税金がかかっているので、その分が差し引かれてしまっているのだ。ボーナスのような賞与は税務上給与所得として扱われるので、月々の給料と同じ扱いになる。税金で7、8万円差し引かれているなんてことはざらにある。

 このように給与やボーナスから、もろもろで金額が差し引かれることを、控除という。自分の口座に振り込まれる手取りの金額は、この控除の後の金額ということになる。控除の存在を知らないでボーナスを考えると、その金額の差に驚いてしまうかもしれない。ボーナスにも税金がかかり、控除の対象となることは知っておく必要があるだろう。

ボーナスで控除の対象になるものは?

 ボーナスから控除で差し引かれてしまうことは理解できただろう。それでは、今度は具体的に控除の対象となるのはどのようなものなのか説明していく。

 ボーナスから差し引かれる税金は、健康保険、雇用保険、厚生年金、所得税、介護保険だ。それぞれの保険のボーナスに対する割合も決まっており、全体で約15%ほどが税金で控除されてしまう。15%という数字だけ見るとそんなに高くないように思えるかもしれないが、仮にボーナスを50万円とした場合、税金で控除される金額は7万5千円にもなる。50万円のボ-ナスが、手取りは42万円ちょっとになってしまうということだ。このお金があれば旅行にも行けるだろう。高級料理店で食事したって全然問題ない。

 このように実際の金額で見ると、控除された金額がかなり大きいものだと実感できるだろう。

ボーナスから控除される金額を計算しよう

 ボーナスの控除について、ざっくりと15%といってしまったが、ここから少し細かい計算方法を紹介していく。所得税法で所得は10種類に分類されるのだが、説明した通りボーナスは税務上、給与所得に分類される。つまり、月々の給与と年2回のボーナスの金額の合計が、給与所得の年収になるわけだ。これは額面と呼ばれている。

 ボーナスで控除される金額の大部分を占める健康保険、厚生年金、雇用保険の社会保険料として差し引かれるのだが、この社会保険料の計算を詳しく見ていこう。

 健康保険料と厚生年金保険料の計算方法は、賞与の総額から1,000円未満を切り捨てて、その値に保険料率をかけるといった方法をとっている。しかし、雇用保険料の計算においては賞与の総額からの切り捨てはせずに、そのままの値を用いるので、よりシンプルな計算が可能だ。肝心の保険料率だが、これは全国の各都道府県によって異なる。東京の場合は健康保険料9.97%、厚生年金が17.474%となっている。労使折半ということで、実際にはこの率を半分にした値が保険料率となる。

 また、雇用保険の保険率は、一般の業種の場合労働者の負担率は0.005%とされている。これらから計算すると社会保険料として控除される合計は、15.012%となる。これは東京都の場合なので、その他の県の場合はまた違った値になるため注意が必要しよう。


 ボーナスの控除に関して紹介してきたが、いかがだっただろうか。「ボーナスが思ったより少ない!」なんてことにならないように、きちんと控除は頭に入れておくとよい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する